Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windowsにおけるスタート画面の失墜とMicrosoft Mouse

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Windows 8で採用されたスタート画面ですが不評だったようで、Windows 10ではWindows 7のスタートメニューとWindows 8のスタート画面を合わせたようなスタートメニューになったのはご存知の通りです。

この影響が大きいことが意外なところに表れていました。

Microsoft Mouse

マイクロソフトは、自社でハード製品としてマウスやキーボードも販売しています。

その中でもマウスは、その時のWindowsに合わせてボタンが追加されてきました。

インターネットに本格対応してInternet Explorerを普及させはじめた頃に発売されたマウスには「戻る」ボタンが追加されました。

そしてWindows 8では、すぐにスタート画面を表示できるように「Windows」ボタンが追加されました。

Microsoft_Mouse_Windows8

Microsoft マウス キーボード センター

これらのボタンを機能させるためにはドライバーが必要で、マイクロソフトのマウスやキーボードが接続されていいると自動的にインストールされます。

このドライバーは「Microsoft マウス キーボード センター」というソフトで、マイクロソフトの殆どのマウスとキーボードの設定を行えます。

これは、ひとつ前のバージョンであるVer.2.3.188のSculpt Comfort Mouseの設定画面です。

「Windows」ボタンをカスタマイズする設定がありません。何としてもスタート画面を使わせようとしているように思えます。

Start_Menu_03

そしてこれが現状のVer.2.5.166の画面です。

「Windows」ボタンの設定が追加されています。もうユーザーをスタート画面に縛り付ける必要がなくなったためなのでしょう。

Start_Menu_01

そして「Windows」ボタンの設定を見てみると次のお勧めアプリである「Cortana」の起動に割り当てられるようになっています。

Start_Menu_02

まとめ

Windowsの移り変わりに合わせてマウスも変わります。今後はCortanaボタンが付くのかもしれません。

なお、現状ではWindows 10で自動的にインストールされるのはVer.2.3.188ですが、Microsoft マウスキーボードセンターはバグがあり、Ver.2.5.166でも直っていません。

私のところのSculpt Comfort Mouseは、時々マウスカーソルが止まって使えなくなります。

その場合、キーボードでMicrosoft マウスキーボードセンターを起動するとマウスカーソルが動くようになります。

Amazonで見る

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントを御入力された後、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂き「コメントを送信する」をクリックしてください。コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー