Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

Microsoft EdgeがDLNAでの表示に対応、Windows 10 Insider Preview Build 10576

 

Pocket

Windows 10 Insider Preview Build 10576がリリースされました。今回の変更はMicrosoft EdgeでのDLNA対応です。

Windows 10 Insider Preview Build 10576

ニュースサイトの記事は以下となります。

今回の変更はMicrosoft Edgeに表示されているものをDLNA対応機器に表示させることができるようになったことです。

Microsoft EdgeがDLNAに対応する意味

今までInternet Explorerなどは大画面に表示する場合、PCから直接HDMIケーブルで接続するか、Miracast機器に接続してワイヤレスディスプレイとして表示するか、どちらかの方法しかありませんでした。それもIEだけではなくPCの画面全体を表示することしかできませんでした。

一方、表示側は進歩しており、最近のテレビはDLNAとMiracastの両方に対応しているものがあります。それでもDLNAだけに対応している機器の方が圧倒的に多いです。

クラウド化が進み、いろいろなアプリケーションがブラウザ上で動くようになりました。今回の変更でMicrosoft EdgeからDLNA機器に表示できるようになると、データを持たずにクラウド上のデータをMicrosoft Edgeで表示してプレゼンが行えるようになります。

また、Microsoft EdgeがDLNAに対応することによりネット配信を5.1chドルビーサラウンドで聴くことができます。

操作方法

Microsoft Edgeを起動し、右上の「…」をクリックして「他のデバイスに音声、動画、画像を送る」をクリックします。

Windows10-build10576-03a

ネットワーク上にDLNAに対応した機器を見つけると候補として表示されるので、クリックして選択すると配信されます。

ただし、ビデオカードやドライバーが対応していないと配信できないようで、仮想マシンでは表示できませんでした。

Windows10-build10576-04a

TH2がリリースされ使えるようになったので試してみましたが、Edgeに表示されているものすべてが表示されるのではなく、ページを構成する要素の1つだけが表示されます。

PC Watchのページを表示させてみたところ広告だけがTVに表示されました。表示される要素は選択できません。

この機能を使うように構成されたページでないと意味が無いようです。

(2015/11/16追記)

まとめ

「艦これ」のプレイページでは、実際のプレイ画面(Flash)ではなく、その外の「作戦要綱」のボタンだけが表示されました。一般には殆ど無意味な機能でした。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ