Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

タカラトミーから組み立て式ロボット、メカノイド(MECCANOID) 2モデルが11月7日に発売

 

Pocket

TAKARA TOMYから組み立て式のロボットが大小2種類発売されます。

プログラミングできる動きと音声認識、合成音声による会話が可能とのことです。

価格が3万円、5万円と少々高いのが難点です。

概要

メカノイドのニュースおよびタカラトミーの製品サイトです。MECCANOIDはOmnibotのシリーズです。

紹介動画です。(YouTube)

製品仕様です。

大きい方 小さい方
型番 G15KS G15
高さ 122cm 61cm
サーボ数 8 4
パーツ数 1223 621
電源 ニッケル水素充電池 単二アルカリ乾電池
価格 50,000円(税別) 30,000円(税別)

サーボ数が違うことから小さい方は動きも少なくなると思われます。

動きはプログラムすることも、スマホのアプリを使って自分の動きをモーションキャプチャーさせることもできます。

ファームの更新などはパソコンにUSB接続することで行えるようになるそうです。

このロボットはTAKARA TOMYで開発したものではなく、玩具メーカーのSPIN MASTERが開発したものをOEMで販売するようです。

英語ですが、より詳しい情報が記載されています。

GS15KS_03

GS15_07

組み立て式なので、別のロボットにも組み替えることができるそうです。

GS15_10

細かな説明はこの画像に記されています。

GS15KS_13

まとめ

Pepperより安いとは言え、それなりの価格ですので売れるかどうかはわかりません。

大きい方は来年3月の発売となったようです。小さい方の売れ行きを見てからということかもしれません。

もし、売れれば、骨組みだけという構造から、服や帽子などを作るメーカーが出てくるかもしれません。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ