Windows 10 Build 18363

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10 バージョン1909の配信が始まりました

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

November 2019 UpdateことWindows 10 バージョン1909の配信が始まりました。

Windows 10 バージョン1909

日本時間で2019年11月13日(水)早朝、November 2019 Updateと呼ばれるWindows 10の新しいバージョンの配信が始まりました。

Windows10-v1909-Release-01

日本時間で毎月第2火曜日の翌日(第2水曜日ではない)はWindowsの定期更新が配信されますが、昨年の失敗からSurfaceの発表とは独立させたことで、ゆとりを持った11月の定期更新と同じタイミングでの配信としたようです。

 

アップデートしないために

累積更新プログラムをすべて適用していればWindows 10 バージョン1903からWindows 10 バージョン1909へのアップデートは非常に短い時間で完了します。

とは言え、様子を見たいという方も多いでしょう。

上記のように「Windows 10 バージョン1909の機能更新プログラム」が表示された後では「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリックする以外に、「更新プログラムのチェック」をクリックしてもアップデートされてしまいます。

アップデートしたくない場合はWindows Updateは触らないようにしてください。

 

スポンサーリンク

メディア作成ツールも更新

既にメディア作成ツールも「MediaCreationTool1909.exe」と新しくなっています。

しかし、ファイル名を変えただけでツール本体は10月に更新されたWindows 10 バージョン1903用のメディア作成ツール「MediaCreationTool1903.exe」と全く同じものです。

Windows 10 バージョン1909のビルドは18363.XXXですが、このツールは18362.418とWindows 10 バージョン1903のままです。

Windows10-v1909-Release-02

メディアのバージョンはサーバー側でコントロールされるため、ツールのバージョンに関係なく最新バージョンが作成されます。

11月13日時点で配信されている累積更新プログラムでアップデートした場合のビルドはBuild 18363.476ですが、作成されるメディアのビルドはBuild 18363.418です。

メディア作成ツールはこちらから入手できます。

直接ISOファイルをダウンロードしたい場合は、こちらの記事を参照願います。

 

変更点などについて

Windows 10 バージョン1903からの変更点についてはこちらの記事を参照願います。

また、Windows 10 ProでWindows 10 バージョン1903からアップデートしたくない場合はこちらの記事を参照願います。

ただ、Windows 10 バージョン1903からは大きな変更はありませんので、アップデートしてみて不具合があれば戻すというスタンスで十分だと思います。

 

まとめ

November 2019 Updateの配信が始まりました。

今回のアップデートは大きな変更はありませんので大きな問題は起きないでしょう。

本当に大きな問題は1年もかけてデバッグを行っている来年のWindows 10 バージョン2003です。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク
カテゴリー