Windows 10 Creators Updateなんて要らない!

Pocket

そろそろWindows 10の次の大型アップデートという大きなバグがやってきます。

巻き添えを食わないように準備しましょう。

Windows 10の大型アップデート

Windows 10は2015年7月29日のリリース後、2015年11月12日リリースのバージョン1511(通称TH2、November Update)、2016年8月2日リリースのバージョン1607(通称RS1、Anniversary Update)と大きな更新が2回行われました。

Windows 10 バージョン1511は最初のリリースでユーザーから反感を買った改悪点を改善したもので比較的安定したものでした。

ところがWindows 10 バージョン1607は押し付けがましい機能が増えた上、不安定さが増すという酷いものでした。その後も頻繁にバグ修正のパッチはリリースされていますが未だに安定しません。

そして次期大型アップデートであるRS2のリリースが迫っています。

Windows Insider Previewではバグ潰しゲームが行われ、そろそろ一般リリースが近いことを示しています。

Windows 10 Creators Update

最初、RS2の呼び名がWindows 10 Creators Updateに決まったと聞いた時に思ったことは。

クリエイターズ・アップデートってなに? 自分はクリエイターじゃないし、そんなもの要らない

安定しないWindows 10に辟易していた私が真っ先に思った感想です。

Windows 10 Creators Updateの新機能についてはこちらで説明されています。

3Dで失敗した業界は4K、ハイレゾ、VR、ARで再度挑もうとしていますが、正直、失敗するでしょう。

どれもまだ一般のパソコンには不要な機能です。

自動で大型アップデートされないように

今は、まだ、必要ありません。

少なくとも、リリース後、多くの人柱のもと、安定してからで十分です。

様子見のためには大型アップデートのインストールを延期するように設定しておきましょう。

「設定」アプリを起動して「更新とセキュリティ」をクリックまたはタップします。

Windows10-defer-update-01

左の部分で「Windows Update」を選択し、右の部分の「詳細オプション」をクリックまたはタップします。

Windows10-defer-update-02

「機能の更新を延期する」にチェックを入れます。

すぐに反映されますので、そのまま「設定」アプリを閉じます。

Windows10-defer-update-03

完全にWindows 10 Creators Updateのインストールを完全に防げるわけではありませんが、リリース後数ヶ月は延期されます。

まとめ

不安定となるアップデートなどスキップしたいものです。

しかしWindows 10の仕組み上アップデートを阻止するのは容易ではありません。しかし延期は可能です。

パソコンを不安定にしたくないならできるだけ早めに設定しておくことをお勧めします。

特にSkylake、Kaby Lakeなどの最新パソコンは真っ先にMicrosoftの実験台にされるので注意してください。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*