Intel SGX

Solomonレビュー[redémarrage]

Ultra HD Blu-rayのPCでの再生環境で最も注意すべき点(更新)

 

Pocket

Ultra HD Blu-rayをパソコンで再生するにはUltra HD Blu-rayに対応したドライブを使う必要があります。

しかし、問題はそこではなくCPUとマザーボードにあります。

今後数年使うパソコンを組む場合は注意が必要です。

Ultra HD Blu-rayの再生環境

現状でのUltra HD Blu-rayの再生環境については記事にまとめましたが、自分のパソコンについて調べてみました。

従来はUltra HD Blu-rayに対応したドライブの販売が先行したためPioneerから配布されていました。しかし、Ultra HD Blu-rayの再生に対応したPowerDVD 17が発売されたため環境チェックツールであるUltra HD Blu-ray AdvisorはCyberLinkのサイトからダウンロードできるようになりました。

ダウンロードにはメールアドレスの提供が必要ですが、アップデートはUltra HD Blu-ray Advisorから行えるので再度登録の必要はありません。

Blu-rayの販売が始まった頃にも同じようなものが配布されていましたが、Ultra HD Blu-rayの発売に伴って従来のツールがアップグレードしたものとなっています。

 

チェック結果

現時点でダウンロードできるのはバージョン2.0.1619.0で一度アップデートしています。

Ultra HD Blu-ray Advisorを実行すると、まずこの画面となります。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-01

右上のギアのアイコンをクリックするとバージョンが表示されます。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-04

「Ultra HD Blu-ray」をクリックして環境チェックを開始します。

結果はこのようになりました。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-02

GPU、ディスプレイ、光学ドライブについては買い換えればよいので今は問題とはなりません。

問題はCPUとマザーボードに関する項目です。

まず、Intel SGXの項目をクリックするとSGXランタイム(PSW)が必要とのことですので「インストール」をクリックしてインストールします。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-07

SGXランタイムとはIntel Software Guard Extentions Platform SoftwareというものでIntelのサイトからもダウンロードできますがダイアログの「インストール」からダウンロードする方が新しいものとなっています。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-06

再度Ultra HD Blu-ray Advisorを実行しても表示は変わらないのですが、Intel SGXの項目をクリックすると別のメッセージが表示されます。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-08

Intelマネジメントエンジンが動作していないとのことで再インストールしたのですが状況は変わりません。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-05

インテルマネジメントエンジンはマザーボードメーカーから配布されているものは、そのマザーボードでサポートしている機能のモジュールしか含まれていないようです。

こちらのものはIntel NUC用ですが他のメーカーのマザーボードでも利用でき、CPUが持つ多くの機能のドライバーが含まれています。

そして「詳しく見る」をクリックするとこちらのページが表示され各エラーごとの詳細な説明が表示されます。

ここで「エラーコード:21204」を見るとSGXを128MBのメモリーを割り当てて有効にするようにとありますが、マザーボードのBIOS(F21)には未だSGXの項目がありません。

このことから、マザーボードメーカーが仕様やBIOSのアップデート履歴でSGX対応を明言していない場合はSGXに対応していないと考えた方がよいでしょう。

 

なお、環境はこのようなものです。

  • CPU:Intel Core i7-6700K (S-Spec SR2L0)
  • マザーボード:GIGABYTE GA-Z170X-UD5 TH BIOS F21
  • メモリー:DDR4 8GB×4
  • OS:Windows 10 Pro (x64)
  • グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 960
  • ドライブ:LG製 BD-REドライブ

 

やはり問題はIntel SGX

「利用できません」という項目の内、GPU、ディスプレイ、光学ディスクドライブに関する項目は今後発売されるHDMI 2.1対応4KディスプレイやHDCP2.2対応グラフィックカード、AACS2.0対応の安価なBDXLドライブなどを買えば済むことです。

しかし、Intel SGXに関してはCPUとマザーボード両方を揃えなければなりません。

Ultra HD Blu-rayの再生にIntel SGXが必要なのはPowerDVD側の問題なので、今後Ryzenなどにも対応してくると思われますが不透明です。

現状ではIntel SGXに対応することが最善となります。

こちたのページの一番下に「Platform Capability Tool for Windows」というものがあり、そのツールでCPUが対応しているかを確認できます。

Intel SGXはSkylake以降のIntel製CPUに搭載された機能でCore i7-6700Kにも搭載されています。

ここを見ると「インテル データ・プロテクション・テクノロジー」というグループにある「インテル ソフトウェア・ガード・エクステンションズ(インテル SGX)」が「はい」となっており、対応していることが確認できます。

SkylakeはIntel SGXに対応しており、インテル100シリーズチップセットも対応可能です。

ただし、メーカーによってはインテル100シリーズのマザーボードでもIntel SGXに対応していない場合があります。

MSI製品は最新BIOSなら100シリーズ、200シリーズ製品は対応しているとあります。

こちらに対応製品の一覧があります。

また、GIGABYTEの国内代理店の旭エレクトロニクスからの回答によると、GIGABYTEでは「GA-Z270X-Gaming 9」のみが対応しているとのことです。

あと、コメントで頂いた情報をまとめると、

  • UEFIブートであること
  • 最新のインテルマネージメントエンジンがインストールされていること
  • Intel PSWがインストールされていること

とのことです。

BIOSにIntel SGXが無くてもソフト的に有効にできるそうで、それがIntel PSWなのですが、それでも私のマザーでは動作しませんでした。

なお、初期のSkylakeはIntel SGXが無効になっており2016年初め頃から有効に変更となりました。区別はS-Specで行います。パッケージのこの部分で確認できます。

Ultra-HD-Blu-ray-Advisor-09

詳細はこちらを参照してください。

 

今できること

Pioneerは自社のBDXLドライブを売るために非常に限られた環境を指定しています。

しかし、今後の周辺機器はHDMI2.0a/2.1、HDCP2.2、AACS2.0などに当たり前のように対応するでしょう。

安くなったそれらの周辺機器を購入するとして今やれることは、Intel SGXが「対応」となるようにCPUとマザーボードを準備することです。

マザーボードは取扱説明書のBIOS設定などでIntel SGXに対応しているかを確認する必要があります。明言していないメーカーの場合はサポートに問い合わせるしかないでしょう。

CPUはKaby Lakeなら問題ありませんが、Skylakeは上記S-Specで確認してください。

 

まとめ

Ultra HD Blu-rayをPCで再生する場合に注意すべきなのでBDXLドライブではなくIntel SGXへの対応です。

CPUは対応S-SpecのSkylake以降であればよいのですがマザーボードはスペックでは確認できないため購入する前によく調べておく必要があります。

もしもマザーボードがIntel SGXに非対応と分かり買い換えたとしても、DSP版Windows 10はフローティングライセンスなのでCPUやマザーを変えても引き継ぐことができます。

(2017/5/16 全面的に修正)

 

サイバーリンク PowerDVD 17

Amazonで見る
Pocket

 

コメントは11件です

  1. Jiri Stipek より:

    The latest BIOS for Z170X-UD5-TH is F21 now. Maybe Gigabyte added SGX support meanwhile?

    • Solomon より:

      Thank you for your comment.

      I tested the F21 BIOS by CyberLink tool, but this BIOS was not supported SGX.

      I am waiting next BIOS.

  2. Jiri Stipek より:

    I do not know. Maybe it is the CPU, not the motherboard. Your Skylake 6700 CPU may be the reason why Cyberlink Advisor test failed. Only few Skylakes are SGX compatible.

  3. Jiri Stipek より:

    Hi
    If you are still trying to solve this problem, here is a guide how to enable SGX on any eligible motherboard. Or at least the author says so.
    https://forum.redfox.bz/threads/new-in-powerdvd-17.72076/page-26
    the post number 505
    Regards, Jiri

    • Solomon より:

      Thank you for your comment.

      I'll try to check the contents of the BBS.

      We'll tell you the test results again later.

  4. Jiri Stipek より:

    I sent an answer to you yesterday, but I do not see it here. Are links allowed in the comments?

    • Jiri Stipek より:

      OK, now I see it.

      • Solomon より:

        Please wait a little more for the results.

      • Solomon より:

        Thank you for your comments.

        What I have to do on the BBS pointed out is as follows.

        1.Being a UEFI boot.
        2.The latest Intel Management Engine is installed.
        3.The Intel PSW is installed.

        My PC is UEFI BOOT.

        Intel Management Engine 11.6.0.1030 is installed.

        CyberLink Ultra HD Blu-ray advisor Ver. 2.0.1619.0 Note that Intel PSW is not installed.

        Therefore, follow the instructions and install Intel PSW.

        The result is that Intel SGX is not working.

        Intel me may not be working properly due to something else.

    • Solomon より:

      I'm sorry.

      I did not notice it being excluded by the spam filter.

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ