サーバー接続

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境構築(3) 必要事項の設定シートへの書き出し

  • コピーしました

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境の構築するためにマスターとなるSoftEther VPN環境を決めました。

次に必要な設定値を設定シートに書き出します。

設定シートの準備

この記事では、これまでに説明してきたSoftEther VPN環境の構築手順で構築したSoftEther VPN環境を前提としていますが、別の方法で構築した環境でも接続は可能です。

使用する設定値は構築時に作成した「設定シート」から転記します。各設定値については構築についての記事を参照してください。

 

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境を構築するにあたり、接続する双方のSoftEther VPN環境構築時の「設定シート」を用意してください。

そして、こちらの「SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シート」をダウンロードするか、

 

こちらをメモして「設定シート」の対応する番号の項目を書き写してください。

「設定シート」Ver.2.0とVer.3.0では項目名が違うだけで意味は同じです。

SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シート Ver.1.0

作成日:20XX/XX/XX
更新日:20XX/XX/XX
作成者:

ネットワーク(A):家族(A)

機能:マスター(仮想レイヤ3スイッチ、カスケード接続用仮想HUB)

管理者:
連絡先:
メールアドレス:

A-1.ネットワークアドレス:192.168.aaa.0
A-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.aaa.1
A-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.aaa.254
A-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.aaa.XXX
A-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード:
A-8.SoftEther VPN Server ダイナミックDNSホスト名:
A-9.仮想HUB名:
A-14.カスケード接続 仮想HUB名:
A-15.カスケード接続 仮想HUB パスワード:
A-16.カスケード接続 仮想HUB ユーザー名:
A-17.カスケード接続 仮想HUB ユーザーパスワード:
A-18.仮想レイヤ3スイッチ名:

ネットワーク(B):家族(B)

機能:接続先

管理者:
連絡先:
メールアドレス:

B-1.ネットワークアドレス:192.168.bbb.0
B-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.bbb.1
B-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.bbb.254
B-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.bbb.XXX
B-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード:
B-9.仮想HUB名:
B-19.カスケード接続 接続設定名:

 

モデルケースでの記入例

モデルケースの「設定シート」はこのようになっています。

東京の自宅

SoftEther VPN Server設定シート Ver.3.0

作成日:20XX/XX/XX
更新日:20XX/XX/XX
作成者:

1.ネットワークアドレス:192.168.2.0
2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.2.1
3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.2.254
4.DHCPサーバー 開始IPアドレス:192.168.2.10
5.DHCPサーバー 割り当て個数:50
6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.2.100
7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード:XXXXXXXX
8.SoftEther VPN Server ダイナミックDNSホスト名:vpnXXXXXXXXX.softether.net
9.仮想HUB名:Tanaka-Tokyo
10.仮想HUB パスワード:自動設定
11.IPsec事前共有鍵:vpn-ios
12.仮想HUB ユーザー名:tanaka
13.仮想HUB ユーザーパスワード:XXXXXXXX

 

大阪の赴任先

SoftEther VPN Server設定シート Ver.3.0

作成日:20XX/XX/XX
更新日:20XX/XX/XX
作成者:

1.ネットワークアドレス:192.168.1.0
2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.1.1
3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.1.254
4.DHCPサーバー 開始IPアドレス:192.168.1.10
5.DHCPサーバー 割り当て個数:50
6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.1.100
7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード:XXXXXXXX
8.SoftEther VPN Server ダイナミックDNSホスト名:vpnYYYYYYYYY.softether.net
9.仮想HUB名:Tanaka-Osaka
10.仮想HUB パスワード:自動設定
11.IPsec事前共有鍵:vpn-ios
12.仮想HUB ユーザー名:tanaka
13.仮想HUB ユーザーパスワード:XXXXXXXX

 

したがって、転記するとこのようになります。

A-14~A-18、B-19については今後設定しながら記入していきます。

家族間ネットワーク接続用設定シート

SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シート Ver.1.0

作成日:20XX/XX/XX
更新日:20XX/XX/XX
作成者:

ネットワーク(A):東京の自宅

機能:マスター(仮想レイヤ3スイッチ、カスケード接続用仮想HUB)

管理者: 田中(父)
連絡先:
メールアドレス:

A-1.ネットワークアドレス:192.168.2.0
A-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.2.1
A-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.2.254
A-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.2.100
A-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード: XXXXXXXX
A-8.SoftEther VPN Server ダイナミックDNSホスト名:vpnXXXXXXXXX.softether.net
A-9.仮想HUB名:Tanaka-Tokyo
A-14.カスケード接続 仮想HUB名:
A-15.カスケード接続 仮想HUB パスワード:
A-16.カスケード接続 仮想HUB ユーザー名:
A-17.カスケード接続 仮想HUB ユーザーパスワード:
A-18.仮想レイヤ3スイッチ名:

ネットワーク(B):大阪の赴任先

機能:接続先

管理者: 田中(父)
連絡先:
メールアドレス:

B-1.ネットワークアドレス:192.168.1.0
B-2.ブロードバンドルーター IPアドレス:192.168.1.1
B-3.仮想レイヤ3スイッチ IPアドレス:192.168.1.254
B-6.SoftEther VPN Server パソコンIPアドレス: 192.168.1.100
B-7.SoftEther VPN Server 管理者パスワード: XXXXXXXX
B-9.仮想HUB名:Tanaka-Osaka
B-19.カスケード接続 接続設定名:

 

まとめ

SoftEther VPN 家族間ネットワーク接続設定シートの準備ができましたので、次回から実際に設定を行っていきます。

 

SoftEther VPNによる家族間ネットワーク接続環境構築 連載記事:

  • コピーしました

コメントフォーム

御不明な点や御質問、御意見についてはコメントを頂けると幸いです。
メールアドレスは非公開となり、こちらからメールで御連絡を差し上げることはございません。
[*] が付いている項目は必須となりますので必ず入力を御願い致します。


コメントはサイト管理者が承認するまで表示されませんので御了承願います。
このサイトは日本国外からのコメントは受け付けておりません。
This site does not accept comments from outside Japan.



This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Windows 10 ナビゲーター
おすすめの記事
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント
アーカイブ
サイバーリンク PowerDVD 18 無料イラスト素材【イラストAC】
カテゴリー