LenovoがSurface Pro 4に先駆けてCore m7搭載モデルを発表

Surface Pro
記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

今まではIntelの最新CPUを搭載したモデルはSurfaceが最初でしたが、今回はCPUの出荷と秋冬商戦が重なっとことで、各社同じスタートラインで始められたようです。

Surface Pro 4に先んじて発表されたのはLenovoのideapad MIIX 700です。

日本での発売は未定

こちらの記事に詳細が説明されています。現状では日本での発売時期などは未定です。

Surface Pro 4対抗のideapad MIIX 700

ideapad MIIX 700という製品がSkylake-YすなわちCore m7を採用したモデルです。

簡単にスペックは、

  • CPU:Core m7
  • MEMORY:DDR3L 8GB
  • DISPLAY:2160 x 1440
  • OS:Windows 10 Pro/Home
  • STORAGE:256GB SSD
  • INTERFACE:USB 3.0、USB 2.0、Micro HDMI、、Micro SD
  • SIZE:292 x 210 x 8.95 mm
  • WEIGHT:780 g
  • BATTERY:9 h

となっています。

写真を見るとわかりますが、Surface Pro 3そっくりです。

もちろん、LenovoはSurface Pro 4のスペックを知った上で発表しているでしょうから、ideapad MIIX 700のスペックを見てSurface Pro 4のスペックを想像してみるのも良いかもしれません。

ideapad_miix_700_01

ideapad_miix_700_02

ideapad_miix_700_03

ideapad_miix_700_04

まとめ

パソコンの秋冬商戦にSkylakeの発表が重なったこと、Windows 10の発売などで、多くのメーカーからスペックの違うパソコンが大量に発売されることになりそうです。

その中でも期待されているSurface Pro 4ですがideapad MIIX 700を見ていると、今回はSurface Pro 4の強力なライバル機種が発売されることになりそうです。

関連記事:

Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました