拠点間接続

Solomonレビュー[redémarrage]

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境構築(4) マスター側の設定

 

Pocket

SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シートの準備ができましたので、まず、マスター側の設定を行います。

マスター側の設定

この記事ではネットワーク接続に必要な追加機能である「仮想レイヤ3スイッチ」と「仮想HUB(B)」を東京の自宅のSoftEther VPN Serverに設定します。

SoftEtherVPN-Connection-03

 

SoftEther VPNサーバー管理マネージャの起動

まず、マスター側のSoftEther VPN Serverパソコンで作業を行います。モデルケースでは東京の自宅となります。

物理的な作業はありませんのでTeamViewerなどでのリモート管理環境からも作業は行えます。

 

SoftEther VPN Serverパソコンで「SoftEther VPN サーバー管理マネージャ」を起動します。

「localhost(このサーバー)」を選択して「接続」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-11

 

仮想HUB(B)の作成と設定

「VPN Server "localhost"の管理」が表示されますので、「仮想HUBの作成」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-12

「仮想HUBの新規作成」が表示されます。

「仮想HUB名」ですが、どこのネットワークに接続されているのか分かるように「カスケード接続」する「仮想HUB」を同じ名前にするのがよいでしょう。

したがって「家族間ネットワーク接続用設定シート」の「B-9.仮想HUB名」を設定します。

  • 仮想HUB名 <-- B-9.仮想HUB名:Tanaka-Osaka

と設定し、「家族間ネットワーク接続用設定シート」の「A-14.カスケード接続 仮想HUB名」に記入してから「OK」をクリックして閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-13

「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-14

今作成した「Tanaka-Osaka」を選択して「仮想HUBの管理」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-15

「Tanaka-Osakaの管理」が表示されるので「ユーザーの管理」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-16

「ユーザーの管理」が表示されるので「新規作成」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-17

「ユーザーの新規作成」が表示されます。

「ユーザー名」は任意の名前で構いませんが内部的に使用されているものは「OK」がクリックできなくなります。ここでは「cascade」が使えないため「cascade1」としています。

「ユーザー名」と「パスワード」、「パスワードの確認入力」を入力します。

「家族間ネットワーク接続用設定シート」の「A-16.カスケード接続 仮想HUB ユーザー名」に「ユーザー名」、「A-17.カスケード接続 仮想HUB ユーザーパスワード」に「パスワード」を記入してから「OK」をクリックして閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-18

「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-19

「閉じる」をクリックして「ユーザーの管理」を閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-20

「閉じる」をクリックして「Tanaka-Osakaの管理」を閉じます。

これで「仮想HUB(B)」の作成と設定は完了です。

SoftEtherVPN-Connection-21

 

仮想レイヤ3スイッチの作成と設定

「VPN Server "localhost"の管理」で「レイヤ3スイッチの設定」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-31

「仮想レイヤ3スイッチの設定」が表示されるので「新規作成」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-32

「新規仮想レイヤ3スイッチの作成」が表示されます。

「名前」は任意の名前で構いません。「仮想レイヤ3スイッチ」の名前を決めて「名前」に入力し、「家族間ネットワーク接続設定シート」の「A-18.仮想レイヤ3スイッチ名」にも記入します。

入力したら「OK」をクリックして閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-33

今作成した「Tanaka-Family」を選択して「編集」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-34

「仮想レイヤ3スイッチ"Tanaka-Family"の編集」が表示されます。

「仮想インターフェイスの追加」をクリックして2つの「仮想HUB」への「仮想インターフェイス」を追加します。

SoftEtherVPN-Connection-35

まず「仮想HUB(A)」への「仮想インターフェイス」を追加します。

  • 仮想HUB <-- A-9.仮想HUB名:Tanaka-Tokyo
  • IPアドレス <-- A-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.2.254
  • サブネットマスク <-- 255.255.255.0 (固定値)

と入力してから「OK」をクリックして追加します。

SoftEtherVPN-Connection-36

次に「仮想HUB(B)」への「仮想インターフェイス」を追加します。

  • 仮想HUB <-- B-9.仮想HUB名:Tanaka-Osaka
  • IPアドレス <-- B-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.1.254
  • サブネットマスク <-- 255.255.255.0 (固定値)

と入力してから「OK」をクリックして追加します。

SoftEtherVPN-Connection-37

2つの「仮想HUB」への「仮想インターフェイス」が追加されたことを確認して「閉じる」をクリックして閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-38

作成直後の「仮想レイヤ3スイッチ」は停止しているため、今作成した「Tanaka-Family」を選択して「動作開始」をクリックします。

SoftEtherVPN-Connection-39

問題が無ければ「開始(動作中)」となるので「閉じる」をクリックして閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-40

「開始(エラー)」となる場合は「仮想HUB」が「オンライン」になっていることを確認してください。

これで「仮想レイヤ3スイッチ」の作成と設定は完了です。

SoftEtherVPN-Connection-41

 

東京の自宅の作業完了

これで東京の自宅の「仮想HUB(B)」と「仮想レイヤ3スイッチ」の作成と設定は完了です。

「閉じる」をクリックして「VPN Server "localhost"の管理」を閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-42

「SoftEther VPNサーバー管理マネージャの終了」をクリックして「SoftEther VPNサーバー管理マネージャ」を閉じます。

SoftEtherVPN-Connection-43

 

「家族間ネットワーク接続設定シート」の確認

これまでの設定で「家族間ネットワーク接続設定シート」の内容はこのようになります。

SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シート Ver.1.0

作成日:20XX/XX/XX
更新日:20XX/XX/XX
作成者:

ネットワーク(A):東京の自宅

機能:マスター(仮想レイヤ3スイッチ、カスケード接続用仮想HUB)

管理者: 田中(父)
連絡先:
メールアドレス:

A-1.ネットワークアドレス:192.168.2.0
A-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.2.1
A-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.2.254
A-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.2.100
A-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード: XXXXXXXX
A-8.SoftEther VPN Server ダイナミックDNSホスト名:vpnXXXXXXXXX.softether.net
A-9.仮想HUB名:Tanaka-Tokyo
A-14.カスケード接続 仮想HUB名:Tanaka-Osaka
A-15.カスケード接続 仮想HUB パスワード:(自動設定)
A-16.カスケード接続 仮想HUB ユーザー名:cascade1
A-17.カスケード接続 仮想HUB ユーザーパスワード:XXXXXXXX
A-18.仮想レイヤ3スイッチ名:Tanaka-Family

ネットワーク(B):大阪の赴任先

機能:接続先

管理者: 田中(父)
連絡先:
メールアドレス:

B-1.ネットワークアドレス:192.168.1.0
B-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.1.1
B-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.1.254
B-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.1.100
B-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード: XXXXXXXX
B-9.仮想HUB名:Tanaka-Osaka
B-19.カスケード接続 接続設定名:

 

まとめ

これで東京の自宅のSoftEther VPN Serverの設定は完了です。

次回は、大阪の赴任先のSoftEther VPN Serverの設定を行います。

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境構築 連載記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることもございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


内容に問題が無ければ、お手数ですが「私はロボットではありません」にチェックを入れて質問に御回答頂いたあと「コメントを送信する」をクリックしてください。



トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ