朗報、Windows 10 バージョン1803インストールメディアの配布が暫定的に再開

バージョン1809
記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

Windows 10 バージョン1809は、致命的なバグにより配信が停止しています。

代わりにWindows 10 バージョン1803のインストールメディアの配信が再開されました。

Windows 10 バージョン1809の致命的なバグ

Windows 10 バージョン1809はアップデートするとユーザーのファイルを消してしまうという致命的なバグが発覚しました。

その代わりとしてWindows 10 バージョン1803 (Windows 10 April 2018 Update)の配信が限定的に再開されています。

Windows10-v1803-Media-Delivery-Restart-01

こちらのサイトからダウンロードできます。

Windows 10 バージョン1809の配信は予告無く始まったため、Windows 10 バージョン1803のインストールメディアを作れず困っている方も居られるでしょう。

いつWindows 10 バージョン1809の再配信が始まるか分かりませんので早めにダウンロードしておいてください。

Windows 10のインストールメディアは逐次更新されています。

ツールのバージョンは変わっていませんが、配信当初の4月末にはBuild 17134.1だったものが、最終版はBuild 17134.112に変わっていました。

 

まとめ

今回のように前のバージョンの方が安全な場合もありますので、とりあえず最新バージョンは落としておいた方がよいでしょう。

ISOファイルを作成するか、USBメディアで保存するかです。

ツールだけを落としておいても使えなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました