Windows 10 更新アシスタント

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 「KB4023057」の対策、その後

 

  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

毎週金曜日に攻撃を仕掛けて来ると思われた「Windows 10 更新アシスタント」ですが、4月30日は動きがありませんでした。

しかし、4月2日に変化がありましたので、その解析結果と対策について簡単に説明します。

最新の対策

最新の対策についてはこちらの記事を参照願います。

 

「KB4023057」とは

「KB4023057」とは、Windows 10 バージョン1703以下に適用される更新プログラムです。

いろいろと悪さをしますし、Windows 10 バージョン1709には適用されないため、基本的には不要なプログラムです。

ならばアンインストールすればよいのですが、アンインストールしても何度もインストールされます。

何もしないと「Windows 10 更新アシスタント」をインストールしてWindows 10 バージョン1709にアップデートしてしまうので、アップデートしたくない場合は対策が必要です。

 

インストールルートは2つ

「KB4023057」は更新プログラムとして配信されますので、そちらについては対策は可能です。

しかし、対策をしていたにもかかわらず、インストールされたPCがあります。

24時間稼働のPCなのですが、2018年4月2日にインストールされていました。

「KB4023057」は「Windows10.0-KB4023057-x64.cab」または「Windows10.0-KB4023057-x86.cab」というパッケージで配信されるので、「Windows10.0-KB4023057*.*」でシステムドライブを検索してみたのですが見つかりませんでした。

Windows Updateの履歴にも無いうえに、パッケージも見つからないため、やはり別のルートでインストールされているものと思われます。

このPCについてはヒントは見つからなかったのですが、もう1台の24時間稼働のPCにヒントがありました。

スポンサーリンク

「Refresh Settings」タスク

以前から気になっているタスクがあります。「Refresh Settings」タスクです。

このタスクは、「タスクスケジューラー」の「タスクスケジューラ(ローカル)」>「タスクスケジューラライブラリ」>「Microsoft」>「Windows」>「UpdateOrchestrator」にあります。

Windows10-Block-KB4023057-02

22時間おきに実行されるタスクで、実行されるコマンドは、

  • usoclient.exe RefreshSettings

です。

Windows10-Block-KB4023057-03

おかしいのは「usoclient.exe」はWindows 10 バージョン1709にも存在するプログラムなのですが、Windows 10 バージョン1709には、このタスクが登録されていません。

バージョンの違いという問題よりも、必要の無い操作だからと思われます。

試しに1週間前に、2台の24時間稼働のPCで、片方はそのまま、片方は「Refresh Settings」タスクを無効にしてみました。

その結果、そのままにしていたPCには「KB4023057」がインストールされ、無効にしていたPCにはインストールされませんでした。

 

したがって「Refresh Settings」タスクは「無効」にしておくのがよいと思われます。

無効にするには、タスクスケジューラーで「Refresh Settings」タスクを選択して右下の「無効化」をクリックします。

Windows10-Block-KB4023057-04

 

まとめ

「KB4023057」をブロックするには、フォルダー作成妨害、ブロックツールの利用と合わせて、「Refresh Settings」タスクの「無効化」が有効です。

Windows 10 バージョン1703では、2018年4月11日の定期更新でも「KB4023057」はインストールされませんでした。


  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントは4件です

  1. シンさま より:

    一昨日見た時は3/26にインストールされた事になっていました。
    アンインストールしましたが、また4/4にインストールされた事になっていました。
    どうも、これ、インストールされた日付ではなく、インストールファイルの日付なんじゃないかと思えてきました。
    3/26以降も見ていたはずですから。

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      他のプログラムをインストールした時にインストール日がその日になっているので、やはり、インストール日であっていると思われます。

      ともかく、どうやってインストールしているか分かればよいのですが。

      ESETを使えば特定のプログラムをウイルスとして処理することができるそうなのですが、他社のソフトを使っている場合は使えませんし。

      やはりツールでフォルダーやレジストリーを監視するしかないのでしょうか。

  2. シンさま より:

    またインストールされました。
    4/14付けです。
    インストールされるとようこそ画面の画像が1607の時の、穴のあいた岩の画像に変わるのでわかるようになってきました。
    普段は漁港のようこそ画面です。

    • Solomon より:

      情報を頂きありがとうございます。

      今回はKB4023057が更新されたようで履歴に残っていました。

      更新されたインストールモジュールは別のGUIDフォルダー名にダウンロードされていました。

      GUIDが変わってしまうとなると別の対策を考えないとダメなようです。

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントを御入力された後、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂き「コメントを送信する」をクリックしてください。コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー