Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10へのアップグレード、迷っているなら、やめましょう

 

Pocket

Windows 10のリリースまで1ヶ月を切ったことで、ニュースサイトや販売店では、Windows 10にアップグレードすることは既に当たり前のことで、次の段階、すなわち、旧環境のバックアップ、アップグレードサポート、Windows 10対応バージョンのパッケージソフトの準備、などなど、数年に1度の商機を逃すまいとしています。

一方、いまだWindows 10へのアップグレードを迷っている人も多いようです。

しかし、Windows 10に、今、アップグレードすることには何のメリットもありません。

少なくとも、今の環境で困っていることが無ければ、今はアップグレードせず、状況が落ち着くのを待ちましょう。

マイクロソフトの施策のマズい点

今回、マイクロソフトはアップグレードできるかどうかも分からないパソコンも含めて、ライセンス上アップグレード可能なパソコンすべてにWindows 10へのアップグレードを勧めるソフトを配布してしまいました。簡単な環境チェックはしていますが、メーカーがサポートしないと言えば、それはアップグレードできないことと同じです。

訳の分からないユーザーは、指示されるまま予約してしまったり、いろいろ調べても決めかねている状況でしょう。

このような状況の尻拭いをパソコンメーカーや販売店がさせられる状況が見えています。そのため、商機だから売りたいという事情に合わせて、何もわからずアップグレードしてトラブルに巻き込まれるユーザーを救済するサポート体制も重要となります。

したがって、ニュースサイトや販売店の対応も仕方ないとは言えます。

一般ユーザーのすべきこと

Windows 10へのアップグレードは危険であるとともに、多くの出費も伴います。

迷っているなら、今はやめるべきです。

インターネットで調べている人はまだよいですが、調べる方法もわからない人がいれば、やめるよう忠告してあげてください。

早期アップグレードのメリットは1年間は無料というものだけです。1年もあるので急ぐ必要はありません。それより周辺環境の整っていない今アップグレードすることは、デメリットの方が遥かに大きいのです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

Windows 10へのアップグレードは当然という雰囲気に呑まれないように注意が必要です。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ