もうAndroid 6.0が発表されるとのこと、2年縛りが残っていてもサポート終了

記事内のリンクには広告が含まれている場合があります

2015年9月29日に開催されるGoogleのイベントで新Nexusに合わせてAndroid 6.0 Marshmallowが発表されるとのことです。

発表についてはこちらの記事で説明されています。

その中で、Android 6.0 Marshmallowも発表されるとあります。

新しい機能を搭載するとともにセキュリティやプライバシー対策も強化されることについては歓迎なのですが、Androidを採用するメーカーはどこも売りっきりでアップグレードをサポートしません。

良心的なメーカーでもアップグレードは1回限りです。

Android端末は、メーカー保証が1年、Androidのサポートがリリース後1年半ですので、2年縛りで買ってしまうとハードのサポートもソフトのサポートも残債がある状態で終わってしまいます。

こういう点を見ても2年縛りとは、不条理な契約であることは明らかです。

私としてはAndroidなど使わずiOSを使うべきと言いたいところですが、好みや価格の問題がありますので仕方ありません。

Androidのサポート期限は、自分の端末のバージョンを調べれて、こちらのWiKiでリリース日を確認すれば買い替えるべき時期もわかるでしょう。

関連記事:

Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました