ネットワーク関連の記事を順次、別サイトに移動させています

Windows 11/10プリンストールPCにプリインストールとは異なる任意のエディションをインストールする方法

全バージョン共通
記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

Windows 11/10 HomeやWindows 8/8.1/8.1 with BingなどHome系エディションがプリインストールされたパソコンには、Windows 10バージョン1511以降の媒体でProエディションをインストールできなくなりました。

しかし、インストールメディアに少し細工するだけで任意のエディションをインストールできることが分かりました。

Windows 10バージョン1511以降のライセンスキー取得方法

Windows 8以降がプリインストールされたパソコンはBIOSにWindowsのライセンスキーが記録されており、Windowsのインストーラーがそのライセンスキーを読み出すことで、インストール作業でのライセンスキーの入力が不要となっています。

初期のWindows 10はこの仕組みに対応していなかったのですが、Windows 10バージョン1511から対応しました。

しかし、困ったことに、無償アップグレードでもこの仕組みが働いてしまうため、Home系エディションがインストールされていたパソコンには、Windows 11/10 Homeしかインストールできません。同様にPro系エディションがインストールされていたパソコンには、Windows 11/10 Homeをインストールすることができません。

この問題を解決するために、以前は初期のWindows 10インストール媒体を使う方法を提案しました。

他の方法としてインストールをカスタマイズすることで実現できないかWindows ADKなどを調べていたのですが分かりませんでした。

しかし、コメントで頂いた情報から、インストール媒体をカスタマイズする方法を調べるのではなく、OEMライセンス認証を調べるべきだったことが分かりました。

コメントで頂いた情報

以前の記事でMicrosoftコミュニティに質問された方からコメントを頂きました。質問された内容はこちらのサイトです。自動翻訳でリダイレクトされますが「windows7proからアップグレードしようとしてるがwindows10homeのインストール画面になってしまう」というページです。

windows7proからアップグレードしようとしてるがwindows10homeのインストール画面になってしまう
7proの更新を、更新が最新の状態になるまで繰り返し、最新ですの表示がでるようになりましたが 何度アップグレードを試みても10homeをインストールと表示されてしまい インストールに進む事ができない(インストールボタンを押したくない) wi...

ここでの回答でコミュニティモデレーターから参考にとこちらのサイトが紹介されています。

https://blog.engineer-memo.com/2013/07/08/oem-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%8D%E8%A8%BC-3-0-%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AB%E4%BB%BB%E6%84%8F%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92/

以下、要点だけを説明しますのでOEMライセンス認証3.0については上記サイトを参照願います。

また、構成ファイルについてはこちらを参照してください。

Windows セットアップのエディション構成と製品 ID のファイル (EI.cfg および PID.txt)
Windows セットアップのエディション構成と製品 ID のファイル (EI.cfg および PID.txt)

Windows 11/10でプリンストールとは違う任意のエディションをインストールする手順

1.インストール用USBメモリーの作成

まず、Windows 10のインストール用USBメディアを作成します。インストールメディアは頻繁に更新されていますので、インストール直前に最新のものを作成してください。

こちらのサイトから「メディア作成ツール」をダウンロードします。

Windows 11 をダウンロードする
Windows 10 のダウンロード

「メディア作成ツール」を実行してUSBメモリーを作ります。作ったメディアに追加で書き込むためISOイメージは使えません。

Windows 10ではアーキテクチャで「32ビット(x86)」、「64ビット(x64)」、「両方」の3種類がありますが必要なものを選んでください。

あとは画面の指示に従ってUSBメモリーを作成します。

2.構成ファイルの作成

以下の内容をメモ帳に貼り付けて、「EI.cfg」という名前で保存します。行頭に空白が入ったり、行間が開いたりしないように注意してください。

[EditionID]
[Channel]
Retail
[VL]
0

または、こちらのファイルをダウンロードして展開すると「エディション選択」フォルダーに「EI.cfg」がありますのでそれを使用してもよいでしょう。

アイコン
Windows 10 クリーンインストール用パッケージ

Windows 10をクリーンインストールする場合に使用するファイルのパッケージです。

3.インストール用USBメモリーに追加

作成した「EI.cfg」をインストール用USBメモリーにコピーします。

コピー先のフォルダーは作成時に指定したアーキテクチャにより異なります。USBメモリーのドライブ名が「D:」の場合、アーキテクチャーごとに、

  • Windows 11:D:\sources
  • Windows 10 32ビット(x86):D:\sources
  • Windows 10 64ビット(x64):D:\sources
  • Windows 10 両方:D:\x86\sources 及び D:\x64\sources

となります。「Windows 10 両方」では2か所にコピーします。

4.インストール用USBメモリーを使ってクリーンインストール

インストール用USBメモリーでクリーンインストールを行います。詳しくは下記の記事を参照願います。

Windows 10 バージョン1511のクリーンインストール方法と旧バージョンとの手順の違い(追記)
Windows 10の最初のメジャーアップデートがリリースされました。今まではTH2とかBuild 10586と呼ばれていましたが、マイクロソフトではバージョン1511と呼んでいるようです。 新しいインストールメディアを使ってインストールし...

この手順と違う点は、こちらのプロダクトキーを入力する画面は表示されません。プロダクトキーはプリインストールされていたWindowsのものがBIOSから読み出されます。

Windows10-Build10586-Install-01a

そして追加でファイルをコピーしていないUSBメモリーと違い、インストールするWindows 11/10のエディションを聞いてきます。ここでの選択はアップグレードパスと違っても問題ありません。

  • Windows 10 Home --> Windows 11 Pro

というインストールも可能です。もちろんインストールするエディションのプロダクトキーは別途必要です。

Windows10-Build10586-Install-02a

クリーンインストールが完了したら、「設定」アプリを起動し、「ライセンス認証」を選択します。

プロダクトキーはBIOSから読み出された元のWindowsのものであり、アップグレードパスに沿ったものではないのでライセンス認証が通りません。

新しいライセンスキーを入力してライセンス認証を完了させます。

まとめ

ファイルを1つ追加するだけで、エディションを自由に選べるようになります。

ここで作成したインストール用USBメモリーはWindowsプリインストールパソコンでなくても問題無く使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました