Windows 10

Solomonレビュー[redémarrage]

「診断データと使用状況データ」の送信を強制するWindows 10

 

Pocket

「設定」アプリで急に「一部の設定は組織によって管理されています」と表示されて、いくつかの設定を変更できなくなりました。

「診断データと使用状況データ」の送信設定が原因と分かりましたが、送らないなら利用を制限するというWindows 10の仕様に不安を感じます。

「一部の設定は組織によって管理されています」という表示

最近になって、急にこの表示が出るようになりました。一部の設定が変更できなくなっています。

Windows10-diagnostic-data-01a

Windows10-diagnostic-data-02a

「組織」ということなのでグループポリシーに関係するものかと考えたのですが、関係がありそうな設定をしたことはありません。調べてみると、こちらのような記事がありました。

原因はプライバシー設定によるものとのことです。Windows 10のプライバシー設定についての記事を書いたときに設定を変更していました。

診断データと使用状況データ

「設定」アプリの「プライバシー」に「診断データと使用状況データ」という項目があります。デフォルトでは「完全(推奨)」となっています。

この項目についての詳しい説明はWindows 10 FAQにあります。

Windows10-diagnostic-data-03a

「オフ」という選択肢は無く、「基本」「拡張」「完全(推奨)」の3つから選びます。

できるだけMicrosoftに送信するデータを少なくするために「基本」を選択すると「一部の設定は組織によって管理されています」と表示され、いくつかの設定を変更できなくなります。

したがって「診断データと使用状況データ」は「拡張」か「完全(推奨)」に設定する必要があります。

制限がかかっても問題が無い場合のみ「基本」に設定してください。

Windows10-diagnostic-data-04a

まとめ

まさか、詳細なデータを提供しないとWindows 10が機能制限をかけて来るとは思いませんでした。

やはり、Windows 10はいろいろな意味で実験プロダクトであると実感しました。このまま使い続けることに不安を感じます。

関連記事:

Amazonで見る
Pocket

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: 
おすすめの記事
購読

RSS Feed RSS - 投稿

Twitter
サイト内検索
人気の投稿
最近のコメント


Intel NUC Kit Pentium N3700搭載(BOXNUC5PPYH)

[レビューはこちら]
カテゴリー
アーカイブ