ノータッチ泡ハンドソープ ミューズ

Solomonレビュー[redémarrage]

新型ミューズ ノータッチ、本体の構造と旧型との違い

 

  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ミューズ ノータッチ本体が壊れたので新しいものを購入したところ、新タイプが届きました。

旧タイプより分解は難しく、修理は考えず、交換、または買い替えた方がよいでしょう。

新型ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープは2012年から販売されている薬用ハンドソープです。

製品のばらつきが大きく、すぐに壊れる場合と長く使える場合があります。私の場合は1,2台目はすぐに壊れてしまったのですが、3台目は数年使えていました。

しかし機械ですので経年劣化によるものか「バキッ」と大きな音がして泡にならないだけでなく、ミューズが全く出なくなってしまいました。

仕方ないので新しいものを発注したところ、新型のミューズ ノータッチ泡ハンドソープが届きました。

ここでは、その構造と分解方法について説明しますが、修理はできないと考えてください。

なお、旧タイプについては、こちらの記事を参照願います。

 

スポンサーリンク

外観

以下、説明に使うミューズ新型ノータッチ泡ハンドソープ本体の写真は「キッチン用」で銀色のものですが、白色の通常用と構造は同じです。

正面からの外観です。左が旧型(白色)、右が新型(銀色)です。

新型は高さが低くねってボトルを隠す部分も少なくなり、ボトルの交換時期が分かりやすくなりました。

New-Muse-No-Touch-01

旧型には日本語で「ミューズ」の表記がありますが、

New-Muse-No-Touch-02

新型には表記がありません。日本以外でも販売を始めたのかもしれません。

New-Muse-No-Touch-03

赤外線LEDは旧型では右側に、

New-Muse-No-Touch-04

新型では左側に付いています。

New-Muse-No-Touch-05

旧型は背面に電源スイッチがありますが、新型は背面にはありません。

New-Muse-No-Touch-06

新型の電源スイッチは底面にあります。

New-Muse-No-Touch-07

旧型はシンクの端など設置面積が狭い部分でも置けるように4本足で支えていますが、

New-Muse-No-Touch-08

新型の底面は平らになり、全体で支えています。

New-Muse-No-Touch-09

ボトルの形状は変わっていませんので、ボトルの差し込み部分は大きくは変わっていません。

New-Muse-No-Touch-10

New-Muse-No-Touch-11

電源は、旧型は単3電池が4本の6V駆動でした。防水用のオーリングも底面全体となっています。

New-Muse-No-Touch-12

新型は単3電池が2本の3V駆動となりました。制御用LSIの駆動電圧が下がったためと思われますが、泡の出かたからみてモーターのトルクも下がっているように思えます。

駆動部分は本体内に一回り小さいユニットとして組み込まれています。

New-Muse-No-Touch-13

防水パッキンは底面の蓋側にあり、電池ボックスと電源スイッチを防水にしています。

後で説明しますが、この構造には理由があるようです。

New-Muse-No-Touch-14

 

分解手順

新型を分解するには本体底面の蓋を外して、駆動ユニットと本体の隙間の左右の部分を見ます。

New-Muse-No-Touch-15

奥に爪で引っかかっている部品が見えます。また、その横に丸い支柱が見えます。

New-Muse-No-Touch-16

引っかかっている部分はボトルが抜けないように押さえるこの部分です。

New-Muse-No-Touch-17

構造的には、この図の赤い部分となります。

爪をずらして引き抜けばよいのですが、工具が入らないほど狭いことと、分解は考えられていない構造のため、破壊せずに外すことは困難です。

ただし、外さなくてもネジの上あたりに穴を開ければネジを回せるでしょう。

New-Muse-No-Touch-51

図の赤い部分を外すとこのようにネジが見えますので外します。

New-Muse-No-Touch-18

ネジを外すと上部を引き抜くことができます。先端部分は3か所に爪がありますので注意して外します。

赤外線LEDはボンドで接着してあるだけでなく、はめ込まれています。

New-Muse-No-Touch-19

赤外線LEDとミューズが出てくるパイプを持ち上げて、駆動ユニットを底面に押して引き抜きます。

New-Muse-No-Touch-20

このとき、前面の赤外線センサー窓が引っかかるので、押し込みながら駆動ユニットを下側に引き抜きます。

New-Muse-No-Touch-21

 

内部構造

左側が旧型、右側が新型です。非常にコンパクトにまとまっていることが分かります。

しかし、泡を作る構成自体は変わっていません。

New-Muse-No-Touch-31

New-Muse-No-Touch-32

New-Muse-No-Touch-33

全体的に部品が小さくなっていますが、パイプも若干細くなっています。そのため出口でミューズが固まると真っ直ぐに出なくなります。

New-Muse-No-Touch-34

ここまで分解できれば修理は可能かもしれませんが、本体を壊さず分解すること自体が難しいでしょう。

New-Muse-No-Touch-35

New-Muse-No-Touch-36

New-Muse-No-Touch-37

New-Muse-No-Touch-38

New-Muse-No-Touch-39

New-Muse-No-Touch-40

New-Muse-No-Touch-41

New-Muse-No-Touch-42

泡にならない場合は空気の流れを調べる必要がありますが、空気用のピストンの吸排気弁はこの部分にあります。ピンクの部分が吸気口と思われます。

New-Muse-No-Touch-43

 

漏れ出し

2回ほどボトルを交換して、シンクのミューズ ノータッチを置いてある角付近にミューズが零れていました。(分解したものとは別の本体です)

よく見るとミューズ ノータッチの底面蓋の隙間からミューズが漏れ出していました。

底面蓋を開けてみると蓋の周りの溝にミューズが溜まっていました。ボトル2回の交換で蓋の溝部分にいっぱいですから、結構な量が無駄になっていました。

ボトルの差し込む部分とボトルの隙間から漏れ出した形跡はなく、内部機構のどこかから漏れているようです。内部機構と外側の隙間を見てみたのですが、明確にここから漏れていたという垂れた跡などは見つかりませんでした。

ただし、電池ボックスやスイッチは防水蓋の内側でありミューズに浸かることはなく動作には問題ありませんでした。

旧タイプで内部で漏れ出すことにより電池が錆び付いてしまう問題があるとのことでした。そのため元々この漏れ出しは想定されていたと考えられます。

買って1か月程度でこの状態はひどいので、とりあえず問い合わせてみるつもりです。

 

まとめ

新型ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ本体は、組み立てやすくなっていますが、分解は難しくなりました。

目安として、購入後、添付の電池を使い切る前に泡で出なくなったりした場合は、ボトル裏面に記載されている「お客様相談室」に問い合わせた方がよいでしょう。

それが面倒だったり、購入後十分に使えたと思う場合は、買い替えた方がよいでしょう。本体の実質価格は700円程度ですから。

 


  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントを御入力された後、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂き「コメントを送信する」をクリックしてください。コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー