Windows 10 ブート修復

Solomonレビュー[redémarrage]

UEFI環境でのBOOT修復(Windows Boot Managerが表示されない場合)

 

  •  
  • 6
  •  
  •  
  •  
  •  

Windowsパソコンを使っていると、稀に立ち上がらなくなる場合があります。

ここではそのような状況の中で「Windows Boot Manager」が表示されなくなる場合の対処方法について説明します。

UEFI環境でのBOOT

従来は最初のドライブのMaster Boot Recordに書き込まれたプログラムを使ってWindowsなどのOSを起動する方式でした。

しかし、Windows 7の64ビット版以降、BIOSがUEFIに対応するようになり、Windows 8.0以降の殆んどのWindowsはUEFIでBOOTするようになりました。

UEFIとはUnified Extensible Firmware Interfaceの略でBIOSに置き換わるものなのですが、UEFIに対応していても未だにBIOSという呼ばれ方もしています。

Microsoft SurfaceのBIOSは「Surface UEFI」という名称ですが、Intel NUCのBIOSは「Visual BIOS」と呼ばれています。どちらもUEFIに対応しています。

UEFIでのBOOTはパソコン本体に内蔵されたNVRAMに記録された内容に従って行われます。管理者権限のコマンドプロンプトから「bcdedit」を実行すると、NVRAM(システムストア)に記録された内容の一部を確認することができます。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-01

Windowsが起動するには、これらの内容が正しく、そして指定された場所に指定されたファイルが存在していなければなりません。

ところが、BIOSのアップデート、Windowsのアップデート、SSDやHDDの一時的なアクセス不良、HDDからSSDへの換装、急な電源断などいろいろなことが原因でNVRAMに記録された内容が書き換えられるとWindowsが起動しなくなってしまいます。

この障害の歯がゆいところは、SSDやHDDというストレージに記録された情報は全く問題無いにも関わらず、UEFIでのBOOTの修復方法が分からないとWindowsを再インストールまたはパソコン購入時の状態に戻してセットアップし直さなければならないことです。

 

古いパソコンなどでBIOSアップデート時にNVRAMの内容が書き換わってしまった場合の対処方法についてはこちらの記事で説明しました。

また、HDDからSSDへの換装時や、一時的にSSDやHDDにアクセスできなくなりNVRAMの内容が書き換えられてしまった場合の対処方法についてはこちらの記事で説明しました。

今回は更にひどい状況、BIOSに「Windows Boot Manager」が表示されない状況になりましたので、その時に行った対処方法について説明します。

 

「Windows Boot Manager」が表示されない

従来はBOOTする場合、WindowsがインストールされているHDDやSSDを指定すればBOOTしました。

UEFIになってからもWindows 10のインストール用USBメディアのように決められた場所にファイルを置いておけばUSBメモリーを指定するだけBOOTします。

ところがWindows 10/8.1/8などではBOOTするためのファイルが別の場所に置かれているため、その場所を指定する特別な記述がNVRAMに記録されています。

それが「Windows Boot Manager」です。

したがって、Windows 10などをUEFI環境でBOOTするにはWindows 10がインストールされたSSDやHDDを指定するのではなく「Windows Boot Manager」を指定する必要があります。

しかし、BIOSのBOOT優先順位の画面や、BOOT MENUに「Windows Boot Manager」が表示されない場合があります。

表示されないということはBIOSは「Windows Boot Manager」を認識されていませんので、当然、Windows 10は起動できません。

また、BIOSのBOOT優先順位の画面に複数の「Windows Boot Manager」が表示される場合もあります。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-02

この場合もBIOSによってはWindows 10は起動しません。

NVRAM(システムストア)についてはこちらで説明されています。

ここでは、これらの問題を修復します。

 

スポンサーリンク

注意点

以下の操作では、コマンドを正確に打ち込むという比較的難しい操作を行います。

初心者にはハードルが高いと思われます。

しかし、BOOTできなければ、パソコンを初期化してセットアップし直す必要があります。バックアップを取っていなければデータを失う可能性もあります。

また、パソコンによってはメーカー修理となる場合もあります。

そのため、自分では無理と思われる場合は、よくわかっている知り合いに頼むなどして修復を試みてください。

 

安全性

BOOT修復にあたり操作するのはパソコン本体のNVRAMだけです。

SSDやHDDなどのストレージは書き換えませんので、立ち上がらなくなる直前の状態から変化しません。

もしも修復ができない場合でも、USBメディアから立ち上げてSSDやHDDの内容をバックアップすることは可能です。

 

準備

パソコン本体のNVRAMを書き換えるためのコマンドを使える環境を用意する必要があります。

まず、下記の記事を参考にWindows 10のインストール用USBメディアを作成してください。

パソコンが1台しかなく、そのパソコンが立ち上がらない場合は、知り合いなどに作成してもらってください。

 

修復環境でのコマンドプロンプトの起動

作成したUSBメディアからWindowsが立ち上がらなくなったパソコンを起動します。USBメディアからの起動方法はパソコンによって異なるので、取扱説明書などで確認してください。

32ビット版と64ビット版の両方に対応したUSBメディアで起動した場合はこの画面が表示されますので、インストールされているWindowsと同じ方を選択してください。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-11

この画面が表示されたら言語やキーボードの種類などが正しいことを確認して「次へ」をクリックします。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-12

修復環境を立ち上げるため左下の「コンピューターを修復する」をクリックします。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-13

「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」をクリックします。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-14

「詳細オプション」画面で「コマンドプロンプト」をクリックします。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-15

コマンドプロンプトが起動します。

この状態からコマンドを入力して修復します。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-16

 

コマンドプロンプトでのコピー&ペースト

修復するコマンドは間違えずに打ち込む必要があります。

そのためには画面に表示された文字列を利用することで間違いを減らすことができます。

コマンドプロンプトでコピー&ペーストを使うには以下のように操作します。

 

コピー

コピーするにはコピーしたい文字列の最初の文字をマウスでクリックしたままマウスカーソルをコピーしたい文字列の最後の文字まで移動させます。

選択された文字列は反転表示されますので、正しく選択されたことを確認したらキーボードの[Enter]または[Ctrl]+[C]を押します。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-17

 

ペースト(貼り付け)

コマンドを入力して貼り付ける位置になったら、マウスの「右クリック」またはキーボードの[Ctrl]+[V]を押して貼り付けます。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-18

 

BOOT修復手順

以下、修復環境のコマンドプロンプトでコマンドを入力して修復を行います。

入力する文字は大文字でも小文字でも構わない部分と小文字でないとダメな部分がありますので、指定したとおりに入力してください。

コマンドの最後には必ず[Enter]を入力して実行します。

以下ではコマンドの最後の[Enter]は省略します。

 

修復可能性の確認

修復環境のコマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

bcdedit

すると、このように表示されるはずです。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-21

この画面と全く同じである必要はありませんが、次の点を確認します。

  • 「Windowsブートマネージャー」というグループはあるか
  • 「Windowsブートローダー」というグループはあるか
  • 各グループ内に表示された項目はこの画面の表示とだいたい同じか

以上の点を確認して問題無ければ修復できる可能性がありますので、次の手順に進みます。

大幅に違う場合はここで説明する方法では修復できません。同じような状況まで修復することは可能性ですがパソコンごとに指定する値が異なるため、申し訳ございませんが多くの人に対応できるような形では説明できません。

 

ファームウェアのブートマネージャー

上記で実行したコマンド「bcdedit」は実際には「bcdedit /enum active」というコマンドの省略形です。

NVRAM(システムストア)には他にも多くの記述がされています。すべて表示するには「bcdedit /enum all」というコマンドを実行しますが「Windows Boot Manager」を表示させるための修復に必要な部分を表示させるために次のコマンドを実行します。

bcdedit /enum firmware

このコマンドはBIOSのBOOT優先順位とBOOT可能デバイスのBOOT手順を表示します。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-22

「ファームウェのブートマネージャー」というグループがBOOT優先順位を表しています。

{ab13f5d5-4b8b-11e8-9d8b-c95263f012f6}など16進数で表示されたデバイスはUSBメディアやネットワークアダプターなどBIOSが認識したBOOT可能デバイスです。

これらのデバイスはパソコン起動時にBIOSにより確認されてNVRAMに追加/削除されます。

ただし{bootmgr}とある部分、すなわち「Windows Boot Manager」は特別で、BIOSは追加も削除も行いません。

そのため一度、異常な状態になると何かしらの方法で修正しなければ正常な状態に戻せません。

次に2つの異常な状態と修復手順について説明します。

 

「displayorder」に{bootmgr}が重複する場合

あまり発生しない事例ですが「ファームウェアのブートマネージャー」グループの「displayorder」に{bootmgr}という記述が重複して登録されている場合があります。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-23

この場合、BIOSが正しく動作せず{bootmgr}を読み飛ばしてしまう場合があるようです。

重複した{bootmgr}は次のコマンドを実行して削除します。

bcdedit /set {fwbootmgr} displayorder {bootmgr} /remove

1回実行するだけで重複した{bootmgr}の記述がすべて削除されます。

コマンドを実行したら、次のコマンドを実行して削除されたことを確認します。

bcdedit /enum firmware

削除できたら次の手順に進みます。

 

「displayorder」に{bootmgr}が無い場合

「ファームウェアのブートマネージャー」グループの「displayorder」に{bootmgr}という記述が無い場合、または重複して登録されていて削除した場合は{bootmgr}を登録し直します。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-24

次のコマンドを実行して先頭に登録します。

bcdedit /set {fwbootmgr} displayorder {bootmgr} /addfirst

何度実行しても1行だけしか追加されません。

コマンドを実行したら、次のコマンドを実行して登録されたことを確認します。

bcdedit /enum firmware

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-25

 

修復環境の終了と起動確認

次のコマンドを実行して修復環境のコマンドプロンプトを終了させます。

exit

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-31

「オプションの選択」画面に戻るので「PCの電源を切る」をクリックします。

UEFI-Windows-Boot-Manager-Recovery-32

パソコンの電源が切れたら修復環境の起動に使用したUSBメディアを外します。

パソコンの電源を入れてWindowsが正常に立ち上がることを確認してください。

 

まとめ

BIOSの「Windows Boot Manager」の記述がおかしくなった場合については、ここで説明した手順で修復できるはずです。

SSDやHDDには影響しませんので再インストールや初期化しか方法が無いと思われる場合は、最後のあがきで試してみては如何でしょうか。


  •  
  • 6
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 6
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18
カテゴリー