Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10は安価な8インチタブレットにインストール不可、RAMの最低要件を2GBに変更

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

当初、Windows 10の最低要件として搭載RAM容量は32ビット版で1GB以上でしたが、最新の要件では2GBに変更されています。

こうなると、安価な8インチタブレットにはインストール不可ということになります。

最小ハードウェア要件

2016年5月27日時点のMicrosoftの最小ハードウェア要件の日本語ページを見ると、

「表 3: 最小ハードウェア要件の概要」という部分には、

  • Windows 10 デスクトップ エディション : RAM 32 ビット OS の場合は 1 GB 64 ビット OS の場合は 2 GB

とあります。しかし、英語のページを見ると、

「Table 3: Minimum hardware requirements summary」という部分には、

  • Windows 10 for desktop editions : RAM 2GB

とあり、32ビット、64ビットを区別していません。

安価な8インチタブレットにWindows 10はインストール不可

8インチの小型Windowsタブレットが販売され始めた当初は、RAM 2GBを搭載したWindows 8.1(x86)のタブレットでした。

その後、Windowsタブレットを普及させるためにMicrosoftはWindows 8.1 with Bingを実質無料で供給するようになり、安価な低スペックAtomを搭載したWindowsタブレットが発売されました。これらはほとんどがRAMを1GBしか搭載していない製品です。

Windows Insider Previewで分かっていたことですが、実際にWindows 10へのアップグレードが始まると、アップグレードに失敗する事例が多発しました。

それでもクリーンインストールは可能でした。インストーラーのチェックには通るためです。

ところが、今回の最小ハードウェア要件の変更がインストーラーのチェックに組み込まれると、Windows 10のインストールで跳ねられる可能性があります

現在配布されているWindows 10バージョン1511は、クリーンインストールならRAM 1GBでもインストールできるのですが、夏に提供されるWindows 10 Anniversary Updateでは実装される可能性があります

まとめ

既に8インチWindowsタブレットの需要は低下していますが、Windows 10がインストールできないとなると更に価値が下がることになります。

Atomも終了し、先の見えなくなった8インチWindowsタブレットですがソフト面でも制約が出てきました。

安価なRAM 1GBのWindows 8.1 with BingまたはWindows 10タブレットを持っているなら早めにRAM 2GB以上のWindows 10タブレットに乗り換えた方がよいでしょう。

関連記事:

Amazonで見る

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー