Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10の発売日が決定、PC購入はプリインストール版が出るまで待ちましょう

 

Pocket

Windows 10の発売日が2015年7月29日(水)に決定しました。

こうなったら、メーカー製PCの購入はWindows 10プリインストール版が出るまで待つべきです。理由はリカバリー領域の問題です。

月末ですが週中という妙な日の発売です。マイクロソフトのニュースリリースには発売地域について言及がありませんので日本も含まれると思われます。

異例の早さで発売が決まったWindows 10ですが、最初のリリースには実装が間に合わない機能もあり、逐次アップデートされていくことになります。

また、Insider Previewを使っていると、この早さは製品の安定度にも影響しているように思えます。そのため最悪の場合、初期状態からセットアップをやり直すことになるかもしれません。

リカバリー領域に保存されたWindowsはPCメーカーがプリインストールソフトなどをカスタマイズしたものなので、Windows 8.1からWindows 10にアップグレードしてもリカバリー領域はアップグレードされずそのままです。

Windows 8.1版を買ってしまったら、まず、Windows 8.1で復旧させ、更にWindows 10をダウンロードしアップグレードさせ、最後にその時点までのパッチを適用することになります。また、OSをアップグレードするとWindows.oldというフォルダーが残ってしまいます。

もしも、売却して新しいPCに乗り換えるにしてもプリインストールOSの種類で価値が変わってきます。

同じ機種でも順にWindows 10版に置き換わりますので、後々のことを考えるならWindows 10版を待つべきでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ