Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Adobe CS6からCCへの格安アップグレードは今日(2015/11/27)まで

 

Pocket

Adobe Creative Suite 6からAdobe Creative Cloudへのアップグレードは、本日、2015年11月27日までです。



Adobe Creative Cloud[2015年度版]12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード]Ads By Amazon

CS6のアップグレード締め切り

今日までにアップグレードを行えば、月額1,980円(税別)でフル機能のCreative Cloudが1年間使えます。

ただし、2年目以降もそのまま使い続けるなら月額4,980円(税別)を払い続けなければなりません。

払うのをやめると、その時点ですべてのツールが使えなくなります。

CCのメリット

サブスクリプションというのは高いことは確かです。使わなくても払い続けなければならないからです。

ただ、以前のAdobe製品はWindows版とMac版を明確に分けていて、簡単にプラットフォームを移ることはできませんでした。

Macの方がいろいろと使いやすそうと思っても、ソフトをすべて買い直すことを考えると躊躇してしまいます。

ところがCCではプラットフォームは制限せず、同時に2台または2バージョンを使うことを許諾しています。

Windows版とMac版を使いながら徐々に環境を移行することや、他者との互換性の問題からCS6も使いながらメインではCCを使うという使い方もできます。

こういう点ではCCのメリットは大きいのです。

価格の問題

Adobeの場合、3つ以上のソフトを使うならフル版CCを買った方が安いです。

ただ、私の場合は使うのがPhotoshopとDreamweaverなので、フォトグラフィープランと単体Dreamweaverの方が安いのです。

Illustratorも今だけ安売りしていますので、まとめ買いがお得です。

詳細はヨドバシ店頭などで確認してもらいたいのですが、安売りしているIllustratorなどのライセンスを4年分ほどまとめて登録できるそうです。

CCも安売りしていますので同様です。

まとめ

今回のアップグレードが最後と言っていますが、また延長するかもしれません。

クリエイターの方は意外にITに弱いそうで、CCのようにクラウドとセットだと重宝されて売れているそうです。

自分が本当に必要とする製品と価格とキャンペーンを考慮してCCに移行するか決めるべきでしょう。

特にサブスクリプションという将来に渡っての負債となる契約は、状況によっては重くのしかかりますので注意が必要です。

なお、Amazonでは「アドビ製品秋の大感謝セール」として今日11/27までキャンペンが行われていますが、割引きのクーポンコードが特集ページにありますので、購入する場合は忘れないようにしてください。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ