FLET'Sあずけ~るがMicrosoft Office 2016対応?それって本当に2016?

Microsoft Office
この記事内には広告が含まれています。
(PR)

NTT東日本の提供するクラウドストレージサービスのFLET'Sあずけ~るがOffice Onlineに対応しました。

しかし、メールなどで「最新バージョンが利用可能」とか「Office 2016対応」とかいう文言が目につきますが、勘違いされそうな言い回しです。

Microsoft Officeは3種類

Microsoft Officeには、

  1. Windowsパソコン、Macで利用できるデスクトップ版Microsoft Office(最新バージョンはMicrosoft Office 2016)
  2. Windows 10用ユニバーサルWindowsアプリ、iOSアプリ、Androidアプリとして提供されるMicrosoft Office Mobile
  3. OneDriveなどクラウド側に実装されブラウザーで実行可能なMicrosoft Office Online

の3種類があります。

一般にMicrosoft Officeとして知られるものは端末側で実行可能なものでデスクトップ版Microsoft OfficeとMicrosoft Office Mobileの2種類です。端末側で実行できるのでオフラインでも使えます。

一方、Microsoft Office Onlineはクラウドで実行され、その結果がブラウザーに表示されているだけですので、オフラインでは実行できませんし、実行中に回線が切れれば編集内容は消えてしまいます。

OneDrive上のMicrosoft Office Onlineはこちらから利用できます。

 

FLET'Sあずけ~るのMicorosoft OfficeはOnline版のみ

NTT東日本の提供する「Office Online on あずけ~る」の説明はこちらとなります。

どうもMicrosoftはOneDriveに実装しているMicrosoft Office Onlineを他のクラウド向けに外販を始めたようです。

それを導入したのが「Office Online on あずけ~る」ということになります。

月額350円で最新版のMicrosoft Officeが使えることを売りとしていますが、3種類のMicrosoft Officeの違いを理解していれば、その表現は正しくないことに気付きます。

第一にオフラインでは利用できません。

第二にMicrosoft Office 2016で導入された新しい機能はOneDriveとの連携機能で、「Office Online on あずけ~る」からは利用できないためMicrosoft Office 2016ではないのです。

 

まとめ

わざと混同させるための表現ではないのでしょう。Microsoft Office自体が利用形態で種類が増えたことによりサービス内容の見分けがつき難くなってしまったことが原因です。

「Office Online on あずけ~る」を契約する場合は、「できること」と「できないことを」をよく理解してから契約するようにしてください。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました