アップデートアシスタント

Solomonレビュー[redémarrage]

システムファイルに潜む「Windows 10 更新アシスタント」の危険性

 

  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

いろいろな対処方法で、どうにか「Windows 10 更新アシスタント」を封じ込めたと安心していたのですが、どうも爆弾を埋め込まれたようです。

「Windows 10 更新アシスタント」の実体

「Windows 10 更新アシスタント」の実体は、

  • C:\Windows\UpdateAssistant
  • C:\Windows\UpdateAssistantV2

だと思っていました。

しかし、本当の実体は別のところにあり、そこからハードリンク(ファイルとしては別でも、ディスク上は同じ場所を指定しているファイル)されているそうです。

これをタスクで起動しているので、タスクを削除し、見えているハードリンクを削除することで、通常使用では問題は発生しなくなります。

 

「Windows 10 更新アシスタント」が爆弾と化す可能性

「Windows 10 更新アシスタント」の本当の実体は、64ビット版では、

  • C:\Windows\WinSxS\amd64_microsoft-windows-oobe-gwe_31bf3856ad364e35_10.0.15063.994_none_97dcb848d9b226f1

32ビット版では、

  • C:\Windows\WinSxS\x86_microsoft-windows-oobe-gwe_31bf3856ad364e35_10.0.15063.994_none_3bbe1cc52154b5bb

にあります。累積更新プログラムに同梱されるので、稼働している期間によってはインストールされていない場合もあります。

Windows 10 バージョン1709にはありません。

フォルダー名に含まれるOOBEとはOut of Box Experienceの略で、Windows 10の初期セットアップで動作するプログラムです。

初期セットアップは、既に稼働しているWindows 10では使われることはありません。しかし、Windows 10には初期状態に戻す機能があります。

「設定」アプリの「更新とセキュリティ」「回復」にある「このPCを初期状態に戻す」がその機能です。

Windows10-Update-Assistant-Bomb-01

パソコンを使っていて不安定になった場合に、Windows 10をクリーンインストールした直後の状態に戻すものです。ユーザーデータは残すこともできますが、アプリは再インストールが必要です。

試しに「ユーザーデータを残す」設定で初期状態に戻したところ「Windows 10 更新アシスタント」はインストールされませんでした。ただし、実体のファイルは引き継がれていました。

 

「ユーザーデータを消す」設定で初期状態に戻したところ、作業が完了してデスクトップが表示された後すぐに、この画面が表示されました。

Windows10-Update-Assistant-Bomb-36

これは「Windows 10 更新アシスタント」による画面です。

「プログラムのアンインストールまたは変更」を見ても「Windows 10 更新アシスタント」はインストールされていません。しかし「Windows」フォルダーには「UpdateAssistantV2」というフォルダーができていることが分かります。

Windows10-Update-Assistant-Bomb-37

これはOOBEによって登録されたものです。

OOBEについてはこちらに説明があります。

 

表示された画面で「今は実行しない」を選択しても、対策をしない限り何度でもアップデートしようとするでしょう。

 

本当の実体を削除するのは不可能

「Windows\WinSxS」の下のファイルは、TrustedInstallerの管理下にあり通常の方法では削除できません。

そのため「このPCを初期状態に戻す」を使用する場合は「ユーザーデータを残す」設定で実行するようにしてください。

「ユーザーデータを消す」設定で使用するならクリーンインストールした方がよいでしょう。

 

まとめ

初期状態に戻すぐらいならバージョンアップしろ、ということなのでしょうが、密かに「このPCを初期状態に戻す」を書き換えるのはどうかと思います。


  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントは4件です

  1. シンさま より:

    TrustedInstaller予想通りですねw

    • Solomon より:

      コメントを頂きありがとうございます。

      そうですね。

      ただ、これは「Windows 10 更新アシスタント」という更新プログラムではなくWindows 10を構成するシステムファイルとして登録されているようです。

      そのためTrustedInstaller管理下になるのは当然だと思われます。

      どちらにしろ、手出しはできませんが。

      • シンさま より:

        64bitの1703ですが、そのフォルダは存在していませんでした。
        残念。

        • Solomon より:

          コメントを頂きありがとうございます。

          過去の何かの累積アップデートに同梱されていたようです。アップデートされたようで古いものもありました。

          無いに越したことはありませんが、解析できないのは残念ですね。

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー