Windows 10アップグレードアシスタントによるバージョン1607への更新

Pocket

Windows 10のバージョンアップの方法はWindows Updateによる方法、USBメモリーやDVDによる方法、オンラインでの方法の3種類があります。

オンラインによるWindows 10バージョン1607へのアップデートはやらない方が良さそうです。

Windows 10バージョン1607への3種類の更新方法

日本時間で2016年8月3日からWindows 10バージョン1607への更新が可能となりました。

私はUSBメモリーを使ってすぐにアップデートを行いましたが、Windows Updateで降ってくるのを待っている人は未だにアップデートできていない人もいるようです。

Windows Insider ProgramからのメールによるとMicrosoftがアピールしたい点は次の5点とのことです。

  • 新しい Windows Ink ペン認識ソフトウェア
  • 生産性がさらに向上した Cortana デジタル アシスタント
  • 速度、使いやすさ、エネルギー効率がアップした Microsoft Edge ブラウザー
  • 消費者向けおよび企業向けの高度なセキュリティ機能
  • 魅力的な新しい Xbox ゲーム環境

これらに魅力を感じるなら急いで更新した方がよいでしょう。

更新方法は3通りあります。

ここでは、オンラインでアップデートする方法について説明します。

オンラインアップデートにおける注意点

オンラインによるアップデートは、Windows 7/8.1からのアップグレードと同じ手順で行われます。内部処理も同じようです。

そのため、旧利用環境はWindows 7/8.1と想定したアップグレードとなっているため、一部の環境が初期化されます。初期化はUSBメモリーなどによるアップデートより広範囲になっています。

Windows 10バージョン1511からあまり環境を変えずにアップデートしたい場合はUSBメモリーなどによるアップデートをお勧めします。

オンラインアップデート手順

まず、Microsoftのサイトにアクセスし、「今すぐアップデート」をクリックします。

Windows10-update-to-v1607-130

「Windows10Upgrade9252.exe」というプログラムをダウンロードしようとするので、そのまま実行するか、ダウンロードしてから実行します。

このプログラムは「Windows 10アップグレードアシスタント」というプログラムをインストールして実行します。

この画面で「今すぐ更新」をクリックします。

左下の「今は更新しない」をクリックしてキャンセルすることは可能です。

Windows10-update-to-v1607-101

互換性の確認後、「次へ」をクリックします。

Windows10-update-to-v1607-103

更新プログラムのダウンロードと検証が始まります。左下の「更新をキャンセル」をクリックしてキャンセルは可能です。

右下の「最小化」でウィンドウを隠して別の作業を進めることは可能です。ただし、通知はありますが、通知に気付かないと、いきなり再起動されるので注意してください。

Windows10-update-to-v1607-105

Windows10-update-to-v1607-106

バックグラウンドで更新を開始しています。この段階になるとキャンセルはできません。

Windows10-update-to-v1607-107

バックグラウンドでの更新が完了するとこの画面になります。何もしないと30分後に自動で再起動されます。

今は再起動されると困る場合は、左下の「後で再起動する」をクリックしてください。

問題が無い場合は、「今すぐ再起動」をクリックして再起動してください。

Windows10-update-to-v1607-108

更新が始まりますので、終わるまで待ちます。

Windows10-update-to-v1607-109

Windows10-update-to-v1607-110

Windows10-update-to-v1607-111

Windows10-update-to-v1607-112

更新が終わるとユーザー名が表示されるので確認して「次へ」をクリックします。

Windows10-update-to-v1607-113

プライバシー設定の画面が表示されます。細かく設定したい場合は「カスタマイズ」をクリックして設定します。ここで設定しなくても「設定」アプリの「プライバシー」から設定可能です。

ここでは「簡単設定を使う」をクリックして進めます。

Windows10-update-to-v1607-114

CortanaはWindows 10バージョン1607から匿名で使えるようになりました。この設定も後で「設定」アプリから変更可能です。

ここでは「Cortanaを使う」をクリックして進めます。

Windows10-update-to-v1607-115

Windows 10バージョン1511からアップデートした場合でも再度Microsoftの推奨するアプリを使うよう要求されます。変えたい場合は左下の「既定のアプリを選択」をクリックして変更します。

ここではそのまま「次へ」をクリックして進めます。

Windows10-update-to-v1607-116

ロック画面が表示されますので、マウスをクリックしてサインイン画面を表示させます。

Windows10-update-to-v1607-117

ユーザー名に対応するパスワードを入力してサインインします。Windows HelloやPINを使っていた場合は、画面が違う場合があります。

Windows10-update-to-v1607-118

最終設定が完了するのを待ちます。

Windows10-update-to-v1607-119

Windows10-update-to-v1607-120

Windows10-update-to-v1607-121

Windows10-update-to-v1607-122

Windows10-update-to-v1607-123

Windows10-update-to-v1607-124

Windows10-update-to-v1607-125

デスクトップが表示され、この画面が表示されたら「終了」をクリックして終了させます。

Windows10-update-to-v1607-126

デスクトップに「Windows 10アップグレードアシスタント」というアイコンが登録されています。

Windows10-update-to-v1607-127

これはWindows 10を最新バージョンに更新するプログラムですが、次に必要となるのは来年です。不要なら「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」からアンインストールしてください。

Windows10-update-to-v1607-129

まとめ

オンラインによるWindows 10バージョン1607への更新は「Windows 10アップグレードアシスタント」というプログラムを用いたWindows 7/8.1のアップグレードとの兼用のためか、プライバシー設定や既定のアプリが初期化されてしまいます。

既存環境への影響を最小限としたい場合はUSBメモリーなどを用いたアップデートの方が良いでしょう。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*