Windows 10 回復パーティション 増殖 対策

Solomonレビュー[redémarrage]

Windows 10をクリーンインストールする前にひと工夫、回復パーティションの増殖を防ぐ方法(更新)

 

Pocket

Windows 10は使い込んでいると大型アップデートのたびに新しい回復パーティションが作成されてしまいます。

しかし、クリーンインストールする段階で対策をしておけば「回復パーティションの増殖」という問題を防ぐことができます。

概要

Windows 10は従来のWindowsと異なり最低でも1年に1回は強制的に大型アップデートが適用されます。

それまでの使用状況によっては回復パーティションというユーザーが利用できない領域が毎回追加で作成されてしまいます。

いわゆる「回復パーティションの増殖」という問題です。

増殖の原因は回復パーティションの容量不足です。

そのため、予め回復パーティションのサイズを大きくしておくことで新たに作成されることを防ぎます。

また、クリーンインストールする段階でMicrosoftが推奨するパーティション配置を予め作成しておき、そこにインストールするようにします。

この変更を行うことで、後に回復パーティションサイズが不足しても、サイズを増加させたり不要な回復パーティションの削除がやり易くなります。

 

注意

ここで説明する方法はクリーンインストールを前提としています。

すなわち、Windows 10をインストールするSSDやHDDを完全に消してインストールし直します

ユーザーのデータは削除されますし、アプリケーションソフトも再インストールが必要となります。

この制限により、難しいコマンドを打ち込まずにスクリプトで実行できるようにしています。

 

以下の要件に該当することを確認してから実施してください。

  • パソコンに接続されているSSDまたはHDDは1台である
  • 2台以上接続されている場合は作業中はWindows 10をインストールするSSDまたはHDD以外は取り外す
  • Windows 10をインストールするSSDまたはHDDは完全に消去して良いように予め必要なデータのバックアップは取ってある
  • Windows 10をインストールするSSDまたはHDDにデータパーティションは作成しない
  • 回復パーティションの増殖が気になり、できれば使えない領域は増やしたくない
  • 回復パーティションの今後の増殖を防ぐために予め回復パーティションを増やしておいても構わない

これらの要件に該当しない場合でもスクリプトを修正することで対応は可能ですが、やっていることを十分理解している必要があります。

1台のSSDまたはHDDにユーザーデータパーティションを作成する場合はこちらの記事も合わせて御覧願います。

 

Windows 10の推奨パーティション配置

SotfEtherVPNによるVPNサーバーを置き換えるためにLIVA-C0-2G-32G-W10を購入しました。

処分する時のために回復ドライブを作成してリストアしてみたのですが、パーティションサイズが変わってしまいました。

回復パーティションがSSDまたはHDDの最後にある場合はサイズを修正できることは分かったのですが、先頭にある場合はどうなのか試してみたところ少々問題があることが分かりました。

Windows 10に於けるパーティション配置についてはMicrosoftのサイトで説明されています。

ここにはこのような配置が推奨されると説明されています。

システム 予約 Windows 回復

 

この配置はインストールをカスタマイズしているメーカー製パソコンなどではデフォルトとなるようです。Microsoft Surface Laptop もこの配置になっています。

ところがWindows 10をクリーンインストールするとこのような配置でインストールされてしまいます。

回復 システム 予約 Windows

 

「システム」とはパソコンを起動するために必要なパーティションです。

「予約」とはパーティションを管理するためにMicrosoftが使用するとのことで詳細は不明です。MSRパーティションとも呼ばれています。

「Windows」とはWindows 10がインストールされるCドライブとなるパーティションです。

「回復」とはWindows 10を回復するためのツールを格納するためのパーティションです。Windows 10では回復イメージの格納には使われません。

「システム」、「予約」、「Windows」はWindowsが機能するために必須で順番も変更できません。

クリーンインストールした場合に「回復」パーティションがMicrosoftが推奨する配置ではなく先頭に配置される理由は不明です。

しかし、この配置の場合、「回復」パーティションのサイズを変更するには「予約」パーティションは移動できないため、

  • 「Windows」パーティションを縮小して後ろに移動させる
  • 「予約」パーティションのコピーを「Windows」パーティションの前に作成してから元の「予約」パーティションを削除する
  • 「システム」パーティションを「予約」パーティションの前まで移動させる
  • 「回復」パーティションを拡張する

という手順で行う必要があります。

したがって、予めMicrosoftが推奨するパーティション構成にパーティションを作成してからクリーンインストールした方が、後々面倒なことになる危険性を排除することができます。

 

作成するパーティションの仕様

パーティションの配置はMicrosoftが推奨する配置とします。

 

システム 予約 Windows 回復

 

各パーティションのサイズは以下とします。

  • システム:100MB(既定)
  • 予約:16MB(既定)
  • Windows:残りすべて-回復
  • 回復:1GB(既定は450MB)

「回復」パーティションはWindows 10では450MBが既定ですが、このサイズでは不足する場合があるため1GBとしています。

1GBというサイズの根拠はLIVA-C0-2G-32G-W10で採用されているサイズであることと、私の使っている重装備のパソコンで作成された「回復」パーティションのサイズが834MBのため1GBあれば足りると思われるためです。

Surface Laptop では950MBでした。

もうひとつ注意点があります。4KBセクターの問題です。今ではもうほとんど残っていないと思っていたのですが、Surface Laptop のSSDは4KBセクターでした。

4KBセクターの場合は「システム」を100MBではなく260MBとする必要があります

見分け方は「ディスクの管理」を起動して「EFI システム」とあるパーティションのサイズが260MBならシステムのサイズを100から260に書き換えてから実行してください。

 

クリーンインストール手順

以下の手順で進めますが、バックアップは必ず取ってください。

また、パーティションの作成に問題が発生した場合は他のパソコンでスクリプトを修正するか、クリーンインストールしようとしているパソコンに仮にWindows 10をインストールしてスクリプトを修正するなどを行わなければなりません。

パーティションを消してしまったら、そのパソコンはWindows 10をインストールするまで使えませんので十分注意してください。

 

バックアップ

必要なユーザーデータやアプリケーションの設定ファイルなど消えては困るものは必ずバックアップしてください。

 

メディア作成

Microsoftのサイトからメディア作成ツールをダウンロードしてWindows 10のインストール用USBメモリーを作成します。

ファイルを追加しますのでISOファイルではなくUSBメモリーを作成します。

パッケージ版のWindows 10を使う場合は8GB以上のUSBメモリーにコピーして、コピーしたUSBメモリーを使用します。

メディア作成ツールで作成できるUSBメモリーとパッケージ版のUSBメモリーは内容が違いますので、必ずインストールするライセンスに合ったものを使用してください。

 

スクリプトファイルをコピー

まず、こちらのファイルをダウンロードしてください。

 

このファイルには3つの目的別ファイルが含まれています。

 

「事前パーティション作成」フォルダー

ここで使うのはこのフォルダーのファイルです。

「CreatePartitions-UEFI.txt」、「Make-Partition.bat」をUSBメモリーの直下にコピーします。

その他のフォルダーについては以下を参照してください。

 

「Windowsフォトビューアー」フォルダー

Windows 10でもWindowsフォトビューアーを使えるようにするためのレジストリー登録ファイルです。

詳しくは下記の記事を参照願います。

「エディション選択」フォルダー

Windows 10 Home/Windows 8.1/Windows 8/Windows 8.1 with BingなどHomeエディションがプリインストールされたパソコンにWindows 10 Proをインストールするためのファイルです。

ProエディションからHomeエディションに変更する場合にも利用できます。

詳しくは下記の記事を参照願います。

 

「CreatePartitions-UEFI.txt」の確認

基本的には変更しなければ仕様どおりの動作となります。

ただし、例えば「回復パーティションは450MBのままで配置だけ変えたい」などという場合は書き換える必要があります。


rem =====================================================
rem =    ファイル名:CreatePartitions-UEFI.txt        =
rem =                            =
rem =    2017/08/19    初版                =
rem =====================================================
rem =    このスクリプトは DISKPARTコマンドを使って    =
rem =    4つのパーティションを作成します。        =
rem =    UEFI対応のパソコン専用です。            =
rem =                            =
rem =    1番目のドライブすべてを消してパーティションを    =
rem =    切り直しますので使用には注意してください。    =
rem =                            =
rem =    ドライブすべてを使ってパーティションを        =
rem =    割り当てるので、必要な場合は各パーティションの    =
rem =    サイズを調整してください。            =
rem =====================================================
select disk 0
clean
convert gpt
rem =====================================================
rem =    1.システムパーティション            =
rem =====================================================
rem =    注意:    4KBセクターのドライブの場合は        =
rem =        size=260 に変更してください。        =
rem =====================================================
create partition efi size=100
format quick fs=fat32 label="System"
assign letter="S"
rem =====================================================
rem =    2.マイクロソフト予約パーティション (MSR)    =
rem =====================================================
create partition msr size=16
rem =====================================================
rem =    3.Windowsパーティション                =
rem =====================================================
rem =    3-1.Windowsパーティションの作成            =
rem =====================================================
create partition primary
rem =====================================================
rem =    3-2.回復パーティション用のスペースを作成    =
rem =====================================================
rem =    注意:    回復パーティションのサイズは        =
rem =        MB単位で指定します。            =
rem =        既定は450MBですが1GBとしています。    =
rem =        1GB以上を指定する場合は            =
rem =        1GB=1024MBとしてサイズを計算します。    =
rem =====================================================
shrink minimum=1024
format quick fs=ntfs label="Windows"
assign letter="W"
rem =====================================================
rem =    4.回復パーティション                =
rem =====================================================
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Windows RE tools"
assign letter="R"
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001
rem =====================================================
rem =    作成されたパーティションを表示            =
rem =====================================================
list partition
exit

 

「disk 0」で最初のSSDまたはHDDを指定しています。複数のSSDまたはHDDを接続していてUEFIが認識した順番が狂うと意図しないSSDまたはHDDが消去されてしまいます。

そのため操作対象のSSDまたはHDDは以外は外しておく必要があります。

現在のSSD/HDDは4Kバイトセクターでも512バイトセクターをエミュレートしますので問題無いはずですが、一部のHDDまたはPCIe接続のSSDを使用する場合は「システム」のサイズを「size=100」ではなく「size=260」に変更する必要がある場合があります。

一度実行してエラーが出たら変更すればよいでしょう。

「minimum=1024」で回復パーティションを1GBに指定しています。サイズを変更する場合はこの数値を変更します。

 

パーティション作成

これ以降は戻れませんので注意して実行してください。

作成したUSBメモリーから起動します。

言語とキーボード配置を確認して「次へ」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-01

パーティションを作成しますので左下の「コンピューターを修復する」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-02

「トラブルシューティング」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-03

「コマンドプロンプト」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-04

「コマンドプロンプト」が起動します。

Windows10-Prepare-Partition-05

USBメモリーのドライブ名を確認するために「dir c:」、「dir d:」と順番に実行して先ほどコピーした「CreatePartitions-UEFI.txt」と「Make-Partition.bat」があるドライブを探します。

ここでは「dir e:」で見つかりましたので「Eドライブ」ということになります。

Windows10-Prepare-Partition-06

見つかったドライブにカレントドライブを変更します。ここでは「Eドライブ」ですので「e:」と入力します。

[m]と入力して[Tab]を押すと補完されて「Make-Partition.bat」が表示されますので[Enter]を押してスクリプトを実行します。

順次パーティションが作成されますが、たた見ているだけではなく、この画面と見比べてエラーが発生していないことを確認してください。

Windows10-Prepare-Partition-08

最後に作成されたパーティションの一覧が表示されますので回復パーティションの位置とサイズを確認します。

コマンドプロンプトを終了させるために「exit」を実行します。

Windows10-Prepare-Partition-10

この画面となりますので「PCの電源を切る」をクリックしてパソコンの電源を切ります。

Windows10-Prepare-Partition-11

 

Windows 10をクリーンインストール

再度、USBメモリーから起動します。

言語とキーボード配置を確認して「次へ」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-21

今度はWindows 10をインストールしますので「今すぐインストール」をクリックします。

Windows10-Prepare-Partition-22

あとは、通常通りクリーンインストールを進めますが、既存パーティションの削除は行いません。

今回は予めパーティションを作成していますので、自動で選択された「ドライブ 0 パーティション 3 Windows」を選択したまま「次へ」をクリックしてインストールを進めます。

自動で選択されるのは一番サイズの大きなパーティションなので複数のドライブを搭載している場合は別のドライブが選択される場合がありますので注意してください。

Windows10-Prepare-Partition-29

あとはクリーンインストールを最後まで進めます。

 

回復パーティションの位置とサイズを確認

Windows 10のクリーンインストールが完了したら「ディスクの管理」を起動するとこのようにMicrosoftが推奨するパーティション配置でインストールされていることが確認できます。

なお「予約」パーティションは「ディスクの管理」では表示されません。

Windows10-Prepare-Partition-61

 

まとめ

Windows 10では半年に1回の大型アップデートがあり、アップデートを延期させても1年に1回は強制的にアップデートさせられます。

できるなら毎回クリーンインストールする方が安定するのですが、時間が取れない場合はアップデートで済ましてしまう人が多いでしょう。

アップデートを繰り返していると回復パーティションがいくつも作られて使えない領域が増えていきます。特に32GB程度のSSDしか持たないタブレットなどでは深刻です。

ここで説明した方法で一度クリーンインストールすることで以降のアップデートで使えない領域が増えることを抑えることができます。

なお、テストはしていますが動作がおかしい点や改善点などがありましたらコメントを頂ければ幸いです。

 

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ