$WINDOWS.~BT

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 の「$WINDOWS.~BT」フォルダーの削除方法

 

  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

システムドライブ直下の「$WINDOWS.~BT」フォルダーは大型アップデートに関係して作成される作業フォルダーであり、正しくアップデートされれば削除されます。

ところがMicrosoftが想定しない方法で大型アップデートを止めると、「$WINDOWS.~BT」フォルダーは削除できない状態で残ってしまいます。

ここでは残ってしまった「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除する方法について説明します。

Windows 10 の「$WINDOWS.~BT」フォルダー

Windows 10のシステムドライブ直下に作成される「$WINDOWS.~BT」フォルダーは、いろいろな目的で使用されますが、すべて大型アップデートに関係するものです。

大型アップデートが適用される場合、「$WINDOWS.~BT」フォルダーに新しいバージョンのWindows 10のインストールファイルが展開されます。

また「Windows 10 更新アシスタント」では「$WINDOWS.~BT」フォルダーに直接新しいバージョンのWindows 10がインストールされ、フォルダーの移動によりインストールを完了させます。

これらの作業で使われる「$WINDOWS.~BT」フォルダーはアップデートが完了すると削除されます。

他にも「Windows 10 メディア作成ツール」のログの置き場所として利用された場合は、削除されずに残りますが、削除は可能です。

 

そして、こちらの記事で説明したWindows 10 バージョン1809へのアップデートを阻止する方法は、上記で説明した「$WINDOWS.~BT」フォルダーに対する操作を妨害することでアップデートを阻止しています。

 

しかし、これまでにWindows 10の大型アップデートをいろいろな方法で回避してきた場合、「$WINDOWS.~BT」フォルダーが残ってしまう場合があります。

しかもインストールファイルは特殊な権限で保存されているため「$WINDOWS.~BT」フォルダーを簡単には削除できなくなります。

 

また、Windows 10の大型アップデートを拒んでいるパソコンには「Windows10 Update Facilitation Service」という強制アップデートサービスなどがインストールされます。これらサービスは「$WINDOWS.~BT」フォルダーをアクセスしているため「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除できなくなってしまいます。その他にもアップデート後に必要なドライバーなども影響します。

 

以下では、

  1. 権限が不足しているため削除できない場合
  2. ファイルが使用中のため削除できない場合
  3. セーフモードでも削除できない場合

という3つの状況に対応して「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除する方法について説明します。

 

スポンサーリンク

「$WINDOWS.~BT」フォルダーの削除

「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除する場合は、必ずパソコンをネットワークから切断してください。接続されていると追加でダウンロードされたりすることで削除が妨害される場合があります。

 

エクスプローラーでシステムドライブの直下(C:\)を開きます。

「$WINDOWS.~BT」フォルダーを選択して、[Shift]キーを押したまま[Del]キーまたは「×」をクリックして完全に削除します。

[削除]の下の「▼」をクリックして表示されたメニューから「完全に削除」をクリックしても構いません。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-01

確認のダイアログが表示されるので間違いが無いことを確認して「はい」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-02

削除するには管理者権限が必要とのダイアログが表示されるので「続行」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-03

このような表示が出た場合は「再試行」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-04

このような表示が出た場合は「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れて「はい」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-06

その他にも何かしらの表示が出て止まった場合は、「スキップ」や「キャンセル」を選択しないで削除を続行します。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-05

それでも削除が進められなくなる場合があります。その場合は、以下の対処を行います。

 

1.権限が不足しているため削除できない場合

この画面のように「TrustedInstaller」からアクセス許可を得る必要がある旨、表示されて削除が停止する場合があります。

このような場合はファイルの所有権を奪って、削除できるようにします。

 

「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れ「再試行」をクリックしても進まなくなった場合は、

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-07

「キャンセル」をクリックして一度、削除を中断します。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-09

エクスプローラーで「$WINDOWS.~BT」フォルダーを選択して「プロパティ」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-10

「セキュリティ」タブに切り替えます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-11

「詳細設定」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-12

「所有者」の横の「変更」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-13

「選択するオブジェクト名を入力してください」に「administrators」と入力して「名前の確認」をクリックします。「administrators」は最後の「s」を忘れないようにしてください。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-14

正しく入力されていると「<コンピューター名>¥Administrators」と表示されるので「OK」をクリックして閉じます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-15

「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」と「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可エントリで置き換える」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-16

「所有権の変更」が始まりますのでキャンセルしないように注意して待ちます。この操作は時間がかかります。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-17

この表示が出た場合は「はい」をクリックして続行させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-18

続けて「セキュリティ情報の設定」を行うため、この表示が出たら「はい」をクリックして続行させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-19

「セキュリティ情報の設定」が始まりますのでキャンセルしないように注意して待ちます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-20

「セキュリティ情報の設定」が終わるとこの画面となるので「OK」をクリックして閉じます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-21

「詳細設定」に戻るので「OK」をクリックして閉じます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-22

「プロパティ」に戻るので「OK」をクリックして閉じます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-23

再度「$WINDOWS.~BT」フォルダーを選択して、[Shift]キーを押したまま[Del]キーまたは「×」をクリックして完全に削除します。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-24

確認のダイアログが表示されるので間違いが無いことを確認して「はい」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-25

このような表示が出た場合は「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れて「はい」をクリックして削除を続行させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-29

その他にも何かしらの表示が出て止まった場合は、「スキップ」や「キャンセル」を選択しないで削除を続行します。

 

2.ファイルが使用中のため削除できない場合

削除を進めているとこのように「Windows10 Update Facilitation Service」で開かれているため削除できない場合があります。他にも特殊なアプリやドライバーなどのファイルが使用中で削除できない場合もあります。

実際には使われているのではなく、使用中のファイルのハードリンクが作成されているためにWindowsが使用中と判定しているようです。

このような場合は、原因となるサービスやアプリ、ドライバーが動作していないセーフモードで起動して削除します。

 

「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れ「再試行」をクリックしても進まなくなった場合は、

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-30

「キャンセル」をクリックして一度、削除を中断します。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-31

画面左下の「Windowsアイコン」を右クリックして表示されたメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、キーボードで[Windows]+[R]を押して「ファイル名を指定して実行」を表示させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-32

名前に「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-33

「システム構成」が表示されるので「ブート」タブに切り替えます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-34

「セーフブート」にチェックを入れると「最小」が選択されますのでそのまま「OK」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-35

再起動が要求されるので「再起動」をクリックします。表示されない場合は、スタートメニューから再起動させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-36

再起動するとこのような画面の「セーフモード」となります。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-37

エクスプローラーでシステムドライブの直下(C:\)を開きます。

「$WINDOWS.~BT」フォルダーを選択して、[Shift]キーを押したまま[Del]キーまたは「×」をクリックして完全に削除します。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-38

確認のダイアログが表示されるので間違いが無いことを確認して「はい」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-39

このような表示が出た場合は「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れて「はい」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-40

その他にも何かしらの表示が出て止まった場合は、「スキップ」や「キャンセル」せずに削除を続行します。

それでもファイルが使用中で削除できない場合は後述の「セーフモードでも削除できない場合」を参照してください。

これで「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除できました。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-41

画面左下の「Windowsアイコン」を右クリックして表示されたメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、キーボードで[Windows]+[R]を押して「ファイル名を指定して実行」を表示させます。

名前に「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-42

「システム構成」が表示されと「セーフモード」で起動するようになっているので、

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-43

「通常スタートアップ」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-44

再起動が要求されるので「再起動」をクリックします。表示されない場合は、スタートメニューから再起動させます。

Windows10-Delete-dollar-WINDOWS-dot-tilde-BT-Folder-45

再起動すると通常通りのWindows 10が起動して、「$WINDOWS.~BT」フォルダーは削除されています。

 

3.セーフモードでも削除できない場合

Windows 10に標準で添付されていないドライバーを必要とするデバイスを使用している場合、具体的にはNVIDIAやAMDのグラフィックスカードや、Realtek以外のサウンドデバイスなどが使用されているパソコンの場合は、セーフモードでも削除できない場合があります。

この場合は「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除するときだけ、一時的に対象となるドライバーをアンインストールしてください。

 

または、使用中で削除できないと表示されたファイルを利用しているデバイスを一時的に「無効」にしてください。

以下の作業はセーフモードのままでも構いません。

具体的には使用中で削除できないと表示されたファイルの名前をメモしておき、「$WINDOWS.~BT」フォルダー内を検索します。

見つかったらファイルのプロパティからどのようなデバイスに関係するファイルなのかを確認します。

そして画面左下の「Windowsアイコン」を右クリックして表示されたメニューから「デバイスマネージャー」を起動します。

先ほどのファイルを使用しているデバイスを探して、見つけたら右クリックして表示されたメニューから「デバイスを無効にする」をクリックします。

再度「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除して、削除が終わったら「デバイスを有効にする」で元に戻すのを忘れないようにしてください。

 

何故、ファイルが使用中で削除できないか

Windows 10の大型アップデートはできるだけ早くアップデートを完了させるためにハードリンクを多用しているようです。

ファイルは、ファイル名や属するフォルダー、属性などを記録したインデックスと実際にデータが保存されているディスク領域で構成されます。

通常、インデックスとディスク領域は1対1で対応していますが、ハードリンクを使うと、複数のインデックスと1つのディスク領域を対応させることができます。

この場合、どのインデックスが示すファイルも実体となるディスク領域は同じなので、どれかのファイルが使われると、他のファイルはアクセスされていなくとも実体のファイルがアクセスされているので使用中に見えます。

Windows 10の大型アップデートはアップデート後に必要なドライバーのコピーを作成するのではなく、ハードリンクを生成してディスクのコピーを省いているようです。

ディスプレイドライバーやサウンドドライバーなど必須のドライバーは常に動作しているため、「$WINDOWS.~BT」フォルダーにハードリンクで生成されたドライバーも使用されているように見えるということです。

 

まとめ

こちらで説明したWindows 10の大型アップデートをブロックする方法は、これまでのすべてのバージョンで有効です。

ただし、これまでに行ってきたブロック方法によっては「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除できずブロックできない場合があります。

その場合は、ここで説明した方法で「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除してからブロックしてください。


  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントは12件です

  1. Re8 より:

    1.「TrustedInstaller」権限によるブロック
    を手順通り進めていました

    2.「Windows10 Update Facilitation Service」によるブロック
    に進みそうなところでこの内容の表示がされて何回、再試行しても進みません

    使用中のファイル

    NVDisplay.Container.exe によってファイルは開かれているため、操作を完了できません。

    ファイルを閉じてから再実行してください。

    nvd3dumx.dll
    ファイルの説明:NVIDIA WDDM D3D Driver,Version 391.35
    会社:NVIDIA Corporation
    ファイルバージョン:23.21.13.9135

    □すべての項目にこれを実行する

    「再試行」 「スキップ」 「キャンセル」

    以上がそうです

    一応、2.「Windows10 Update Facilitation Service」によるブロック
    の方も読ませて頂いたんですが、これと同じ手順で進めれば問題ないですか?

    今回のは「Windows10 Update Facilitation Service」とは表示されていませんが、2.と同じでセーフモードでやれば問題ないですか?

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      NVIDIAのディスプレイカードのドライバーが邪魔をしているのでしたら、ネットワークから切断した状態でNVIDIAのドライバーをすべてアンインストールしてください。

      その後、「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除して、ブロックが完了したら、再度、ネットワークに接続してNVIDIAのドライバーをインストールしてください。

      • Re8 より:

        返信ありがとうございます

        私が誤解させているかもしれないので、確認します

        まず、私はまだ2.「Windows10 Update Facilitation Service」によるブロック
        には進んでいません

        なので、セーフモードも実行していません

        Solomonさんが今回の記事に書いた

        このような場合は、原因となるサービスやアプリ、ドライバーが動作していないセーフモードで起動して削除します。

        ですが、これを読んでセーフモードでやれば問題ないですか?と質問しました
        どうでしょうか?

        • Solomon より:

          コメントを頂きありがとうございます。

          申し訳ございませんが、一手進めるごとにリアルタイムで回答しろと言われても無理です。

          また、NVIDIAという標準環境と異なる環境を選択されたなら、その部分の判断は御自身でなさってください。

          それができない場合は、標準環境と異なる要因を排除して対処するように提言することしかできません。

      • Re8 より:

        記事を更新なされたのですね

        勘違いしました

        • Solomon より:

          コメントを頂きありがとうございます。

          可能性に対処するように文章を変更しました。

          その内容をどう判断されるか読む方にお任せします。

  2. Re8 より:

    無事に問題は解決したことをここに報告します

    私の環境では「NVIDIA」が邪魔をしていたので、Solomonさんの言う通り、アンインストールしました
    その後に記事通り、セーフモードで実行し、「$WINDOWS.~BT」を削除することができました

    ブロックも完了していて、再起動しても1809にはアップデートされませんでした

    今回はNVIDIAをアンインストールすることで問題がスムーズに解決へと進みましたので、私と同じNVIDIAの人はNVIDIAをアンインストールしてから、記事通り、作業を行ったほうがいいかもしれません

    無事問題が解決できてよかったです
    Solomonさんには検証、記事作成、対応のほど本当にありがとうございました
    お疲れ様でした

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      とりあえず、ブロックできたようで良かったです。

      ただし、今回のブロック方法は最善とは言えませんので、USBメディアを作成したり、大型アップデートを適用する時にブロックを解除する必要があることを忘れないようにしてください。

  3. Randy50 より:

    セーフモードで「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除すると、以下のファイルが使用中と表示されて、削除できませんでした。
    IntcAudioBus.sys
    ファイルの説明:Intel Smart Sound Tecnoligy (Intel SST) Bus
    どのようにすればよいのでしょうか?
    また、1809へのアップデート回避を断念する場合は、このまま再起動すればよいのでしょうか?
    ご迷惑をおかけし申し訳ないのですが、ご教授いただけないでしょうか?

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      1809へのアップデート回避を断念する場合は、そのまま再起動すればよいです。

      ただし、もう少し頑張ってみるなら以下の手順をお試しください。

      セーフモードにして削除するのは、使用中のファイルをできるだけ減らして削除しやすくするためです。

      それでも、ディスプレイやオーディオなどでWindows 10標準ではないドライバーがインストールされている場合、セーフモードでも使用中の場合があります。

      この場合の対処策は、一度、通常通り起動して対象のドライバーを一時的にアンインストールしてしまう方法があります。

      Intel Smart Sound Tecnoligy (Intel SST) Busの場合はディスプレイドライバーに同梱されているかもしれません。

      必ず「$WINDOWS.~BT」フォルダーの削除が完了するまでネットワークから切断した状態でアンインストールなどを行ってください。

      「$WINDOWS.~BT」フォルダーの削除が完了してからドライバーを再インストールするのを忘れないでください。

      もう一つは、対象のドライバーを一時的に無効にする方法です。

      セーフモードのままでも構いませんので[Windows]+[X]で表示されたメニューからデバイスマネージャーを起動します。

      「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」または「オーディオの入力および出力」の下に「Intel Smart Sound Tecnoligy」関係のドライバーがあれば右クリックして「デバイスを無効にする」をクリックします。

      「$WINDOWS.~BT」フォルダーを再度削除してみてください。削除できない場合は、再度セーフモードで起動し直して試してください。

      うまく削除できない場合は上記のアンインストールを行ってください。

      無効の状態は通常通り起動しても継続していますので、再度デバイスマネージャーから「デバイスを有効にする」を実行してください。

      他のドライバーで躓いても対象方法は同様です。

      • Randy50 より:

        丁寧なご回答ありがとうございました。
        システムデバイスの下に「インテル(R)スマート・サウンド・テクノロジー・オーディオ・コントローラー」というデバイスがあり、そちらを無効にすると、問題なく「$WINDOWS.~BT」フォルダーを削除することができました。
        以前の大型アップデートで、あるアンチウィルスソフトがインストールされていたことが原因で、アップデート後にWindows10が立ち上がらなくなり、クリーンインストールを余儀なくされたことがありました。
        それに懲りて、大型アップデートをShow or Hide Updateで止めていたのですが、それも効かなくなりました。
        そんなことから、今回も大型アップデートを受け入れなければならないのかなと半分あきらめていたところに、Solomonさんの記事を見て、アップデート阻止に挑戦してみました。
        これでなんとか、市販のPCが1809で販売される頃(そうなれば1809は安定していると言えるのではないかと勝手に解釈しております)までは、逃げ切りたいと思います。
        繰り返しとなりますが、本当にありがとうございました。

        • Solomon より:

          コメントを頂きありがとうございます。

          デバイスマネージャー上の位置が間違っており、申し訳ございません。

          とりあえず、ブロックはできたようなので良かったです。

          頂いたコメントを踏まえてセーフモードでも削除できない場合の対処について、記事に追記させて頂きました。

          Windows 10 バージョン1809についてはリリース直後のバグ以降は、ニュースサイトの記事を見る限りでは騒ぎになるような大きなバグは発生していないようです。

          アップデートする必要はありませんが、Windows 10 バージョン1809自体は安定していると思います。

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー