Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10とSecure Bootと最低画面解像度800×600

 


Windows 10の記事についての続きです。

こちらの記事には気になる点が幾つかあると言いましたが、ここでは、残りのSecure Bootと画面解像度について記します。

Secure Boot

この記事によると、「Windows Desktop Minimum Hardware Requirements」すなわち最低ハードウェア要件として「Firmware UEFI 2.3.1 Secure boot enabled」が必要とのことです。

UEFIとBIOSは同等の意味なので、UEFI BIOSとは言わず、単にUEFIと言うのが正しいのですが、従来の物を単にBIOS、UEFIに対応したものをUEFI BIOSと呼んだ方が分かりやすい気がします。

最初はWindows 7の頃に、GPT対応などでUEFIが搭載されたマシンが出て来ました。しかし、Windows 7からWindows 8.1までSecure Bootは必須ではありませんでした。

Windows 8が出た当初、Secure Bootが正しく構成されていないというエラーが頻繁に発生し、対処に困りました。結局、UEFIやドライバーに問題があったためで、アップデートの過程で修正され、Secure Bootが正しく構成されていないというメッセージも見なくなりました。

SecureなBootとは、出処が信頼出来るプログラムでしかBoot出来ないようにして、ウイルスなどにシステムを乗っ取られることを防ぐ機能ですが、デフォルトでは無効となっています。

そのため、UEFIがSecure Bootという機能として持っていても、誰も使っていませんので、正しく動作するのどうか疑問が残ります。

また、UEFI 2.3.1というバージョンも問題です。今使っているIntel NUC DN2820FYKHのIntel Visual BIOS画面で確認してみましたが、2.2.1とか2.3.Xというそれらしき数字はありましたが、これがUEFIのバージョンなのかわかりません。

記事にあるように、ハードウェア認定を受けてWindows 10対応のロゴを得るためだけの条件ならよいのですが、Windows 10のインストール条件となると、Windows 7世代のハードの中には、Windowsのライセンス上は問題無くとも、ハード的にWindows 10のインストールが不可能となるマシンが出てくる可能性があります

現状のWindows 10 Technical Preview Build 10049では、Secure Bootは必須とはなっていませんので、今後どうなるかは不明です。

 

最低画面解像度 800×600

Windows 8以降、Windowsストアアプリを動作させる最低解像度というものが定義され、Windows 8で1366×768、Windows 8.1では若干緩和され、1024×768になりました。それでもNet Book時代のマシンは1024×600なのでWindows 8.1をインストール出来ても、Windowsストアアプリを起動することは出来ませんでした。

これがWindows 10では、800×600まで緩和されるとのことです

最低解像度が1024×768のつもりで開発していたWindowsストアアプリは修正を強いられるわけですが、これでWindows 7が動作しているNet BookでもWindows 10が使えるようになる可能性が見えてきました。

ただし、Secure Bootの問題があります。Net Book時代にはUEFIを積んだものは無いと思われるので、Secure Boot必須となれば、やはりNet Bookでは使えないことになります

 

まとめ

必須条件となるのかどうか分かりませんが、Secure Bootが原因で、古いWindows 7マシン、Windows XP、Windows VistaからWindows 7にアップグレードしたマシンは、Windows 10にアップグレード出来なくなる可能性もあるということです。

Windows 10が最後のメージャーバージョンになるとの噂もありますから、この機会にWindows 10対応ハードに乗り換えた方がよいのかもしれません。


 

comment closed

Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18
カテゴリー