iOS 9のパスコード6桁化の影響

この記事内には広告が含まれています。
(PR)

iOS 9ではパスコードが4桁から6桁に変更されるそうです。

パスコードは4桁というのはキャッシュカードの暗証番号から来ていますので、その影響が懸念されます。

iPhoneなど新しいiOS機器には指紋認証が出来ますので、その機種に限って6桁になるそうです。

4桁に戻せるかは不明です。ただ、オフにも出来ますので、6桁/オフの2択になるでしょう。

問題は、「たかがスマホ」でも6桁なのに、セキュリティに最も慎重でなければならない銀行のカード類が4桁で良いのかという議論になるかもしれません。

キャッシュカードについては、どの銀行でも生体認証(指紋認証、静脈認証)対応カードへの切り替えを無料で行っていますので、今後すべて生体認証カードしか使えなくなるなどの変更はあるかもしれません。

クレジットカードは、ICチップに4桁の暗証番号が書き込まれているので、6桁に対応しているのか、変更はどうやるのか、などの問題があるのですぐには対応できないでしょう。

また、人の覚えられる数字は5桁から7桁とのことですので、6桁というのは覚えられない人も出てくる可能性があります。

何にしろ、4桁という暗証番号の桁数は弱すぎるのは確かです。暗証番号が4桁という常識を考え直すよい機会でしょう。

この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
iOS 9
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました