Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

BUFFALOから新型RAID5対応NAS TS1400Dシリーズが発売、ただし法人向け

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

今年の初めにバックアップ専用のNAS BK441Dが発売になり、汎用NASも近々発売になると予想していましたが、やっと発売されました。

ただし法人向けで、データ保管・保全に特化した製品で、一般向けNASのようにメディア機能などは一切ありません。また、HDDの増設もできません。

製品仕様

ニュースサイトでの紹介記事には以下のようなものがあります。

製品情報はこちらです。

BUFFALOのNASの良い点は3.5インチHDD 4台分程度の小さな本体であることです。

個人向けのNASのRAID5対応モデルは長い間、LS-QVL/R5、LS-QVL/1Dのみでした。

データ保全のためのRAIDの必要性

HDD単体容量が10TBまで上がり、スピードに関してもSSDが出現したことで、一般ユーザーにとってRAID HDDの必要性は無くなりました。

しかしHDDは消耗品です。データの保全を考えるならメディアにバックアップするか、HDDをRAID構成として保護するかどちらかになります。

TS1400Dは4ドライブの構成のため、RAID-0/1/5/6/10に対応しています。

法人向けモデル

法人向けモデルは買って、即、使うだけなので、利用状況に合わせてHDDを増設するなどの使い方は考えられていません。

安価なバルクHDDで増設するためには、LS-QVL/1DのようなHDD 1台モデルの方が良いのですが、TS1400Dのラインナップは最低容量でも2TBです。すべてRAID5で構成されて出荷とのことですので、500GB HDDが4台の構成でしょう。

発売後、値段が落ち着いても2TBモデルで7万円程度になりそうです。LS-QVL/1Dが現状2万5千円程度なので、出来ることを比較しても2倍以上の値段の価値は無いでしょう。

まとめ

LS-QVLシリーズの発売が2010年11月ですので、発売から5年近く経ちます。一般用途でのRAID NASの需要が無いことやTS1400Dが発売になったことで、LS-QVLシリーズは終息する可能性があります。

関連記事:

Amazonで見る

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントを御入力された後、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂き「コメントを送信する」をクリックしてください。コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
This site does not accept comments from outside Japan.



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー