Creative Cloudに表示されるAcrobatの「アップデート」に注意しましょう

Adobe Acrobat
記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

数日前にAdobe Creative CloudのWindows版ソフトがアップデートされました。

それに合わせて「Acrobat DCのアップデート」なるものが表示されるようになりました。

間違えてはいけないのは、Adobeの「アップデート」はMicrosoftで言うところの「アップグレード」であるということです。

Adobe CS6での表示

現状でサポート対象となっているAdobe CS6及びAdobe Acrobat X以降の製品では、更新の管理がAdobe Creative Cloudで集中管理されるようになりました。

数日前にAdobe Creative Cloudが更新されてこのような表示が出るようになりました。

Creative_Cloud_01

Adobe CS6に付属するAcrobat ProはX(Ver.10)であり、Acrobat DCは競合するのでAcrobat DCはインストールしていません。

にも係わらず「アップデート」と表示されています。

「アップデート」ではなく「アップグレード」

このまま「アップデート」すると旧バージョンのAcrobatはアンインストールされてAcrobat DCがインストールされます。

無償で最新版が使えるわけはありませんので、体験版がインストールされ試用期間終了後に購入を即されることになると思われます。(試していません)

メジャーバージョンが変わりますので「アップデート」ではなく「アップグレード」または「バージョンアップ」と呼ぶべきでしょう。

まとめ

この「アップデート」ボタンは今までの更新に見せかけた「購入」ボタンです。

Acrobar DCやCreative Cloud(2015)を買うつもりが無いなら押さないようにしてください。

関連記事:

Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました