Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 Insider Previewの新規ライセンス認証はできなくなりました(更新)

 

Pocket

Windows Insider Programで配布されているWindows 10 Insider Previewは一般リリースが間近に迫っているためとのことで、ISOイメージの配布を止めています。

しかし実際は、ISOイメージの配布停止だけでなく、ライセンス認証まで止めているようです。

最終ISOイメージBuild 10162のインストール

一般リリース前に配布された最後のISOイメージはBuild 10162でした。既に入手していれば、Build 10162のプロダクトIDを入力することでインストールは可能です。

しかし、インストール後ネットワークにつないでいても、ライセンス認証が自動で行われません。

ライセンス認証

この件に関する回答がこちらにあります。

まず、Windows 10 Insider Preview Build 10162のプロダクトIDは、

  • Windows 10 Insider Preview Home Edition 用 :
    KTNPV-KTRK4-3RRR8-39X6W-W44T3
  • Windows 10 Insider Preview Pro Edition 用 :
    8N67H-M3CY9-QT7C4-2TR7M-TXYCV
  • Windows 10 Insider Preview Enterprise Edition 用 :
    CKFK9-QNGF2-D34FM-99QX2-8XC4K

とのことです。通常はPro用のプロダクトIDでインストールします。

回答ではEnterprise用のプロダクトIDで解決した(役に立った)という人がいるのですが勘違いのようです。

EnterpriseのプロダクトIDを入力すると、この画面が出て認証を進めることができるのですが、これはライセンス認証ではなく、ProからEnterpriseへのEditionの変更でしかありません。

Build_10162_05

Editionの変更が終わって、再度ライセンス認証の画面を見ると、この通りライセンス認証が行われていません。

Build_10162_08

暫くすると画面にこのような表示も出てきます。

Build_10162_07a

原因と問題

最初は、Build 10240がRTM相当であるとの噂から、Build 10240での認証を止めているのかと思ったのですが、Build 10162だけでなく古いBuildでもライセンス認証できなくなっていることから、Windows 10 Insider Previewすべてでライセンス認証を止めているようです。

新しいBuildでダメならばと、インストール時にプロダクトIDを聞いてこない古いBuildから順番にアップグレードすればと試したのですが、やはり認証できませんでした。

問題は、ライセンス認証ができないと最新のBuildをダウンロードできないということです。したがって、既にライセンス認証が完了しているWindows 10 Insider PreviewでなければBuild 10240に上げることはできません。

ライセンス認証できていなくても最新Buildへの更新はできるようになりました。

この対応はBuild 10240が実質のRTMであることを示しているようにも思えます。Build 10240が正式版でした。

電話での認証という手も考えられますが、認証サーバーが止まっているなら、それも不可能な気がします。

現状では打つ手なしです。

最新Buildに更新すると製品版に移行します。そのためライセンス認証するには正規のプロダクトキーが必要です。画面ではストアでプロダクトキーを購入するように即されます。

デフォルトの設定などいろいろ確認したかったのですが、一般リリースが始まるまでテストは休止です。

なお、Windows Insider Programのページが更新され、2015/9/15から次のBuildに関する情報が通知されるとのことです。Build 10240は製品版なのでISOは提供されませんが、次のBuildは従来通りクリアインストールできると思われます。

Windows 10 Insider Programを続けるには製品版のライセンスが必要なのでWindows 10の評価が目的ならWindows 10 Enterprise評価版に移行した方が良さそうです。

注意点として、Windows 10 Insider PreviewをPCから削除するなら、マイクロソフトアカウントのデバイス画面にあるPCの登録も削除しておいた方がよいでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ