Windows 10正規版はInsider Program先行、一般ユーザーは後回し

Insider Preview
記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

Windows 10 正規版は2015/7/29からInsider Program参加者に対して先行して配布するとのことです。

品質はどうあれ7月29日リリースと大々的に宣伝しておいて一般ユーザーは後回しとは、順番が逆ではないでしょうか。

理由はわかります。

正規版としたBuildは7月29日の2週間前には出荷用として固定され手がつけられなくなります。

出荷後もできるだけバグを減らすため、Insider Program参加者にテストしてもらうことが目的です。

しかし、Windows 10へのアップグレード予約を決意した人たちは、製品の完成度より入手することに価値を見出していたはずです。

それを後回しにするくらいなら、3ヶ月も出荷を早めずWindows 10を完成させるべきでしょう。

それだけMicrosoftはAppleやGoogleに追い詰められているということかもしれません。

どちらにしても、一般ユーザーが7月中にWindows 10を入手できる可能性は低いでしょう。

関連記事:

Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました