Intel HD Graphicsの問題はハード・バグの可能性も

NUC
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

Intel HD Graphicsはいろいろと問題が多いのですが、ソフト的な問題だけではないようです。

最近のNUC6CAYH

Intel NUC NUC6CAYHを使っていてBIOSのダウングレードに失敗して修理する羽目になりました。

修理には2か月以上かかるとのことで代替えを用意する必要がありました。

もうそろそろGemini LakeのPentium SilverやCeleronを搭載した新しいNUCが発売されるはずなのですが、時期が悪く、結局、同じNUC6CAYHを購入することになりました。

Windows 10 バージョン1709をクリーンインストールして、ダメもとで最新版のIntel HD Graphicsドライバーをインストールしました。

以前に使っていたNUC6CAYHでは、15.45.16.4627以降のドライバーで画面がちらつく(下部が一瞬、横に流れる)バグがありました。

これはIntel HD Graphicsドライバーの問題だと思っていたのですが、新しく購入したNUC6CAYHではこの問題が発生しませんでした。

 

ハード・バグの可能性

同じドライバーで症状が違うということはハード側が違うということになります。

修理に出したNUC6CAYHは日本で発売された直後に購入したので初期バージョンということになります。

その時に調べたCPU-Zの画面がこちらで、

Intel-HD-Graphics-Hard-Bug-01

新しい方の画面がこちらです。SteppingもRivisionも違いはありません。

Intel-HD-Graphics-Hard-Bug-02

修理に出したNUC6CAYHでは記録していなかったので比較しようがないのですが、MainboardのChipsetとSouthbridge、

Intel-HD-Graphics-Hard-Bug-04

GraphicsのRevisionが「B」となっています。

Intel-HD-Graphics-Hard-Bug-07

画面がちらつくIntel HD Graphicsドライバーのバージョン15.45.16.4627のファイルの更新日が2017/3/20となっていますので、チップセットかメインボードの不具合を修正してそれにドライバーを合わせたら初期のNUC6CAYHで問題が発生したという可能性があります。

 

まとめ

NUC6CAYHの状況を見るとIntelは不具合があっても、発表もせず密かに修正し、以後、新しい製品に合わせたドライバーを提供している可能性があります。

もしもIntel HD Graphicsの不具合がドライバーをアップデートしても改善しない場合は修理に出した方がよいかもしれません。

 

Amazonで見る
この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
NUCPC本体
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました