iOS 9.3.1リリース、キャリア設定は「ドコモ 24.1」で変更無し、バグも対策済み

iOS 9
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

2016年4月1日にiOS 9.3.1がリリースされました。今回のリリースは事前に予告されていたものです。

新たな文鎮化バグとSafariなどのバグが修正されています。IIJでのテスト結果も問題無いとのことです。

ios931-docomo241

iOS 9.3.1

iOS 9.3のリリース後に2種類の大きなバグが発覚しました。

最初に判明したのは旧タイプのiOS機器でアクティベーションに失敗するというものです。

こちらに関してはマイナーバージョンアップで対応していました。

その後、Safariやメールなどのリンクをクリックするとおかしな動作をする新たなバグが発覚しました。

こちらに関しては、今回リリースされたiOS 9.3.1で対策されています。

iOSの最近のバージョンは以下のようになっています。

  • iOS 9.3(13E233) 最初のリリース
  • iOS 9.3(13E234) iPhone SE、iPad Pro 9.7インチの初期出荷バージョン
  • iOS 9.3(13E236) アクティベーション対策(1)
  • iOS 9.3(13E237) アクティベーション対策(2)
  • iOS 9.3.1(13E238) リンクバグ対策

キャリア設定プロファイルも問題無し

キャリア設定プロファイルは「ドコモ 24.1」でiOS 9.3リリース当初から変更はありません。

IIJでのテストでも問題無いとのことです。

まとめ

数日様子を見ていましたが、新たなバグについてのニュースもありませんでしたので、iOS 9.3に関しての大きな問題は沈静化したようです。

iOS 9.3以前のバージョンには1970年1月1日問題など深刻な問題がありますので、早急にiOS 9.3.1への更新をお勧めします。

関連記事:

この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
iOS 9
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました