Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Creative Cloudに表示されるAcrobatの「アップデート」に注意しましょう

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

数日前にAdobe Creative CloudのWindows版ソフトがアップデートされました。

それに合わせて「Acrobat DCのアップデート」なるものが表示されるようになりました。

間違えてはいけないのは、Adobeの「アップデート」はMicrosoftで言うところの「アップグレード」であるということです。

Adobe CS6での表示

現状でサポート対象となっているAdobe CS6及びAdobe Acrobat X以降の製品では、更新の管理がAdobe Creative Cloudで集中管理されるようになりました。

数日前にAdobe Creative Cloudが更新されてこのような表示が出るようになりました。

Creative_Cloud_01

Adobe CS6に付属するAcrobat ProはX(Ver.10)であり、Acrobat DCは競合するのでAcrobat DCはインストールしていません。

にも係わらず「アップデート」と表示されています。

「アップデート」ではなく「アップグレード」

このまま「アップデート」すると旧バージョンのAcrobatはアンインストールされてAcrobat DCがインストールされます。

無償で最新版が使えるわけはありませんので、体験版がインストールされ試用期間終了後に購入を即されることになると思われます。(試していません)

メジャーバージョンが変わりますので「アップデート」ではなく「アップグレード」または「バージョンアップ」と呼ぶべきでしょう。

まとめ

この「アップデート」ボタンは今までの更新に見せかけた「購入」ボタンです。

Acrobar DCやCreative Cloud(2015)を買うつもりが無いなら押さないようにしてください。

関連記事:

Amazonで見る

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ