Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Skylake以降のCPUでWindows 7/8.1を使う危険性と対策案

 

Pocket

新しいCPUを搭載したパソコンについてMicrosoftはWindows 10以外はサポートしないと表明しています。

期限やサポート対象など細かな規定があるのですが、問題なのはサポートしないWindowsにはパッチが提供されなくなる可能性があることです。

Skylake搭載のメーカー製PCのサポートは古いCPU搭載のPCと同様に

MicrosoftはSkylakeが発売された当初、Skylake搭載のPCのWindows 7/8.1のサポート期限を古いCPU搭載のPCより短縮することを表明していました。

Skylakeより古いCPUに対してはWindowsライフサイクルファクトシートに従い、Kaby Lake以降のCPUに対してはWindows 10以外のクライアントWindowsは全くサポートしないことになっています。しかし、SkylakeだけはWindows 8.1からWindows 10に移行する時期に発売されたCPUということでの特別処置でした。

ところが、これらを撤回しSkylake搭載PCも、古いCPUを搭載したPCと同じ扱いになりました。

正確なサポート期限はセキュリティアップデートが提供される延長サポートまでと考えると、

ということになります。

自作PCでのWindows 7/8.1のサポートは既に終了

それならばCore i7-6700Kなどを搭載した自作PCや話題のNUCであるSkull CanyonをWindows 7/8.1で使っていても問題無いと思うかもしれません。しかし、このサポート期限が適用されるのはメーカー製PCだけとのことです。

WindowsにはDSP版の他にDVDが付いているパッケージ版やプロダクトキーだけのダウンロード版がありますが、メーカー製PC以外はすべて同じ扱いのようです。

MicrosoftのFAQにはサポート対象しか明記されていないため逆説的にそれ以外をサポート対象外と捉えているようです。そのためサポートが終了した時期も明確ではありません。

1番目の記事の中にこのような記述があります。

サポート対象外の製品については、ユーザーサポートが受けられないだけでなく、Windows Updateの更新も受けられないため、利用は推奨できない。

ただし、この記述には疑問があり、Windows Updateにメーカー製PCなのか自作PCを区別する機能などあるのかということです。

手元のCore i7-6700Kを積んだPCはWindows 10なので直接は確認はできないのですが、Hyper-Vの仮想PC上にダウンロード版Windows 7 Professionalをインストールした環境がありますので確認してみました。

仮想PCからもCPUはCore i7-6700Kと認識されていることが分かります。

Skylake-Windows7-update-04

Windows Updateを実行してみると2016年8月16日公開の更新プログラムがオプションとして表示されています。これは「Windows Updateの更新も受けられない」という記述と矛盾します。

Skylake-Windows7-update-03

USB3.0だけしか搭載されていないPCにWindows 7をインストールする方法の記事へのアクセスがあることから、新しいPCを購入してもWindows 7で使っている方は結構いると思われます。その状況でWindows Updateが問題になっていないことから、現状ではSkylake搭載PCにWindows 7/8.1をインストールしてもWindows Updateで更新が受けられない状況にはなっていないと思われます。

ただし、Microsoftは公式にはメーカー製PCしかサポートしないと表明している以上、今後、何かしらの仕組みをWindows Updateに組み込んでサポート対象以外のPCに更新を配布しなくなる可能性はあります。

Windows 7/8.1を使い続けるということ

今後Skylake以前のCPUが入手できなくなり、Kaby Lake以降のWindows 7/8.1がサポートされないCPUしか入手できなくなることを考えると対策は必要と思われます。

最善策はWindows 10に移行することです。

ソフト対応の問題や予算の問題など移行を妨げる問題はあると思います。しかし、Microsoftの戦略にブレはありません。Windows 10以外のクライアントWindowsの稼働を止めることです。

Windows 10への強制アップグレードはMicrosoftに言わせればサービスの一環でしょう。移行しなかった人は安心してWindows 7/8.1を使い続けられるかというと、上記のサポート期限の問題と古いCPUの販売終了によりそれほど猶予は無いのです。そして移行には無償アップグレードを蹴ったツケが回ってきます。(実際には未だに無償で移行可能)

Kaby Lake、Apollo LakeでのWindows 7利用は事実上不可能

Kaby LakeやApollo Lakeが実際に市場に出始めましたがBIOS設定やドライバーの提供状況を見るとWindows 7の利用は事実上不可能となっています。

USB3.0のドライバーが提供されていないためPS2やUSB2.0が搭載されていなPCはキーボードやマウスが使えません。そのためWindows 7のインストールができません。予めWindows 7をインストールしておいたHDDに換装してもUSB3.0は使えません。

Windows 8.1はWindows 10とほぼ同じなのでドライバーは使えるでしょうがWindows 8.1を使うぐらいならWindows 10に移行するでしょう。

(2017/3/16 追記)

仮想PCに移行するという案

今回のテストがWindows 7をインストールしたSkylake搭載の実PCではなく仮想PCだったためだと考えると、Windows 7/8.1は仮想PCに移行しておいた方がよいかもしれません。

企業などでは実PCを仮想PCに移行して設置面積や消費電力の削減を図ります。仮想PCが動作しているPCが故障した場合、交換したPCに仮想PCを移しても仮想PCは動作しているPCが変わったことの影響は受けません。

そのため、今後もWindows 7/8.1を使わなければならない理由があるなら、仮想PCに移行しておくことで実PCをKaby Lakeに買い替えたとしても引き続きWindows 7/8.1を使い続けることができると思われます。

仮想PCは使い慣れると非常に便利なのですが、難しい部分もあるのでここでは説明しません。ただ、こういう生き残り方もあるということです。

まとめ

まずは、Skylake搭載PCでWindows 7/8.1を使っている場合はWindows Updateで更新が表示されるかを確認しておいてください。

もしも更新が表示されなくなった場合は、古いCPUのPCに乗り換えることやWindows 10への移行を検討してください。放置するのは危険です。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索


Microsoft Public Affiliate Program (JP)Microsoft Public Affiliate Program (JP)
人気の投稿
最近のコメント



nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ