Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

FLET’Sあずけ~るがMicrosoft Office 2016対応?それって本当に2016?

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

NTT東日本の提供するクラウドストレージサービスのFLET'Sあずけ~るがOffice Onlineに対応しました。

しかし、メールなどで「最新バージョンが利用可能」とか「Office 2016対応」とかいう文言が目につきますが、勘違いされそうな言い回しです。

Microsoft Officeは3種類

Microsoft Officeには、

  1. Windowsパソコン、Macで利用できるデスクトップ版Microsoft Office(最新バージョンはMicrosoft Office 2016)
  2. Windows 10用ユニバーサルWindowsアプリ、iOSアプリ、Androidアプリとして提供されるMicrosoft Office Mobile
  3. OneDriveなどクラウド側に実装されブラウザーで実行可能なMicrosoft Office Online

の3種類があります。

一般にMicrosoft Officeとして知られるものは端末側で実行可能なものでデスクトップ版Microsoft OfficeとMicrosoft Office Mobileの2種類です。端末側で実行できるのでオフラインでも使えます。

一方、Microsoft Office Onlineはクラウドで実行され、その結果がブラウザーに表示されているだけですので、オフラインでは実行できませんし、実行中に回線が切れれば編集内容は消えてしまいます。

OneDrive上のMicrosoft Office Onlineはこちらから利用できます。

FLET'Sあずけ~るのMicorosoft OfficeはOnline版のみ

NTT東日本の提供する「Office Online on あずけ~る」の説明はこちらとなります。

どうもMicrosoftはOneDriveに実装しているMicrosoft Office Onlineを他のクラウド向けに外販を始めたようです。

それを導入したのが「Office Online on あずけ~る」ということになります。

月額350円で最新版のMicrosoft Officeが使えることを売りとしていますが、3種類のMicrosoft Officeの違いを理解していれば、その表現は正しくないことに気付きます。

第一にオフラインでは利用できません。

第二にMicrosoft Office 2016で導入された新しい機能はOneDriveとの連携機能で、「Office Online on あずけ~る」からは利用できないためMicrosoft Office 2016ではないのです。

まとめ

わざと混同させるための表現ではないのでしょう。Microsoft Office自体が利用形態で種類が増えたことによりサービス内容の見分けがつき難くなってしまったことが原因です。

「Office Online on あずけ~る」を契約する場合は、「できること」と「できないことを」をよく理解してから契約するようにしてください。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Amazonで見る

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ