ベアボーンPC SH67H3(2)

PC本体
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

前回のWindowsエクスペリエンスインデックスの結果でプライマリハードディスクの結果が良くなかったので、SSDに換装してみました。

メインマシンに付けようと買ったままだったC300-CTFDDAC128MAGという少し古いSSDをSATA3.0に接続してOSを再インストールした結果は以下のとおりです。

SH67H3-2nd-01

こうなるとやはりグラフィックが足を引っ張るようです。

SSDはメインマシンに実装し使っています。確かにOSの立ち上がりは多少早くなったのですが、慣れてしまうとあまり恩恵も感じず、ソフトも一度起動してしまえば、大量に実装したメモリーにキャッシュされるため、体感的にはあまり恩恵を感じません。

高価なSSDに投資するより、64bit OSで大容量のメモリーを積んだ方が良いと思います。Vistaの時から8GB積んでいますが、通常で2GB程度、大きなファイルをコピーするときで4GBを超える程度なので、利用するソフトにもよりますが、8GB積めば十分だと思います。

なお、SSDは128GBなのでMBRとなり、前回発生したLANドライバーの問題は発生しませんでした。64bit OS環境でのGPTドライバーとの競合という限定的な問題だったようです。

この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
PC本体
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました