Windows 8.1

Windows 8からWindows 8.1へのアップグレード

  • コピーしました

Windows 8からWindows 8.1へのアップグレードは無料ですので、最近おまけで付いてくるWindows 8や、在庫処分で安く売られているWindows 8を入手してWindows 8.1の環境を安価に構築するのも良い方法だと思います。

概要

ただし、Windows 8からWindows 8.1へのアップグレードはサービスパックによるアップグレードとは異なり、名称では0.1の違いでも、別のOSとしてのアップグレード処理が行われていました。

今回、実家のPCのOSを更新するにあたりWindows 8からアップグレードしたWindows 8.1を使うか、最初からWindows 8.1を使うかを判断するために簡単な検証を行いました。

 

検証環境

実PCに余りが無いので、検証は仮想PCで行っています。今回はMac miniにVirtualBoxをインストールして、仮想PCを使って検証を行いました。

仮想環境はいろいろあります。Windows 8.1にもHyper-Vが付いています。しかし、Hyper-Vはサーバーの仮想化が目的で、Windows Server上で運用することを前提に作られているためか、仮想PCのサウンドドライバーが提供されていません。そのためクライアントPCを再現するには不向きです。

Macには、Boot CampというWindowsを実行できるようにする環境もありますが、これは起動するOSを選択できるもので、Mac OSとWindowsを同時に起動できるものではないので、いろいろと不便です。

VirtualBoxはサウンドドライバーもサポートされており、更にDirect3DもサポートしているのでクライアントPCを再現するのには向いています。VirtualBox自体はWindows環境でも動作しますので、検証するPCはWindowsでも問題ありません。

 

検証対象エディション

Windows 8からWindows 8.1にアップグレード出来るエディションには制限があります。Windows 8とWindows 8 Proは、アップグレード出来ますので、普通に入手出来るエディションなら問題ありません。

  • ストアで更新プログラムが見つからない理由

こちらのページによるとWindows 8 Enterpriseからはアップグレード出来ないとのことです。

  • TechNet Evaluation Center 以前のバージョン

通常、検証は評価版を使って行いますが、ここで提供されるWindows 8 Enterprise評価版では検証を行えないことになります。

今回は、別のPCにインストールしてライセンス認証が完了しているWindows 8 Proを使いました。インストール後、既に別のPCでライセンス認証されているので認証出来ないとのメッセージが表示されますが、アップグレードは行えます。

 

仮想PC環境

VirtualBoxでWindows 8の環境を作ると、デフォルトで2GBのメモリーと25GBのハードディスクが確保されます。しかし、25GBではアップグレードに失敗しますので30GB以上は確保しておく必要があります。

 

Windows 8のインストール

仮想PCにWindows 8 Proをインストールします。ライセンス認証はされませんが、そのまま進めます。インストールが完了したら、Windows Updateの全ての更新を適用します。実際には次の2個の更新がインストールされていればよいようですが、簡単に済ませるために全てを適用しました。

 

Windows 8.1へのアップグレード

更新が表示されなくなるまで、何度も更新の適用と再起動を繰り返していると、このような画面が表示されますので、「ストアにアクセスする」をクリックします。

Upgrade-from-Windows8-to-Windows81-01

この画面が表示されなくても、ストアを起動するとWindows 8.1へのアップグレードが表示されます。表示されない場合は、下記のサポート情報を確認します。

  • ストアで更新プログラムが見つからない理由

ストアへのアクセスおよび、Windows 8.1への更新のダウンロードにはマイクロソフトアカウントは必要ありません。

更新には、ダウンロードに3.5GB程度、更新の適用に3.5GB程度のディスクが必要となります。

 

アップグレードされたWindows 8.1

更新が完了すると、Windows 8.1の環境に移行します。ユーザー環境はそのまま引き継がれますので、何も変わっていないように思えます。しかし、ディスクを見てみると旧バージョンのOSからアップグレードした場合と同様に、Windows.oldというフォルダーが出来ています。ここにはWindow 8が残っています。アプリケーションをインストールしていない状況で6.5GBほどあります。これは通常は削除してよいフォルダーです。

Upgrade-from-Windows8-to-Windows81-02

また、Windows Updateの更新履歴を見ると、Windows 8で適用した更新の記録が残っています。

 

まとめ

Windows 8は今となっては安価に入手でき、最新のWindows 8.1に無料でアップグレード出来るお得なものです。しかし、Windows 8.1をクリアインストールした場合と異なり、ゴミが残ってしまうこと、再インストールが必要になった場合に2倍以上の時間がかかることなど、デメリットもあります。

新規にWindows 8.1の環境を構築する場合はこれらを考慮して、安価なWindows 8を入手するか、素直にWindow 8.1を入手するか、検討した方がよいでしょう。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
このサイトは日本国外からのコメントは受け付けておりません。
This site does not accept comments from outside Japan.



This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18 無料イラスト素材【イラストAC】
カテゴリー