PC本体

Core i7-5775C、CPUの速さの秘密はL4キャッシュ

  • コピーしました

Core i7-5775Cですが、128MBのL4キャッシュを積んでいるようです。

しかし、特殊な条件下でないとその効力が発揮されていないようです。

L4キャッシュ

こちらのレビューでは、128MBのeDRAMがグラフィック機能用のユニットと読める内容でした。

しかし、詳細ベンチマークでは、128MBのeDRAMはL4キャッシュであると言っています。

本当にL4キャッシュなのか、検索してみるとL4キャッシュの性能について話されているので、L4キャッシュで間違いないようです。

では、その性能が活かされるのはどういう場合かというと、「GPUが武器となるBroadwell-K「Core i7-5775C」の実力」では、

注目したいのはキャッシュの帯域を測定する「Cache Bandwidth」の結果だ。動作クロックで劣るCore i7-5775Cは、L1~L3キャッシュ領域となる2KB~8MBの範囲ではCore i7-4790Kの後塵を拝しているが、16MB~64MBでは逆にCore i7-4790Kを大きく上回っている

この傾向は、「Cache/Memory Latency」でも確認することが可能で、同テストの16MB~64MBの範囲ではCore i7-4790Kより低いレイテンシを記録している。この結果は、Core i7-5775CがL4キャッシュとして備える128MBのeDRAMによるものだろう

とのことで、WinRARの展開のように比較的大きなデータを繰り返し処理する場合に限られるようです。

大きな消費電力

また困ったことも起きているようです。消費電力についてですが、

少々意外な結果となったのが、3D系ベンチマークを実行した際の消費電力だ。比較3製品のうち最もTDPの低いCore i7-5775C(65W)が、88WのCore i7-4790Kや95WのA10-7870Kを上回り、最も高い消費電力を記録している

ではなぜCore i7-5775CがCore i7-4790Kより大幅に高い消費電力を記録してしまったのか。それはおそらく、CPU負荷の差にあると考えられる。GPU性能ではるかに劣るCore i7-4790Kの場合、3DMarkのテストはいずれもGPU性能がボトルネックとなり、CPU側は遊んでしまっている。対してCore i7-5775CはIris Pro Graphics 6200のGPU性能によってこのボトルネックが軽減されるため、CPUの仕事が増え、結果消費電力が増加するというわけだ。

とのことです。

今までは、CPUとGPUで性能に差があり、GPUがアップアップしている間、CPUはサボっていられたわけですが、GPUに余裕が出来たことで、CPUも遊んでいられなくなったとのことで、全体として消費電力増加になっているようです。。

これは気をつけないと、TDPに騙されて換装してもGPU負荷の大きなソフトを使うと、以前より消費電力が増える可能性があります。

やはり外部GPUを使わない場合専用

概ね他のレビュー結果と同じですが、このレビューでは結論として、

Core i7-5775Cを純粋にCPUとして見た場合、その性能は最速の4コア8スレッドCPUであるCore i7-4790Kを超えるものではない。ビデオカードなどを追加して運用するのであれば、Core i7-5775CはCore i7-4790Kを置き換える存在にはなり得ない

と言い切っています。

やはり外部GPUを使うなら、高クロック版待ちです。

関連記事:

Amazonで見る
  • コピーしました

   PC本体   0

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
このサイトは日本国外からのコメントは受け付けておりません。
This site does not accept comments from outside Japan.



This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18 無料イラスト素材【イラストAC】
カテゴリー