Surface 3を触ってみて

Surface
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

量販店で展示が開始された、Surface 3を触ってきました。

確かに速いですね。8インチタブレットとは違います。

軽くなったとのことですが、持った感じでは、Surface Pro 3との違いはあまりわかりませんでした。

ペンを使った操作や、Type CoverなどもSurface Pro 3とあまり変わりありません。

電源コネクターがMicroUSBとなってしまったので、抜き差しが固くなってしまったのはマイナスです。

 

やはり、Y!mobileで売られているため、店員はLTEを推してきます。

店頭で触ってみて、使用感はつかめるでしょうが、「遅いAtom」を実感することは出来ませんでした。

何も知らない人なら買ってしまいそうです。

知っている人でも、言われるほど問題は無いのではと思ってしまうでしょう。

 

Surface 3が気になるけど、本当のところはどうなのと思っている人は、逆に展示品に触らない方が良いかもしれません。触ったら買ってしまうでしょう。

Surface 3とはそれほどうまくチューニングされたマシンということです。唯一の救いはLTE版しか無いため、そこで理性が働く可能性はあります。

Amazonで見る
この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
Surface
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました