iPad mini 4のRAMは2GBであることが確定、iPad Air 2とほぼ同等

iPad mini
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

iPad mini 4のRAM容量が分解により2GBであることの確認がとれたそうです。

RAMは2GB

お馴染みの分解解析記事でiPad mini 4を分解した結果、RAM容量が2GBであることがわかったそうです。

性能はほぼiPad Air 2と同等

こちらのiPadのモデル比較表を見てみるとA8とA8Xの違い、画面サイズの違い以外はiPad Air 2と同じということがわかります。

ベンチマークではiPad Air 2と大差がついていますが、ゲームなどをやるのでなければ問題とはなりません。重要なのはRAMの容量です。

7.9インチの小さい画面で作業できるなら、iPad mini 4はベストな製品です。在庫処分のiPad mini 3には手を出さない方がよいでしょう。

将来性には疑問

iPad mini 3がラインナップから消えたことで、iPad mini 4は本来、昨年発売されるべきものであったことがわかります。そして今年はiPad Air 3は発表されませんでした。

すなわち、今年はiPad AirとiPad miniの本来の後継機種は発表されなかったことになります。

iPadシリーズはiPad Pro以外は消える可能性があります。愛着のある製品でもバッテリーの寿命がありますので、5年は使えないでしょう。

今、iPad mini 4を買うのがよいのか今後の主流となるiPad Proを買うのがよいのか。大きさから言っても比較すること自体おかしいと思われるかもしれませんが、市場動向や入手性を検討しながら、乗り換えて行く方がよいと思います。

まとめ

iPad miniラインの今後には不安もありますが、現時点で見れば、iPad mini 4は7.9インチタブレットではベストな選択と言えるでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
この記事を書いた人
Solomon

会社での経験と趣味のモバイルガジェットの利用経験から、製品のレビューや問題の解決方法を模索しています。

Solomonをフォローする
iPad mini
(PR)
Solomonをフォローする
Solomonレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました