モバイル機器

記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

モバイル製品について

モバイル機器

iPhoneユーザーにとっても朗報か、Rakuten Miniを実質無料で試せるチャンス

半年待たされ、やっと使えると持ったらiPhoneユーザーは除け者にされたRakuten UN-LIMITですが、Rakuten Miniを1円で入手できるようになったことで、iPhoneユーザーも間接的に楽天回線をテストできるようになりまし...
モバイル機器

「ギガホ・ギガライト」の料金シミュレーションでの注意点

docomoから新しい料金プランとして「ギガホ・ギガライト」が開始されました。 安くなるかもしれないと料金シミュレーションをやってみたところ、いろいろ疑問に思うところがあり、ドコモショップで確認してきました。
MVNO

2年縛りの違約金を1000円に、解消されるか「ハーティ割引」1700円の欺瞞

総務省から2年縛りを中途解約した場合の違約金を1000円までとすることが妥当との提案が波紋を呼んでいます。 これは定期契約の有無での差額1500円を170円にすることも含まれており、これまで定期契約を拒否されてきた「ハーティ割引」が実質20...
モバイル機器

「月々サポート」が使えるのはあと1週間、docomoの新料金プラン受付開始

ドコモの料金プランが変わって、これでやっと通信料が下がると思い、とりあえず現行のプランから変更するにあたってのデメリットをドコモショップで確認してきました。 ところが、当たり前のことなのですが、何かが安くなれば何かが高くなるわけで、端末の駆...
MVNO

「楽天」が第4のキャリアに確定、1.7GHz帯を取得

携帯電話用の周波数割り当てを申請していた「楽天」に1.7GHz帯の免許が付与されることになりました。 そのため「楽天」は、大手キャリアから回線を借りるMVNOから、自ら回線を所有するMNOとなり、大手キャリアと同じ土俵で戦うことになります。
モバイル機器

FREETEL契約をどうすべきか、第4のキャリア「楽天」誕生

FREETELのMVNO事業は楽天に買収されました。来年早々にはFREETELブランドは消え楽天モバイルに統合されるそうです。そして2019年には楽天は第4のキャリアとなる可能性が出てきました。 楽天モバイルではなく、あえてFREETELを...
モバイル機器

スマートフォンやタブレットの解約時の解除料に注意しましょう

昔は在庫処分で1円端末がよく売られていました。これを利用して新しい端末に安価で乗り換えることが可能でした。 しかし最近は「解除料」なるものが取られるようになり乗り換えが難しくなっています。
モバイル機器

dtab Compact d-02H ヨドバシで1円は得か

dtab Compact d-02Hがヨドバシで1円で販売されています。 3連休キャンペーンで2017年3月20日まで更に1万ポイントが付くので損得を計算してみました。
モバイル機器

らくらくスマートフォンを買えとカタログを送りつけるドコモ

ポストを見ると何年も前に解約したdocomoからダイレクトメールが。 裏を見るとらくらくスマートフォンのカタログだったのでそのままゴミ箱です。
モバイル機器

保護シート貼り付け装置をショップが導入、一般販売に期待

ベルキン(belkin)が携帯ショップ向けに液晶保護シートの貼り付け装置の展開を始めたそうです。
モバイル機器

新型ミルパスPW20発売、ただし旧機種と同じ問題を抱えたまま

情報漏えいがあちらこちらのサービスで起きており、更にパスワードの使いまわしにより被害が拡大しています。 パスワードを使いまわすなと言われても覚えきれません。そこでパスワード管理ツールなるものがいろいろ出てきています。 KING JIMのMI...
モバイル機器

らくらくホンは本当に喜ばれているのか

以前から疑問に思っていましたが、シニア向け携帯電話は本当にシニアに喜ばれているのかと。 今回のMMD研究所が発表した調査結果からシニアの本音がうかがい知れます。
モバイル機器

スマホ用UVクリーンBOXは雑菌だけでなく、スマホの寿命も縮めることに

サンコーから発売された「UVクリーンBOX」はスマートフォンなどを紫外線で除菌できるものです。 ただし、紫外線はいろいろな素材に悪影響を与えます。最悪、スマホの寿命を縮めることにもなりかねません。
モバイル機器

騙されないように!auとソフトバンクの「新2年契約」は割高

ソフトバンクに続いて発表された3年目以降解約金不要の新しい2年縛りのプランは、何か変なプランだなと思っていましたが、engadgetに問題点が記載されました。
MVNO

売ってやっているという大手キャリアの傲慢、対するイオンの「お客様」視点

イオンは今までMVNOの取り次ぎを行っていましたが、いよいよ自らMVNOに参入しました。 29種類という料金プランの多さは逆に混乱を招くかと思われましたが、顧客層とイオンの姿勢から問題無いでしょう。 特にMVNOで最大の問題となる契約後のア...
モバイル機器

シニアモバイル 高いですがサービス内容では大手キャリアや格安スマホより安心

ジャングルストアからのメールで「シニアモバイル」というサービスを知りました。 高いですが、大手キャリアや格安スマホでは行き届かない部分を自分がサポートすることを考えると、安心して任せられるでしょう。
MVNO

FREETEL SIMの店頭での手続きについて

ドコモとのiPhoneの契約は中途解約し、MVNOに移りました。 MVNOはFREETELにして、ヨドバシの店頭受付で即日開通です。特に問題無く使えています。
iOS 9

iOS 9.1がリリース、キャリア設定プロファイル「ドコモ 22.1」も問題無し

iOS 9.1がリリースされました。キャリア設定プロファイルも「ドコモ 22.1」に更新されています。 IIJmioでの確認ではiOS 9.0.2の症状と変わりないとのことで、MVNOでも問題無く使えるそうです。
iPhone

ドコモのiPhone6/6 PlusがMNPで約5万円引き(訂正)

またも、ドコモはMNPによるiPhone6/6 PlusのMNP優遇キャンペーンを始めました。 (初出時iPhone6s/6s Plusと間違えていましたのでお詫びして訂正致します)
モバイル機器

データSIMは「020」の13桁に、2016年から

今まではデータ通信SIMも通話SIMと同じ番号帯域「090」「080」「070」が使われてきましたが番号の枯渇から、データ通信専用として「020」が割り当てられるそうです。