Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Windowsにおけるスタート画面の失墜とMicrosoft Mouse

 

Pocket

Windows 8で採用されたスタート画面ですが不評だったようで、Windows 10ではWindows 7のスタートメニューとWindows 8のスタート画面を合わせたようなスタートメニューになったのはご存知の通りです。

この影響が大きいことが意外なところに表れていました。

Microsoft Mouse

マイクロソフトは、自社でハード製品としてマウスやキーボードも販売しています。

その中でもマウスは、その時のWindowsに合わせてボタンが追加されてきました。

インターネットに本格対応してInternet Explorerを普及させはじめた頃に発売されたマウスには「戻る」ボタンが追加されました。

そしてWindows 8では、すぐにスタート画面を表示できるように「Windows」ボタンが追加されました。

Microsoft_Mouse_Windows8

Microsoft マウス キーボード センター

これらのボタンを機能させるためにはドライバーが必要で、マイクロソフトのマウスやキーボードが接続されていいると自動的にインストールされます。

このドライバーは「Microsoft マウス キーボード センター」というソフトで、マイクロソフトの殆どのマウスとキーボードの設定を行えます。

これは、ひとつ前のバージョンであるVer.2.3.188のSculpt Comfort Mouseの設定画面です。

「Windows」ボタンをカスタマイズする設定がありません。何としてもスタート画面を使わせようとしているように思えます。

Start_Menu_03

そしてこれが現状のVer.2.5.166の画面です。

「Windows」ボタンの設定が追加されています。もうユーザーをスタート画面に縛り付ける必要がなくなったためなのでしょう。

Start_Menu_01

そして「Windows」ボタンの設定を見てみると次のお勧めアプリである「Cortana」の起動に割り当てられるようになっています。

Start_Menu_02

まとめ

Windowsの移り変わりに合わせてマウスも変わります。今後はCortanaボタンが付くのかもしれません。

なお、現状ではWindows 10で自動的にインストールされるのはVer.2.3.188ですが、Microsoft マウスキーボードセンターはバグがあり、Ver.2.5.166でも直っていません。

私のところのSculpt Comfort Mouseは、時々マウスカーソルが止まって使えなくなります。

その場合、キーボードでMicrosoft マウスキーボードセンターを起動するとマウスカーソルが動くようになります。

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ