iPhone 4のアンテナ問題

この記事内には広告が含まれています。
(PR)

とうとうトヨタの自動車をリコールに追い込んだ米消費者情報誌「コンシューマー・リポート」がiPhone 4の購入を推奨しないとの記事を掲載しました。すでにAppleはソフトの問題であるとの見解を示していますので、ここで動けばハードの問題であることを認めることになり、何もしないとは思いますが。

iPhone 4は2枚の硬質ガラスで挟む構造をとっています。調べてみるとガラスも材質によっては電波を通し難いそうですので、アンテナは人が持つ側面しかなくなり、デザインを重視した結果の構造欠陥といえるでしょう。

そもそも今回の問題はジョブズ氏が利用者のクレームに対し持ち方を強制したことの端を発し、ソフトの問題と決着づけました。これは非常に危険な選択です。アンテナの感度表示に関する基準は無いので、ソフトでいくらでもごまかせることを暴露したことになり、アンテナ表示の信頼性を根底から崩してしまいました。通信機メーカーであるNECやFujitsuでは考えもしない回答でしょう。

無線の感度が持ち方で変わるのはiPadでもPSPでも経験していますので仕方ないと考えていますが、今回の問題はこれまで抱えてきたAppleに対する不満がジョブズの返答で爆発したというところでしょうか。

病気になってからジョブズ氏の政策は何かおかしいところがあるように感じます。死ぬ前に何かやらなければならないことがあるのでしょうか。

この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
iPhone
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー
タイトルとURLをコピーしました