全バージョン共通

Microsoft Edgeが使い物にならない理由、リンクのドラッグ アンド ドロップができない

  • コピーしました

Microsoft EdgeはWindows 10から標準ブラウザーとして実装されたアプリですがIEから移るには、まだ問題があります。

リンクのドラッグ アンド ドロップが使えないのです。

ブラウザーでのドラッグ アンド ドロップ

ブラウザーでドラッグ アンド ドロップはどのような場合に使われるかですが、まず、ファイルのアップロードがあります。

OneDriveなどのクラウドストレージにファイルをアップロードする場合は、クラウドストレージのアップロード先をブラウザーで開き、そこにエクスプローラーなどからファイルをドラッグ アンド ドロップするとアップロードされます。

この機能は最初の正式リリース版であるWindows 10 Build 10240では動作しなかったのですが、Build 10565から動作するようになったそうです。

一般で使えるようになったのは、Build 10565以降ですのでWindows 10 バージョン1511(TH2)からになります。

こちらにはMicrosoft EdgeではHTML5のドラッグ アンド ドロップ モデルに対応するとともに、従来のドラッグ アンド ドロップも引き続きサポートするとあります。しかし……。

もう一つのドラッグ アンド ドロップ

こちらの使い方をされている人の方も多い気もしますが、リンクのドラッグ アンド ドロップです。

例えばニュースサイト、記事の一覧から読みたい記事を「クリック」して本文へ、本文から「戻る」で記事の一覧へ、普通はこの繰り返しですが記事の一覧を何度も読み込むため時間がかかります。

このような場合、IEやFireFoxなどのブラウザーを2個開きます。片方のブラウザーに記事の一覧を表示して、読みたい記事をクリックするのではなく、リンクをドラッグして、もう片方のブラウザーにドロップすると読みたい記事が表示されます。次々とドラッグ アンド ドロップを繰り返すことで効率的に記事を読むことができます。

ブラウザーのタブ部分にドロップすることで、次々と新しいタブとして表示させることもできます。

インターネットショッピングで商品を比較するときにも重宝します。

ところが、このドラッグ アンド ドロップはMicrosoft Edgeでは未だにサポートされていません。

URLのショートカットである「.url」や、ピン留めサイトショートカットである「.website」もドロップできません。

Insider Previewに新しく実装されたFeedback Hubで検索してみるとありました。

8ヶ月前ですからWindows 10がリリースされた当初から報告されているにも関わらず「参考」扱いで、Microsoftは改善するつもりはないようです。

なお、この報告に同意する人が増えれば改善の優先順位は上がるかもしれません。

Microsoft-Edge-drag-and-drop-problem-01

まとめ

ドラッグ アンド ドロップはスマホやタブレットなど複数のウィンドウを扱えないデバイスではできない操作です。iOSのSprit Viewや今後のAndroidでは画面分割を実装してきますが、ドラッグ アンド ドロップは当分実装されないでしょう。

複数のウィンドウを使うことができるのは今後もWindowsパソコンやMacの強みです。

そこに対応する気が無いMicrosoftには、デスクトップ回帰の「本気」が感じられません。

関連記事:

Amazonで見る
  • コピーしました

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
このサイトは日本国外からのコメントは受け付けておりません。
This site does not accept comments from outside Japan.



This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18 無料イラスト素材【イラストAC】
カテゴリー