UHD BD

Solomonレビュー[redémarrage]

Corelが4K Ultra HDブルーレイ対応のWinDVDを発売予定?

 

  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

昨年のPowerDVD 17発売以降4K Ultra HDブルーレイのPCでの再生ソフトはCyberLinkの独占状態でしたが、今春はWinDVDというライバルが登場しそうです。

4K Ultra HDブルーレイ

まず、呼び名を正しておく必要があります。ウルトラHDブルーレイ、UHD BDなどと呼ばれている4K対応のブルーレイソフトですが、推奨表記が

4K Ultra HDブルーレイ

に決まったそうです。

8K放送も始まるというのに「4K」と限定してしまってよいのかと思うのですが、現時点では「4K」と付けた方がユーザーには訴求しやすいからでしょう。

 

4K Ultra HDブルーレイの再生環境

昨年4月のPowerDVD 17の発売以降、4K Ultra HDブルーレイの再生環境が整うかと思っていたのですがあまり進んでいません。

最大の理由は4K放送が始まっていないこと、そして4K放送を録画できるレコーダーが発売されていないことです。

まあ4K放送が始まっても4Kレコーダーが発売されるかは微妙な状況ですが、録画用ディスクの仕様は決定しています。

自分で記録でもしなければ、わざわざPCで見ようなどと思いませんからドライブも売れないようで4K Ultra HDブルーレイに対応したドライブは5インチベイタイプよりポータブルタイプが多いようです。

そしてPCもドライブを買えば済むものではなくCPUの対応も必要です。

そうは言え、それなりの土俵ができてきたことも確かで今年は4Kが一気に普及する可能性もあります。

 

4K Ultra HDブルーレイ対応WinDVD

4K Ultra HDブルーレイをPCで再生するにはAACS2.0対応のBDドライブとIntel SGX対応のCPUそして、4K Ultra HDブルーレイに対応した再生ソフトが必要です。

以前から、CyberLinkのPowerDVDとCorelのWinDVDは競っていましたが、昨年のPowerDVD 17発売でWinDVDは大きく離されてしまいました。

WinDVDはパッケージ版も販売されていますが、メーカー製PCへのプリインストールソフトに方針を変更したようです。

そして最近こんなアップデートが配布されました。

これは4K Ultra HDブルーレイに対応した「LIFEBOOK AH90/B1 FMVA90B1」

(Amazon)

専用のアップデートですが、パッケージ版発売に向けて最終調整しているということなのでしょう。

4月にはCyberLinkもPowerDVD 18を発売するでしょう。それに対抗する形で4K Ultra HDブルーレイに対応したWinDVDを発売する可能性があります。

WinDVDは

  • WinDVD 9
  • WinDVD 2010
  • WinDVD 11
  • WinDVD 12

と来ていますので、名称は「WinDVD 13」または「WinDVD 2018」となるのでしょう。

 

まとめ

4K Ultra HDブルーレイの再生環境は順次整ってきています。そしてPowerDVDに対抗するWinDVDも出て来るようです。

あとはAMDのIntel SGX相当への対応ですが、Ryzenがより広い用途での普及を狙うなら何かしらの方法で対応してくるでしょう。

サイバーリンク PowerDVD 18


  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー