iPad Pro 2021 5G

Solomonレビュー[redémarrage]

iPad Pro(2021)は、いつ発売になるのか

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ここ数年、iPadシリーズの発表・発売は11月から3月に移りましたが、今年はどうも違うようです。

iPad Pro発表の噂

現在、iPadシリーズは4つのシリーズ、すなわち、iPad Pro、iPad Air、廉価版iPad、iPad miniに分かれています。

以前は主力iPad Proの発表は11月、その他は発表無しで3月に発売されていましたが、ここ数年はすべて3月に発売されていました。

その流れで、今年も3月にiPad Proが発表・発売されるとの噂がありました。

最初は、3月16日(火)とのことでした。

ところが直前になって、3月23日(火)に噂の日付が変わりました。

そして、また、直前なってこれも間違いとわかりました。

現時点では、カレンダーでの2Q(第2四半期)の4月から6月に発売とのことです。

 

スポンサーリンク

iPad Pro(2020)の残念さ

iPad Pro(2020)は非常に残念な製品でした。

まず、5Gに未対応でした。

これは主力製品であるiPhoneより先に5Gに対応させるのは戦略上、非常によろしくなかったからでしょう。

それは始めて5Gに対応したiPhone 12シリーズの売り上げを見ても明らかです。みんな5G対応iPhoneを待っていたのでしょう。

そしてCPUは、iPad Pro(2018)1TBモデル(6GB RAM)に搭載されたCPUの焼き直しであるA12Zでした。A12Xと違うのは8個のGPUコアのうち意図的に無効にしていた1個を有効にしただけでした。

もちろんLiDARセンサーという追加もありましたが、ARを使わなければまったく意味のないものです。

 

iPad Pro(2021)への期待

一方、iPad Pro(2021)は大きな期待が持てます。

既に5G対応のiPhoneは発売され5GへのAppleの対応も明確にされたわけなので、当然5Gに対応するでしょう。iPhone 12では5Gのミリ波での電力消費が増大する問題がありますが、iPad Proでは大容量バッテリーを搭載していますので問題とはならないでしょう。

 

CPUについては従来と同様にiPhone 12に搭載されているA14の強化版であるA14Xが搭載されると噂されています。しかし、A14Xの存在については疑問があります。

こちらの記事でA14X(仮)とされているCPUはどうもM1だったようです。

そのM1がMacに搭載されたことで、MacはIntel x86系から脱却してARM系への移行を始めました。

また、当初からMacとiPadは別物であるとの方針から、マウスやタッチパッドという「パソコン」として利用するうえで重要なユーザーインターフェースのサポートを、頑なに拒んでいました。しかし、大きな方針の転換があったようで、iPadOS 13.4から正式にマウスやタッチパッドを使えるようにしてきました。

結局AppleはiPad ProをWindowsパソコンでいうところの2 in 1、例えばMicrosoftのSurface Proのような位置づけにしたいのかもしれません。

こうなるとわざわざiPad ProのためにA14XというCPUを開発する意味は無いように思えてきます。そう考えるとiPad Pro(2020)が、A12ZというA12Xの焼き直しでお茶を濁した理由も推測できます。

以上から想定できるのはiPad Pro(2021)にはA14XではなくM1を搭載してくるという可能性です。

もちろん、Macとの差別化のためにCPUコア数やGPUコア数は削減される可能性があります。それでも、macOSもiPadOSも同じDarwinをベースとするUNIXですので、将来的にはmacOSで使えるフルバージョンのアプリが使えるようになる期待が持てます。

こちらの記事ではM1と同等性能でM1を元にしたA14Xが搭載されるとあります。

しかし、それはおかしいのです。iPad Pro(2018)やiPad Pro(2020)に搭載されたA12XとA12ZはiPhone Xsに搭載されたA12を元にCPUやGPUのコア数を増やして強化したものです。

したがってA14Xと呼ぶならA14を元にしたCPUでなければおかしいのです。M1を元にしたなら別の名称となるでしょう。

A14の「A」がApple、M1の「M」がMacを表すなら、iPadの「P」を使ってP14などとなるはずです。

Appleは最終的にはmacOSとiPadOS、iOSを統合することを考えているようなので、すべてM1というCPU名でもおかしくないと思います。

どちらにしても、現状のM1と同等性能のM1またはA14Xを積んでくるようです。

 

他にもiPad Pro(2021)にはミニLEDディスプレイの搭載やThunderboltの搭載が噂されています。

ミニLEDは有機ELのように自己発光する光源にLEDを用いたものではありません。それはマイクロLEDと呼ばれるものです。

ミニLEDは液晶ディスプレイのバックライトを小さな区画のLEDにして、よりコントラストを上げる技術です。SonyのBRAVIA X9500Gなどの直下型LED部分駆動の小型版といえるものでしょう。

そして、iPad Pro(2020)までのUSB Type-Cに接続できるものは、USBストレージやDisplay Portディスプレイ、USB PD(Power Delivery)などでした。しかし、ThunderboltがサポートされるとPCIeの広い帯域を活かした、より高速で大容量のストレージ機器や多くのディスプレイを接続できるようになります。

 

まとめ

とりあえず、3月23日(火)のiPad Proの発表はなくなりました。

もちろん発表無しで発売する可能性もありますが、iPad Pro(2021)はiPad Pro(2020)より大幅に性能の向上した製品となることが期待できます。

iPad Pro(2020)を検討しているなら、もう少し待った方がよいでしょう。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18
カテゴリー