iOS 10.0.1(ドコモ 25.1)がリリースされ、MVNOでの確認でも問題ありませんが、更新は慎重に

ios1001-docomo251.png
Pocket

iOS 10がリリースされました。キャリア設定プロファイルは「ドコモ 25.1」です。

MVNOでの確認でも問題無いとのことです。ただし、メジャーバージョンアップであるためアプリの互換性が懸念されます。毎日ログインが必要なゲームなどiOS 10への対応状況を確認してから更新した方がよいでしょう。

iOS 10.0.1リリース

日本時間で2016年9月14日 AM2:00からiOS 10の配布が始まりました。iOS 10の新機能についてはAppleのサイトで説明されています。

今回はサーバーへのアクセスが集中してダウンロードできないようなことはなく、比較的早くアップデートすることができました。とは言え、iPhone 6 Plus版でも1.2GBもあるのでモバイル環境ではなく、自宅で落ち着いて更新した方がよいでしょう。

アップデートが配布された直後、更新後にiTunesへの接続が要求されるなどという情報がありました。これは更新に失敗して初期セットアップの状態になったためのようです。ただし、既に修正は完了しており、これからアップデートする場合には問題は発生しません。

既にアップデートに失敗した状態になってしまった場合の対処方法はAppleから公開されています。

この状態になった場合は、WindowsパソコンかMacのiTunesに接続して復旧する必要があります。可能な場合は再度アップデートを試みるそうなのでデータは引き継がれます。復元しか選択できない場合はバックアップから復元するのでバックアップを取っていない場合は最初から設定し直しとなってしまいます。

私は何となく心配だったのでiTunes経由でアップデートしました。iTunes経由の場合は先にiTunes 12.5.1にアップデートしておく必要があります。

他にも私の場合は、HotmailやOutlook.comなどのMicrosoft系メールのパスワードが飛んでしまい、すべてのアカウントで再設定が必要でした。

蛇足ですがMicrosoft系メールのサーバー仕様が変わっています。従来のOutlook.comの設定でも接続できますが、Exchangeの設定に切り替えた方がよいでしょう。設定方法は一度アカウントを削除し、Exchangeを選んで設定し直すだけで入力項目などは同じです。

iOS-10-0-1

MVNOでのテストでも問題無し

正式なバージョン番号はiOS 10.0.1(14A403)でキャリア設定プロファイルは「ドコモ 25.1」となります。

ios1001-docomo251

IIJmioでのテストでも問題無いとのことです。

ただし、SIMフリー版iPhone 4s、iPhone 5に「ドコモ 24.2」が配布されていて設定変更が必要とのことです。iOS10はiPhone 5以降に対応なので機種ごとにいろいろ状況が違うようです。

更新は慎重に

今回の更新はメジャーアップデートです。モバイル通信に問題は無くともアプリの対応次第ではアップデートすると問題が発生することもあります。

例えばこんなキャンペーンがある場合、何かしらの不具合が発生してアプリを起動できなくなるとキャンペーンに参加できなくなります。


バトガはiOS 10でも問題無く動作していますが、自分にとって必須のアプリについては事前にiOS 10への対応状況は確認しておいた方がよいでしょう。

まとめ

セキュリティ面での対応はiOS 9.3.5で成されています。iOS 10に更新する意義は新機能を今すぐ使うことにあります。

iOS 10の新機能が自分にとって必要の無い機能ならモバイル通信面だけでなく、アプリ面での問題が無いのか暫く様子を見た方がよいでしょう。

関連記事:

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*