Windows 10 大型アップデート 阻止

Solomonレビュー[redémarrage]

「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」をブロックする方法(更新)

 

  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Microsoftは大型アップデートを阻止する動きを封じるために「WIndows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」の配信方法を変えてきました。

従来の対策は使えなくなったため、別の対策について説明します。

Windows 10 Proについて

Windows 10 Proについてはこの記事を書いている2019年12月時点では、正規の方法で大型アップデートの適用を延期させることができます。

Microsoftの対策もだんだんと巧妙となってきており対策も困難となりますので、Windows 10 Homeを使っている場合はWindows 10 Proへのアップグレードをお勧めします。

大型アップデートの適用延期方法についてはこちらの記事を参照願います。

なお、同様の効果があるグループポリシー(レジストリー)を変更することでWindows 10 Homeでも適用を延期できるとの情報もありますが、こちらに示したように「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」については効果がありませんでした。

 

「Windows 10 更新アシスタント」と「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」との違い

今年猛威を振るった「Windows 10 更新アシスタント」はユーザーに気付かれないように裏でアップデートを9割がた完了させ、気付いた時には既に手遅れとなる巧妙なアップデート方法をとっていました。

これはユーザーの作業中のデータが消失しようと、アップデートによる不具合でWindows 10が起動しなくなろうとアップデートは強行されます。

大多数のパソコンがネットワークに常時接続されている現代において、Microsoftが考える最も安全な環境にアップデートされていないパソコンは害悪であるため、最優先でアップデートすべき対象であり、アップデートされずにウイルス拡散の踏み台となるなら破壊してしまえとの考えのようです。

 

一方、「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」はユーザーを騙すカモフラージュが施されていますが、「更新プログラム」としての立ち位置は守られています。

アップデート準備が整うとワークファイルは削除されストレージの負担を減らしていますし、数日の適用の延期も指定できます。

 

スポンサーリンク

安全性

ここで説明する方法は、再起動後に実行されるべきアップデートプログラムを削除します。

「Windows 10 更新アシスタント」では再起動後にUEFI BOOTで指定される起動プログラムをアップデートプログラムに書き換えていました。

しかし、ここで説明する方法でブロックしてから再起動すると「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」はアップデートプログラムが見つけられずUEFI BOOTを書き換えることに失敗し、現状のバージョンのWindows 10が起動することになります。

したがって、こちらで説明したような再起動後の不具合は発生しません。

 

ただし、システムドライブ(C:)の直下のシステムフォルダーを削除します。

「$WINDOWS.~BT」という特徴的な名前なので間違えることは無いと思われますが十分注意して作業してください。間違って他のシステムフォルダーを削除してしまうとWindows 10が起動しなくなる危険性があります。

 

制限事項

ここで説明する方法については以下の制限があります。

 

大型アップデートに関する制限

ここで説明する方法を実施した場合、以下の作業は実施できなくなります。

  • 「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」によるアップデート
  • 「Windows 10 更新アシスタント」によるアップデート
  • 「Windows 10 メディア作成ツール」によるUSBメディア、ISOファイルの作成
  • 「Windows 10インストールメディア」によるアップデート
  • 「パッケージ版Windows 10 USBメディア」によるアップデート

すなわち、大型アップデートに関係するすべての作業が行えなくなります。

これらの作業を行う場合は、後述の「ブロックを解除する方法」でブロックを解除してから、これらの作業を実施してください。

 

ブロック手順のフロー

従来の方法で作業を進めて行き、このブロックツールを起動して

Windows10-avoid-v1809-Update-01

「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」を指定しようとすると、このように指定すべき更新プログラムが表示されずブロックできません。

Windows10-avoid-v1809-Update-02

そのため、以下の方法でブロックを行います。

ブロックを行うには「C:\$WINDOWS.~BT」というフォルダーを削除する必要がありますが、「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」がこのフォルダーをアクセスしている間は削除が行えません。

そのため、アクセスしなくなる「再起動待ち」の状態になるまで待ちます。

ここでは3つのケースを想定して、それぞれのケースから1つの状態に集約させ同じ手順でブロックする手順としています。

3つのケースとは以下のような場合です。

  • ケース(1):Windows 10 バージョン1809にアップデートされてしまった
  • ケース(2):「設定」アプリの「Windows Update」を見たら「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」のダウンロードやインストールを始めていた、または、「再起動待ち」の状態だった
  • ケース(3):パソコンを使っていたら、再起動を要求された

各ケースでの対処方法を進めることで「C:\$WINDOWS.~BT」をアクセスしていない状態にします。ここまでが「ブロック準備段階」です。

この段階では「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」のインストール準備完了を待つ必要があるため時間がかかります。パソコンの速度とインターネット回線の速度により違いますが数時間かかります。

Windows10-avoid-v1809-Update-41

次に「C:\$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除してブロックファイルを設置します。これが「ブロック実施段階」です。作業は数分から数十分で終わります。

以上が、今回のブロック手順のフローです。

 

事前準備

「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」の表示設定を行います。

Windows 10では既定でこれらは表示されない設定となっていますが、間違ってウイルスに感染したファイルを開いてしまうなど危険な場合があります。

そのため、今回の作業中だけでなくパソコンを購入したら必ず、この設定をしておいてください。

「エクスプローラー」を起動してメニューの「表示」をクリックして表示タブに切り替えます。

「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」にチェックを入れます。

これで完了です。

Windows10-avoid-v1809-Update-05

 

ブロック準備段階

以下、各ケースでの手順を説明しますので、該当する部分を読み進めて作業を行ってください。

 

ケース(1) アップデートされてしまった場合

Windows 10が自分の意思に反してアップデートされてしまう場合があります。

Windows 10ではユーザーが設定した「アクティブ時間」以外は重要な時間ではないと判断され、作業途中でデータを保存していなくとも更新プログラムを適用するために勝手に再起動されます。

自分が使っているWindows 10のバージョンが分からない場合は、キーボードで[Windows]+[R]を押して「ファイル名を指定して実行」を開いて「名前」に

  • winver

と入力して「OK」をクリックします。

Windows10-avoid-v1809-Update-32

このような画面が表示されますので「バージョン」という部分でWindows 10のバージョンを確認できます。確認したら「OK」をクリックして閉じてください。

Windows10-avoid-v1809-Update-33

Windows 10のバージョンが自分の使いたいバージョンではない場合は、できるだけ早く以前のバージョンに戻してください。戻す手順についてはこちらの記事を参照してください。戻したら「ケース(2) アップデート準備が進んでいることに気付いた」の部分から読み進めてください。

なお、一時的にWindows 10 バージョン1809を試してみるのもよいのですが、戻せる期間は10日に限られていること、アップデート後に「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」「ダウンロード」など作成したファイルは戻すと消えてしまうことなどに注意してください。

 

ケース(2) アップデート準備が進んでいることに気付いた

定期更新の配信日や、自動でアップデートされたあとで元のバージョンに戻したあとに、手動で「Windows Update」を実行しようとした場合に「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」のインストールを準備していたり、

Windows10-avoid-v1809-Update-03

既に適用準備が整って「今すぐ再起動する」が表示され再起動待ちの状態であることに気付く場合があります。

Windows10-avoid-v1809-Update-06

「今すぐ再起動する」が表示されている場合は「ブロック実施段階」に進んでください。

まだダウンロードしていたり準備中の場合は、自動で再起動されて更新が適用されるのを防ぐ必要があります。

「設定」アプリの「更新とセキュリティ」「Windows Update」で「アクティブ時間の変更」をクリックします。

Windows10-avoid-v1809-Update-34

自動で再起動されるのを禁止する時間帯を最大18時間で設定します。更新プログラムの準備はパソコンの電源を切っても次に電源を入れれば続きから始めますので、自分が使う時間帯に合わせれば大丈夫です。

Windows10-avoid-v1809-Update-35

使う時間帯が一定しない場合や、18時間以上使う場合は自動再起動を阻止する方法を実施してください。

自動再起動は必ず阻止してください

阻止できないと自動でアップデートされてやり直すことになります。

アクティブ時間の設定や自動再起動阻止を行ったら、普通にパソコンを使っていて構いません。

準備が整うと「Windows Update」に「今すぐ再起動する」が表示されたり、「ケース(3) 再起動を要求された」の状態となります。

そうなったら「ブロック実施段階」に進んでください。

 

ケース(3) 再起動を要求された

Windows 10パソコンを使っていると、突然、再起動を要求される通知が出る場合があります。

その場合は、「設定」アプリを起動して「更新とセキュリティ」「Windows Update」を確認します。

ここに「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」が表示されていなければ問題ありませんので再起動して更新プログラムを適用してください。

「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」が表示されていたら「ブロック実施段階」に進んでください。

Windows10-avoid-v1809-Update-36

 

ブロック実施段階

「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」のダウンロードとインストール準備が完了すると「再起動待ち」の状態となります。

この状態になるとバックグラウンドでアップデートするプログラムは停止しており、ブロック作業を行えるようになります。

以下の手順を順番に実行してください。所要時間は長くても30分程度です。

 

1.「ブロックファイル」をダウンロード

予めブロックファイルをダウンロードして展開しておきます。

まず、任意の場所にこちらのファイルをダウンロードします。

 

ファイルを選択した状態で右クリックして表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。

「セキュリティ」の部分の「許可する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

Windows10-avoid-v1809-Update-37

セキュリティの説明が消えたことを確認して「OK」をクリックしてプロパティを閉じます。

Windows10-avoid-v1809-Update-38

「Windows10-Big-Update-Block.zip」を任意のフォルダーに展開するとサイズが0バイトの「$WINDOWS.~BT」というファイルが展開されます。

 

2.「C:\$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除

この作業は特に間違わないように慎重に行ってください。

エクスプローラーでシステムドライブの直下(C:\)を開きます。

「$WINDOWS.~BT」フォルダーを選択して、[Shift]キーを押したまま[Del]キーまたは「×」をクリックして完全に削除します。

Windows10-avoid-v1809-Update-07

確認のダイアログが表示されるので間違いが無いことを確認して「はい」をクリックします。

Windows10-avoid-v1809-Update-13

削除するには管理者権限が必要とのダイアログが表示されるので「続行」をクリックします。

完全に削除されるのを待ちます。

Windows10-avoid-v1809-Update-14

この他にも環境によっては削除できないとのダイアログが表示される場合があります。その場合は「再試行」をクリックして削除を進めてください。「再試行」をクリックしても進め無くなったら「キャンセル」をクリックして削除を中断してください。

Windows10-avoid-v1809-Update-53

これまでに何度か大型アップデートをブロックしている環境では、特殊なアクセス権が設定されていると削除できない場合があります。

このような環境では、こちらの記事の方法で「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除してから「3.ブロックファイルの設置」以降の作業を行ってください。

「$WINDOWS.~BT」フォルダーが残っているとブロックファイルを設置できません。必ず完全に削除してください。

 

3.ブロックファイルの設置

「1.「ブロックファイル」をダウンロード」で展開した「$WINDOWS.~BT」ファイルをシステムドライブ直下(C:\)に移動またはコピーします。

Windows10-avoid-v1809-Update-16

移動またはコピーするには管理者権限が必要ですので「続行」をクリックします。

Windows10-avoid-v1809-Update-17

正しく「C:\」に「$WINDOWS.~BT」ファイルが設置されたことを確認します。

Windows10-avoid-v1809-Update-18

設置されたのを確認したら、ダウンロードしたZIPファイルなどは削除して構いません。

 

4.再起動

ブロックファイルが正しく設置できたら「再起動」します。

アップデートを実行しようとしますので再起動には多少時間がかかります。

再起動したら「設定」アプリを起動して「更新とセキュリティ」の「Windows Update」を開きます。

このように更新が失敗していればブロックできています。

「最新の状態です」と表示されている場合は「更新プログラムのチェック」をクリックするとこのような表示となります。

Windows10-avoid-v1809-Update-21

以後、繰り返しアップデートが行われますが失敗し続けるので、アップデートされることはありません。

 

ブロックを解除する方法

制限事項で説明したように大型アップデートに関係する作業を行う場合はブロックを解除する必要があります。

この作業は特に間違わないように慎重に行ってください。

エクスプローラーでシステムドライブの直下(C:\)を開きます。

「$WINDOWS.~BT」ファイルを選択して、[Shift]キーを押したまま[Del]キーまたは「×」をクリックして完全に削除します。

Windows10-avoid-v1809-Update-51

確認のダイアログが表示されるので間違いが無いことを確認して「はい」をクリックします。

これでブロックの解除は完了です。

Windows10-avoid-v1809-Update-52

 

詳細説明

従来の「Windows 10 バージョン1803の機能更新プログラム」などは更新プログラムとしてWindows Updateで配信されていました。

そのためMicrosoftから提供されているツールでブロックすることができました。

ところが2018年12月時点で配信されている「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」は、どうも偽装されているようです。

ダウンロードされるファイルの中に「Windows10.0-KB4475321-x64.cab」というものがあり、この「KB4475321」が間接的に「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」をダウンロードとインストールを行っている可能性があります。

また、従来は可視フォルダーであった「$WINDOWS.~BT」フォルダーは「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」の準備が始まると隠しフォルダーに変更されます。

できるだけユーザーの目に触れない、触れない状態でアップデートするように変更したようです。

間接的にダウンロードしている更新プログラムをブロックできればもう少しスマートにブロックできる可能性があります。

 

謝辞

今回の「Windows 10 バージョン1809の機能更新プログラム」の振る舞いの変更は、こちらの記事にコメントを頂いたRe8様からの情報で知ることができました。感謝致します。

 

まとめ

Windows 10 Home バージョン1809もブロックすることは可能です。

どうしてもアップデートしたくない場合は実施してみてください。


  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントは14件です

  1. Re8 より:

    2.「C:\$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除
    のところを手順通り進めていたのですが、続行をクリックしたところ、この内容が表示されました

    フォルダー アクセス拒否

    この操作を実行するアクセス許可が必要です。

    このフォルダーを変更するには、Administrators からアクセス許可を得る必要があります。

    「再試行」 「キャンセル」

    以上このように表示されています
    どうすればいいでしょうか?

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      申し訳ございませんが、この作業は管理者権限を持つアカウントで行う必要があります。

      管理者権限を持つアカウントを作れる場合は、一時的にそのアカウントで操作してください。

      ユーザー権限のアカウントしか使用できない場合は、管理者権限を持つアカウントを管理している方に相談してみてください。

      御指摘頂いた説明不足な点について記事を修正させて頂きました。

  2. Re8 より:

    購入したパソコンをそのまま使用しています
    アカウントは今使用してるものだけです

    ずっと表示させたままなのですが、どうすればいいでしょうか?

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      何度「再試行」をクリックしても進まないなら、「キャンセル」でフォルダーの削除は一度キャンセルしてください。

      アカウントが管理者かどうかは「設定」アプリの「アカウント」「ユーザーの情報」で確認できます。

      管理者ならば[Windows]+[X]で表示されたメニューから「コンピューターの管理」を開き「コンピューターの管理(ローカル)」「システムツール」「ローカルユーザーとグループ」「ユーザー」に表示された自分のアカウントをダブルクリックすると「所属するグループ」に「Administrators」が含まれているはずです。

  3. Re8 より:

    再試行を1回クリックしました
    そうすると緑色のゲージが進んで行き、そしたら次の内容が表示されました

    ファイル アクセス拒否

    この操作を実行するアクセス許可が必要です。

    このファイルを変更するには、Trustedlnstaller からアクセス許可を得る必要があります。

    Alphabet.xml

    □すべての項目にこれを実行する
    「再試行」 「スキップ」 「キャンセル」

    以上が表示されています

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      削除中に「再試行」が表示されたら「再試行」をクリックして削除を進めてください。

      「再試行」でも進めなくなった場合は、所有権を奪う必要があるので簡単には説明できません。

      どの権限を必要としたかをコメントで教えてください。

      今は回答できませんので、回答は数日先となります。

  4. Re8 より:

    何回再試行しても進めなくなりました
    なのでキャンセルしました

    わかってはいたことですが、管理者でした

    Solomonさんが書いた

    管理者ならば[Windows]+[X]で表示されたメニューから「コンピューターの管理」を開き「コンピューターの管理(ローカル)」「システムツール」「ローカルユーザーとグループ」「ユーザー」に表示された自分のアカウントをダブルクリックすると「所属するグループ」に「Administrators」が含まれているはずです。

    ですが、システムツールまで来たのですが、ローカルユーザーとグループは見当たりませんでした

    どの権限というのはどういうことでしょうか?
    今回表示されたこの2つのことでしょうか

    ・Administrators
    ・Trustedlnstaller

    これが権限だとして、今回表示されたのはこの2つだけでした

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      権限がなどは理解できなければ調べてください。

      今のパソコンを購入した時のWindows 10のバージョンと、現状までにどの方法でバージョン幾つにアップデートしてきたかを教えてください。

      最近のバージョンでTrustedlnstaller権限でファイルが作成されることは無いので、環境の確認ができません。

  5. Re8 より:

    手順通りに進めていた時には「管理者の権限が必要です」とは表示されていましたが、今回の問題の2つの表示された内容には「○○の権限が必要です」このような表示はされていませんでした

    購入時は1709、現在も1709です

    まだブロックできていない時に再起動をしたら1回だけ1803にアップデートされてしまったことがあります
    確かそれは8月にアップデートされたと思います
    すぐにSolomonさんの記事を読んで、バージョンを元の1709に戻しました

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      頂いた情報で試行してみましたが削除できない状況は再現できませんでした。

      そのため、削除できくなる状況を10通りほど試行して、確認できた対策を別記事として公開しました。

  6. Re8 より:

    どうも、あの時は大変お世話になりました
    Solomonさんのおかげで現在も1809をブロックできています
    本当にありがとうございます

    それでなんですが、私の現在のWindows 10のバージョンは1709なんですが、この1709は4月頃にサポートが終了すると聞いています
    なので、その前に1709の次のバージョンである1803にアップデートしたいのですが、現状、1709から1803にアップデートする方法はないのでしょうか?

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      まず、もともと最新版にアップデートするつもりが無いなら、各バージョンのISOは自分で作成して保存しておくようにしてください。

      保存していないなら知り合いかネットでISOファイルを探してください。

      どうしても見つからない場合はAmazonなどでバージョン1803のパッケージ版かDSP版を買うのがよいでしょう。

      USBメディアかISOファイルを入手できたら、アップデート方法についてはこちらの記事を参照してください。

      Windows 10バージョン1709へのメディアを使ったアップデート
      https://solomon-review.net/windows10-update-to-v1709-by-media/

      なお、現時点ではバージョン1803へのアップデートはお勧めできません。

      理由は、4月にはバージョン1903がリリースされることと、機能でも安定性でもバージョン1803とバージョン1809に、あまり違いが無いからです。

      • Re8 より:

        返信ありがとうございます
        今回も対応を宜しくお願いします

        >なお、現時点ではバージョン1803へのアップデートはお勧めできません。

        >理由は、4月にはバージョン1903がリリースされることと、機能でも安定性でもバージョン1803とバージョン1809に、あまり違いが無いからです。

        そうなんですね
        1803も1809も配信されたときは致命的なバグでニュースになりましたけど、4月にくる1903もそのようなバグがなければいいのですが・・・

        因みに1903の配信は4月で確定なんでしょうか?
        確定だとして4月のいつ頃になると思いますか?

        • Solomon より:

          コメントを頂きありがとうございます。

          基本的にWindows 10の大型アップデートはバグがあるのが当たり前です。

          それを改善するためのWindows 10 Homeユーザーを使った広域ベータテストですし、被害を受けたくない人のためのWindows 10 Proと企業向けのWindows 10 Enterpriseですから。

          バグが怖いならWindows 10 Proを買えばよいだけです。お金で安全が確保できるなら安いものでしょう。

          リリース時期は誰にも分りません。

          AprilとかOctoberとか名称に期日が入っていればバグを隠してでも期日にリリースするでしょう。MicrosoftにとってはWindows 10の安定性より期日までにリリースしたという既成事実の方が重要なのです。

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー