Windows 10 May 2020 Update

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 バージョン2004 リリース まもなく正式リリース(追記)

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

May 2020 UpdateことWindows 10 バージョン2004ですが、再度修正が加わったビルドがRelease Preview ringにリリースされたことで、間もなく一般公開される見込みです。

Windows 10 Build 19041.208

Windows 10 バージョン2004の正式版が2020年4月30日に完成したようです。

最終的なビルドはBuild 19041.208となるようです。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-21

Windows 10 バージョン2004は、20H1とかMay 2020 Updateとも呼ばれますが、ここではWindows 10 バージョン2004と呼ぶこととします。

今までの命名方法ではWindows 10 バージョン2003となるはずですが、2003を冠したMicrosoft製品があるため、2004に変更したそうです。

 

正式リリース時期について

当初は2020年4月16日に完成していました。

その後、致命的なバグが見つかり修正されたものがSlow ringにリリースされました。

Release Preview ringに配信されたものは、大きな問題が無ければそのまま市販パソコンにプリインストールされて販売されます。そのため多くのパソコンがこの問題を抱えたまま出荷されるのは問題と判断されたようです。

通常はRelease Preview ringに配信されてから、3週間程度でリリースされるはずなので、4月16日から3週間で5月1週にはリリースされていたはずです。

しかし、4月30日に再度Release Preview ringに配信され直したため、5月3週ぐらいまでずれ込む可能性はあります。

これまでほとんどの場合は太平洋標準時で火曜日に配信されていますが、5月19日(火)には配信されませんでしたので、5月中に配信するなら5月26日(火)ということになります。

どちらにせよ、May 2020 Updateという名称にもあるように今月中には配信されるでしょう。

1日遅れの5月27日(水)(日本時間で5月28日(木))に配信が始まりました。(2020/5/28 追記)

 

Microsoftは、Windows 10はアップデートされるのが当たり前という考えです。そのためコロナウイルスの感染拡大で問題が多い時期ですが、社会情勢など関係なく配信は開始されるでしょう。

Windows 7/8/8.1からの強制アップデートの時期とは異なり、強制アップデートは行われません。そのため未だにWindows 7を使っていたとしても、委託IT企業が管理する病院や医療関係、大企業などでは問題は起きないはずです。

また、本来のサポート期限を過ぎたWindows 10 バージョン1809に対する機能更新プログラムの配信は停止していますので、配信が開始されても非常に緩やかな配信になる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

Windows 10 Build 19041.264

2020年5月12日にBuild 19041.264が、Windows 10 Insider PreviewのSlow ringとRelease Preview ringに配信されました。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-16

ただし、これはKB4556803という定期更新プログラムのようで、Windows 10 バージョン2004でWindows Insider Programに参加していない場合でも適用されます。

そのため、正式配信やメーカー製パソコンにプリインストールされるものはBuild 19041.208になると思われます。

(2020/5/28 追記)

正式リリースはBuild 19041.264となりました。

 

Windows 10 バージョン2004での変更点

Windows 10 バージョン2004の新機能についてはこちらで説明されています。

 

翻訳ツールでの翻訳から見出しを抜粋すると以下のような項目となります。

  • Cortana on Windows(ベータ版)– 今より生産性を!(ビルド19030)
  • Windows検索のディスク使用量の改善(ビルド 19025)
  • 検索ホームでのクイック検索(ビルド 19018)
  • 検索結果でのWebプレビューのデザインを更新(ビルド 19018)
  • その他の顔文字(ビルド 19013)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)2の改善(ビルド 19013)
  • DirectX 12の新機能をプレビュー(ビルド 19013)
  • セーフモードでのWindows Hello PIN(ビルド 18995)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)の改善(ビルド 18995)
  • Windows 10デバイスへのネットワークカメラの接続(ビルド 18995)
  • UWPアプリの自動再起動を有効化(ビルド 18990)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)の改善(ビルド 18990)
  • Xboxゲームバーの更新(ビルド 18990)
  • Bluetoothのペアリングエクスペリエンスの向上(ビルド 18985)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)ARM64のサポート(ビルド18980)
  • Cortanaウィンドウを移動するオプション(ビルド 18975)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)の改善(ビルド 18975)
  • 仮想デスクトップの名前変更の更新(ビルド 18975)
  • クラウドからPCをリセット(ビルド 18970)
  • サインイン時のアプリの再起動を制御(ビルド 18965)
  • タスクマネージャーでのGPU温度表示(ビルド 18963)
  • 仮想デスクトップの名前の変更(ビルド 18963)
  • [設定]の[オプション機能]ページの改善(ビルド 18963)
  • 設定へのマウスカーソル速度の追加(ビルド 18963)
  • メモ帳の改善(ビルド 18963)
  • 繁体字中国語IMEの改善(ビルド 18963)
  • Windowsからのアカウント画像の変更(ビルド 18963)
  • Windows検索の改善(ビルド 18963)
  • 再設計されたネットワーク状態ページ(ビルド 18956)
  • 繁体字中国語IMEの改善(ビルド 18956)
  • 電卓アプリの更新(ビルド 18956)
  • アクセシビリティの向上(ビルド 18956)
  • MSIXのサイドローディング設定が不要に(ビルド 18956)
  • 日本語IMEの改善(ビルド 18950)
  • Windows 10用の新しいCortanaエクスペリエンスの導入(ビルド 18945)
  • Windows用Linuxサブシステム(WSL)の改善(ビルド 18945)
  • アクセシビリティの向上(ビルド 18945)
  • 韓国語IMEの更新(ビルド 18941)
  • タスクバーからのクイック イベントの作成(ビルド 18936)
  • デバイスのMicrosoftアカウントでパスワード無しでサインイン(ビルド 18936)
  • 視線コントロールの改善(ビルド18932)
  • その他のアクセシビリティの向上(ビルド 18932)
  • 通知設定の調整(ビルド 18932)
  • 言語設定の改善(ビルド 18922)
  • フィードバックHubの更新(ビルド 18922)
  • 配信の最適化での新しいダウンロード調整オプション(ビルド 18917)
  • ナレーターでのデータテーブル読み上げの改善(ビルド 18917)
  • Windows用Linuxサブシステム2(ビルド 18917)
  • Windowsインクワークスペースの更新(ビルド 18917)
  • ナレーターでの"クリックミー" リンクの解決策(ビルド 18912)
  • タスクマネージャーの[パフォーマンス]タブにディスクの種類を表示(ビルド 18898)
  • ファイルエクスプローラーの検索の更新(ビルド 18894)
  • アクセシビリティの向上(ビルド 18894)
  • ディクテーションでのサポート言語の拡張(ビルド 18885)
  • フィードバックHubでの言語間サポート
  • 東アジア言語のマイクロソフト入力システム(IME)の改善(ビルド 18875)
  • SwiftKeyのタイピングインテリジェンスをさらに多くの言語に(ビルド 18860)
  • Windowsサンドボックスのアクセシビリティの向上(ビルド 18855)
  • Windowsサンドボックス構成ファイルのサポート(ビルド 18841)

 

この中からいくつかの変更点と、正式リリース後に分かった変更点について説明します。

 

Cortanaの分離

CortanaはWindows 10から分離されて、Microsoft Storeから配信される形となります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-01

Windows 10にプリインストールされており、アンインストールもできませんが、日本語についてはまだ対応したバージョンができていないようです。

アプリという扱いになるだけなので、Microsoft Storeで配信が始まれば使えるようになります。

また「設定」アプリ上のCortanaに関連する設定がすべて削除されています。

 

プリインストールアプリの削除対応

Windows 1.0以来Windowsに標準搭載されている「メモ帳」などの一部のアプリのアンインストールが可能になります。

Windows 10 バージョン2004からアンインストールできるようになるのは、これらのアプリです。

  • Windowsアクセサリグループ
    • Math Input Panel
    • Windows FAXとスキャン
    • Windows Media Player
    • クイックアシスト
    • ステップ記録ツール
    • ペイント
    • メモ帳
    • リモートデスクトップ接続
    • ワードパッド
  • Windows管理ツールグループ
    • 印刷の管理

Print 3Dはプリインストールされず、必要ならばMicrosoft Storeからインストールすることになります。

 

アンインストールするには「設定」アプリの「アプリ」をクリックして左側で「アプリと機能」を選択します。そして右側の「オプション機能」をクリックします。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-02

アンインストールするアプリをクリックすると表示される「アンインストール」をクリックしてアンインストールします。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-03

再度インストールする場合は、「オプション機能」の画面で「機能の追加」をクリックします。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-04

インストールするアプリにチェックを入れて「インストール」をクリックします。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-05

 

アクセシビリティの改善

「設定」アプリの「簡単操作」が大幅に改善されています。

「マウスポインター」ではタッチのフィードバックが設定できるようになります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-06

「テキストカーソル」の項目が増えます。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-07

「拡大鏡」では「拡大鏡画面を折りたたんで、フロート状態の透明な拡大鏡を表示する」の項目が削除されます。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-08

また、これまではマウスカーソルを画面の中心に固定して拡大する設定しかありませんでしたが、テキストカーソルを画面の中心に固定する設定が増えます。

この機能を有効にすると拡大してテキストを入力するときに、カーソール位置を常に画面の中央に表示させることができるようになります。ただし、マルチディスプレイ環境では正しく機能しません。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-09

「ナレーター」では大文字テキストの読み上げを変更することができるようになります。段落の区切れ目が分かりやすくなります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-10

また「操作を実行するときにオーディオキューを鳴らす」という項目が「一般的な操作のみ音を鳴らす」に変更されます。Outlookに関する項目も追加されています。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-11

「音声認識」ではCortanaに関する項目が削除されています。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-12

 

検索でのバッテリー対策

省電力モードでも、インデックス作成でバッテリーが食われることへの対策を、行えるようになります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-13

 

推奨トラブルシューティングの変更

「プライバシー」の「診断&フィードバック」にあった「推奨トラブルシューティング」に関する項目は、「更新とセキュリティ」の「トラブルシューティング」に移動されました。そして「トラブルシューティングを実行しない」も選択できるようになります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-14

 

開発者用モードの設定の変更

「更新とセキュリティ」の「開発者向け」にある開発者用モードが分かりやすくなります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-15

 

WSL2の実装

Windows Subsystem for Linux(WSL)を仮想環境で動作させることで、従来のWSLに対して最大で6倍ものスピードアップが実現された、WSL2が使用できるようになります。

CPUの仮想化機能を使うため、仮想化機能が搭載されていないCPUでも使えるように、従来のWSLが標準状態となっています。

WSL2を使うにはコマンドでWSL2に切り替える必要があります。

詳しくはこちらの記事を参照願います。

 

仮想デスクトップの名前の変更機能

仮想デスクトップを作成すると「デスクトップ 1」「デスクトップ 2」と固定された名前が付けられますが、Windows 10 バージョン2004ではこの名前を変更できるようになります。

 

タスクマネージャーに表示される情報の追加

「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブに表示される「ディスク」にストレージの種別、SSD/HDDが表示されるようになります。

また、外付けGPUが搭載されている場合は、そのGPU温度が表示されるようになります。

 

Proにおける更新延期設定について

Windows 10 Proでは次期バージョンへの更新を延期する設定がありますが、現時点ではWindows 10 Pro バージョン2004には表示されていません。

こちらはWindows 10 Proバージョン1909の画面ですが、延期設定があります。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-17

しかし、Windows 10 バージョン2004では表示されていません。

Windows10-v2004-build-19041-208-completed-18

Windows 10 バージョン1909ではWindows 10 Insider Previewでは表示されていませんでしたが、正式リリースされた時点では表示されるようになりました。

しかし、Windows 10 バージョン2004では正式リリース版でも表示されていません。

 

Microsoft Edge

Microsoft EdgeはInternet ExplorerともFirefoxやGoogle Chromeなどとも全く別の思想で開発されていました。そのため自己満足での新機能の導入などは受け入れられず、Windows 10リリースに搭載されていても全く普及しませんでした。

私としてはURLショートカットのドラッグアンドドロップに対応していないことが一番の問題でした。どうも描画をサポートしたことによる弊害のようです。

Microsoftは設計方針を変更し、ChromiumベースのMicrosoft Edgeを開発し2020年1月15日に正式リリースしました。

Windows Updateで配信される予定ですが、日本では確定申告の関係で4月以降に遅らせることとなりました。

Windows 10 バージョン2004に搭載されているMicrosoft Edgeは従来のバージョンです

新しいバージョンを使用するには以下からダウンロードしてインストールする必要があります。

インストールしたら「設定」の「言語」で「日本語」を追加して言語を切り替える必要があります。

 

まとめ

Windows 10 バージョン2004は内部的なブラッシュアップという感じです。

また、開発には1年以上かけて機能追加とバグ出しを行っていますので、アップデートしても大きな影響は無いと思われます。

それでも心配な場合は、35日の延期機能などを使ってアップデートを延期して、アップデートによるトラブルが発生していないか、ニュースサイトなどを注意して見ていてください。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18
カテゴリー