Adobe Acrobat Reader DC 2019

Solomonレビュー[redémarrage]

Acrobat Reader DC 2019でも邪魔な「ツールパネルウィンドウ」「タスクパネルウィンドウ」を消せます

 

  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Acrobat DCもCreative Cloudと同様に西暦をバージョン番号として使うようになり、バージョン2019にアップデートされました。

従来のAcrobat Reader DC 2018と同様に「ツールパネルウィンドウ」と「タスクパネルウィンドウ」は消したままで起動できます。

Acrobat Reader DC 2019

2018年10月2日にAdobe Acrobat Reader DC 2019が公開されました。

Acrobat DCもCreative Cloudと同様にサブスクリプションでの販売に移行したためか、Acrobat DCという製品名は変えずに西暦をバージョン番号とするようにしたようです。

Acrobat-Reader-DC-2019-02

従来のAcrobat Reader DC 2018を使っていれば自動的にバージョンアップされて2019になっているはずです。

アップデートされていない場合は、メニューの「ヘルプ」「アップデートの有無をチェック」からアップデートしてください。

Acrobat-Reader-DC-2019-10

 

「ツールパネルウィンドウ」、「タスクパネルウィンドウ」の消し方

設定方法は従来と同じです。既に設定してあればアップデート後も引き継がれます。

ただし、アップデート直後は「ツールパネルウィンドウ」が表示されるので閉じてください。

Acrobat-Reader-DC-2019-03

設定を行っていない場合は、以下の手順で設定してください。

メニューの「編集」「環境設定」をクリックします。

Acrobat-Reader-DC-2019-04

分類の「文書」を選択して「ツールパネルの現在の状態を記憶」にチェックを入れて「OK」をクリックして閉じます。

これで設定は完了です。

Acrobat-Reader-DC-2019-05

PDF文書と「ツールパネルウィンドウ」の境目の「右三角」をクリックして「ツールパネルウィンドウ」を閉じます。

Acrobat-Reader-DC-2019-06

Acrobat Reader DC 2019では「タスクパネルウィンドウ」が残りますので、右下の矢印にマウスカーソルを合わせると、

Acrobat-Reader-DC-2019-07

「タスクパネルウィンドウを非表示」と表示されますので「右矢印」をクリックして閉じます。

Acrobat-Reader-DC-2019-08

これでAcrobat Reader DC 2018と同様に「ツールパネルウィンドウ」を完全に消せます。

以後は別のPDF文書を開いても「ツールパネルウィンドウ」は表示されなくなります。

Acrobat-Reader-DC-2019-09

 

まとめ

特に変更はありません。

従来通りの設定で「ツールパネルウィンドウ」は非表示にできます。


  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントを御入力された後、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂き「コメントを送信する」をクリックしてください。コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー