iOS 11.3リリース、待望の「ピークパフォーマンス性能」評価機能を搭載

iOS 11
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

iPhoneのバッテリー問題はバッテリー交換費用の値下げまで騒ぎが大きくなりました。

今回、問題となった、iOSが認識しているバッテリーの劣化状況を表示する機能が搭載された、iOS 11.3がリリースされました。

iOS 11.3リリース

2018年3月30日にiOS 11.3がリリースされました。

これはiPhone 7 Plusの場合ですが、非常に大きなサイズとなっています。Wi-Fi環境でのアップデートをお勧めします。

iOS113-docomo321-02

セキュリティアップデートも含まれていますが、現状はまだ翻訳されていません。

 

ドコモ 32.1

キャリア設定プロファイルもiOS 11.2.6の「ドコモ 31.0」から

iOS113-docomo321-03

「ドコモ 32.1」に変わっています。

iOS113-docomo321-01

iPhone 8/8 Plus/Xに関しては、「ドコモ 32.1」に更新することで下り通信速度が500Mbpsから594Mbpsにアップするそうです。

最近は総務省の目があるので、MVNO苛めも無くなってきており、MVNOでも問題は起きないと思います。それでもMVNOを使っている場合は、対応状況を確認してからアップデートした方がよいでしょう。

IIJの場合は、こちらのtwitterで通知されます。

 

バッテリーの状態(ベータ)

今回のアップデートの目玉ですが、「設定」アプリの「バッテリー」に「バッテリーの状態(ベータ)」が追加されています。

iOS113-docomo321-04

タップすると「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」が表示されます。

「ピークパフォーマンス性能」は、一目で分かるような表示ではありません。

iOS113-docomo321-05

バッテリーの最大容量は、バッテリーケア(Battery Care)やバッテリー・ライフ(Battery Life)などのサードパーティ製アプリと同じですが、数値のみで表示します。

問題は「ピークパフォーマンス性能」です。

ゲームなどで急激にCPUとGPUに負荷がかかると大電流が流れ、それにバッテリーが耐えられないと急激な電圧低下が起き、iPhoneが突然シャットダウンしてしまいます。

「ピークパフォーマンス性能」とは、そのような状況でも耐えられるバッテリーかどうかを表しています。

噂では、耐えられない場合は、シャットダウンしてもよいのでパフォーマンスを優先するか、シャットダウンしないようにパフォーマンスを落とすかを選択できるとのことでした。

私のiPhoneは耐えられるバッテリーなので、その選択肢が表示されるのかは分かりません。

 

iPhone限定機能

こちらは第1世代iPad Pro 12.9インチですが、「バッテリーの状態(ベータ)」がありません。

iOS113-docomo321-06

先ごろ発売になりました廉価版iPadを店頭で確認したところ、やはり「バッテリーの状態」はありませんでした。

この機能は、iOS 11.3ではiPhone限定の機能のようです。

 

まとめ

セキュリティアップデートもありますし、ようやく搭載された「バッテリーの状態」もあります。

アップデートした方が良いのですが、MVNOの確認と、容量の問題から、帰宅してからゆっくりアップデートした方がよいでしょう。

この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
iOS 11
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました